2007/05/01

Lee穿き込み②

何せ休日しか穿く機会がないので、2ヶ月で16日というスローペースです。洗濯するほど汚れている訳ではなかったのですが、取りあえず4月21日にいったん洗濯しました。 写真は洗濯(2回目)をする前の状態です。

Imgp10232_2 

太ももの下がりヒゲ、膝の裏、フロントジッパー周りにアタリがついていましたが、洗濯後はツルンと元通りになってしまいました。その後、雷雨に見舞われた柏-名古屋戦にも穿いていきました。スニーカーの白い紐がうっすらと青く染まっていて、裾は少しだけ色落ちが進んだ感じです。

Imgp10262_3

【2007/04/21/洗濯1回/穿いた日数16日】

Lee穿き込み 2007/02/27

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/02/27

Lee穿き込み

ジーンズを1本おろしました。奥田民生×Leeのコラボジーンズ。ベースとなるモデルはLee101。サイズは32×30。少し長いので、一回洗って陰干ししたのを、渋谷のデニムワークスに持って行き、裾あげしてもらいました。Imgp09832 一度やってみたかった色落ちレポートしようと、この前の日曜日から穿きこみ開始。とはいっても、土日しか穿く時がないので、かなりまったりとした進行になりそうです。月いちくらいで成長具合を記録していこうと思っています。写真は裾あげから戻ってきたところです。

Imgp09842

【洗い1回穿いた日数0日】

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007/02/01

古着屋にて

先日近所の古着屋に、長年愛用してきたpatagoniaのパフジャケットを売ってしまいました。2000年か2001年頃のモデルで、色はオリーブグリーン(カーキ?)今思うと、この色はレアだったかも・・・。定価は覚えていないけど、\20,000~30,000だったと思う。けっこう着たけどコンディションもいい(と店長も言ってくれました)。ただ、いかんせんサイズが大きい。買った頃は、ゆったり目の着こなしでもあまり気にならなかったんだけど、最近はジャストで着たい年頃なので(生意気?)、出番が減ってしまっていたのです。その他に、カナダ製のカウチンセーターと、よくわからないカーキ色のジャンパー(いちおうmade in USA、いちおうTALONジッパー)と合わせて3点で、こちらの希望額\20,000でどうでしょう?というところから交渉スタート。ここの古着屋はpatagoniaが好きで、パフJKTにはめちゃめちゃ食いつきがいいものの、カウチンとジャンパーの評価がいかんせん厳しい。店長によると、カウチンセーターってのは置いといてもあまり出ない(売れない)そうです。それぞれ、良くて\2,500くらいしかつけられないみたい。そうすると、パフJKTは\15,000にしないとこちらの希望に届かないとのこと。店長なりにいくらで売るかを考えると、\15,000というのはかなりギリギリのラインな様子。突っぱねても良かったんだけど、せっかくわざわざ持ってきたことだし(決してお金に困っているわけではないのですが・・・)、自分の中ではパフJKTが\14,000、カウチンセーターとカーキのジャンパーが\2,000づつということで納得して、トータル\18,000で手を打つことにしました。後でこの古着屋のHPで確認してみると、このpatagoniaには\29,400の値段が付けられていました。かなり強気な価格設定のような気もするけど売れるかなー、なんだか気になります。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/09/06

夏のひとコマ

プロフィールの写真を変えてみた。というか姿をさらしてみた。とある夏の日、買い物途中にかみさんに撮ってもらったバックショット。帽子はむりやりかぶらされたけど、夏休みに田舎に遊びに来た少年っぽい感じで、いい味出てると勝手に思っている(少年というにはかなり無理があるか・・・)。素性を隠す効果もあり、なかなかいいコーディネーションだ。

穿いているのは、その昔上野アメ横で買った”LEVI'S501e66前期”の変わり果てた姿。あの頃は、ヴィンテージのことなんか何もわかっていなくて、レングスがちょい短かったのを、なんのためらいもなくカットオフしてしまうという暴挙に出てしまったのだ。今考えると、もったいないことをしたものだ。サイズが合わないなら、ショップに持って行って売るとか、今だったら保管しておいて、オークションに出すとかいう手もあった(当時はそんなことが出来るような時代が来るなんて思いもよらなかったが)。そうすれば、そこそこのお小遣いになった代物なんだけど・・・。とはいえ、カットした後、裾をきちんとシングルステッチで縫ってもらったこだわりの一品。カットオフした66なんてなかなかないだろうし、なんだかんだ言いながらも、夏が来るたびに穿いている。けっこう気に入っているのだ。

| | コメント (4)

2006/06/02

これは買いでしょ

以前から探していた「PRAISTA」というブランドのTシャツを、通勤途中にあるジーンズメイトで発見。やっぱりかっこいい。デザインが3種類、カラーも3種類くらいあったかな。あれこれ物色していたら、となりにもっとステキなのを発見。白地に薄いブルーのライン。胸には「南葛」というロゴ!Img10494090262 その名も「キャプテン翼ユニフォームTシャツ」。ちゃんと背番号も付いている。10番(大空翼仕様)と11番(岬太郎仕様)。他にも「明和」モデルと、「東邦学園」モデルがあるらしい。(どちらも背番号は10番の日向小次郎仕様)速攻で買いたくなったのだが、翼と岬どっちにしようか、両方GETしてしまおうか、「PRAISTA」はどうしようか、冷静に考えるためにこの日はそのまま帰ることにした。ここで突っ走らないなんてだいぶオトナになってしまった証拠だな。家に帰ってからかみさんに相談したら、「胸のロゴが漢字なのはちょっと微妙」だと言われた。わかってないねー。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006/04/24

久しぶりに新宿へ

昨日は久しぶりに新宿をぶらぶらしてきた。お昼ごろに到着して、まずランチしようと向かったのがルミネ1の7Fにある「柿安 三尺三寸箸」というお店。ここは、1年くらい前に何度か食べたことがあるんだけど、素材にこだわった色々な料理がブッフェスタイルで好きなだけ食べられる。味も良くてとても人気がある。開店後なるべく早めに行かないとスムーズに入れなかった憶えがある。この日は時間がちょうど昼飯時になってしまった。あいかわらずの人気ぶりで、すでに30組以上の行列が出来ていた。あきらめて、B2にあるお茶漬け屋さんで軽く済ませた。ここのお茶漬けもなかなか美味しかった。 その後、ルミネの中をひたすらかみさんのお供をしてまわった。あっちの店入ったと思ったら、こっちの店にすーっと吸い込まれて行く。時折つまらなそうにしているのがバレてしまうのか、こっちを気にするんだけど、ぎこちない笑みを浮かべながらも好きなようにさせてやりました。自分も後で買ってもらいたいモノがあったので・・・。それから「GALLERY・2」にフットサル用品を見に行ったり、雑誌で見かけたImg10494010710 Tシャツを探しに「ジーンズメイト」に行ったり(これが本命だったのだが残念ながら売り切れ!)、MY CITYをぶらついたりして、またルミネのほうに戻ってきた。そこで軽く休憩してからルミネ2のほうにも久々に行ってみた。お店がだいぶリニューアルされていて、おしゃれな感じの店が増えていた。over30の身にとってはちょっと落ち着かない感じ。K1050r05123_shop_1そんな中「LAUNDRY」というTシャツ屋 を見つけた。入りやすそうな店構えだったのでふらっと入ってみた。そこで目についたのがATHLETAとLAUNDRYのコラボスウェットジャージ。試着させてもらったら、店員に「まるで着てきたみたいですよ~」とほめられ(のせられ)つい衝動買いしてしまった。かみさんも「なかなか来れないから~」とか言って「TOMORROWLAND」でイロイロ買ってたな。夜ごはんも、今、わが家ではイチオシのくら寿司で外食と、すっかり豪遊の一日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/10

ジーンズコレクションその1

#1 「LEVIS501XX革パッチ」

002

3年ほど前にオークションで入手したもの。1950年~52年くらいのモノだと思われる。かなりひどいコンディションだった(①両膝が破れていた、②右側のバックヨークと後ろ身頃が縫い目のところから破れてしまっていた)ため、安価で手に入れることができた。リペアは渋谷のDENIM WORKSに依頼。最初にバックヨークと後ろ身頃を縫い合わせてもらって、次に左膝、最後に右膝を直してもらった(写真は右膝を直す前のもの)。それぞれ修理期間が2ヶ月くらい。膝の部分は、なかなかいい布が見つからなかったらしくかなり時間がかかったけど、満足のいく仕上がり。いい仕事してくれます。最近股の下の穴が広がってきたのでそろそろ修理しようかな・・・。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/05

スカジャンデビュー

先日、買ってしまった。スカジャンは、ジーンズとの相性も良さそうなので以前から欲しかったんだけど、派手な刺繍が派手じゃない顔の自分とは相性が悪いだろうと思っていて、一度も着たことがなかった。Imgp0524_5 先日、GLOBAL WORKという店でバーゲンをやっていたので覗いてみたら、こんなスカジャンを発見。 リバーシブルになっていて、表は虎、「福の文字、ベトナムの地図の刺繍。裏側は刺繍がないシンプルなタイプ。裏側にして試着してみたら思ってた以上に様になっていて、セールで安くなっていたこともあり買うことにした。Imgp0521_2 Imgp0523_1 ただ、表の刺繍も渋くてかっこいいんだけど、 「福」の文字はどうなのって感じなので、裏側をメインにして着ることにしようと思ったていた。そんなこんなで3?歳にしてスカジャンデビューを果たしたわけなのだが、その後いろいろ調べてみたら、スカジャンというのは、本来はアメリカ軍兵士が帰還する際にお土産=スーベニアとして持ち帰った服のことで、「スーベニアジャケット」と総称されているんだそうだ。滞在した国の象徴的なデザインを各自で刺繍で入れた衣類のことをいうんだって。そして、スーベニアジャケットのなかにはベトナムジャケット、通称ベトジャンというのがあって、前に虎と「福」後ろにベトナムの地図という3点セットの刺繍がされているのは、ベトジャンの代表的パターンであることが判明。今回買ったのはベトジャンの王道なのだから、表面も堂々とアピールすることにしよう。しかし、ベトナムの象徴的なデザインがなぜ「福」なんだろ??

| | コメント (0) | トラックバック (0)