2006/10/16

豚しゃぶ

土曜日はフットサルの練習があったんだけど、半年前に小笠原へ転勤になってしまったメンバーのCさんが、出張で東京(小笠原も東京なんだけどね、ちなみにクルマは品川ナンバー)に戻ってきていて、久しぶりに顔を合わせることが出来た。もともとうるさいくらいに元気な人なんだけど、相変わらずの存在感だった。そして練習終わりに飲み会をやった。Cさんを含む11名で、両国にある、メンバーのSさん御用達の豚料理の店「むさしや」へ。小笠原での話やサッカーの話、数少ない女性メンバーの恋愛話などで盛り上がりつつ、とんかつ盛り合わせ、豚しゃぶなどを腹いっぱいに食べた。中にしそやチーズがはさまったロースかつはめちゃめちゃ美味しかった。それと豚しゃぶが最高だった。5人前くらいの肉を、なべに合計3皿放り込んだけど、アクがほとんど出てこない。肉はとろけるような柔らかさ。飲むとあまり食べたくなくなるけど、これはいくらでも食べられそうだった。その後は久しぶりにカラオケなんかやったりして、楽しい時間を過ごした。Cさんはあと2年は小笠原勤務だそうだけど、たまに帰ってきたときは、またこうした時間を作りたいし、彼がいる間に小笠原へも行ってみたい。しかし、1週間に1便しか出ない船に乗って24時間かかるとは・・・。とても東京都とは思えん。

| | コメント (3)

2006/09/26

インド人もしっとり

カルディという輸入食品とコーヒーを取り扱っているお店によく行く。色々な珍しい食べ物があって見ていて楽しい。得意の(?)ナシゴレンの材料もここで購入した。また、いつでもコーヒーやワインの試飲、チーズなどの試食をやっているので、近くへ行ったときは、ついつい足を運んでしまう。そのカルディで即買いの一品を発見した。Imgp0749 それがこの「しっとりカリーせんべい」だ。最近セブンイレブンで見つけたソースぬれ煎を食べて以来、僕の中ではぬれ煎が密かにブームになっているところに、カレーを絡めてきたところがニクい。気がつくと、2袋ほど手に取りレジに並んでいた。食感はセブンのぬれ煎と同じだけど、味が・・・。予想通りと言っちゃあ、予想通りなんだけど、カレー好きにはたまらない美味しさだ。いっぺんに2袋とも食えと言われれば、食べられるだろう、多分。今年、長いこと首位の座を守ってきた「ふんわり名人 きなこ餅」(ありがたいことに、最近スーパーで手軽に購入出来るようになった)を蹴落とし、「しっとりカリーせんべい」が見事首位に立った瞬間だった。

パッケージ上部に刻まれた「インド人もしっとり」というキャッチフレーズも、上手いんだか上手くないんだかわからないけど、いい味出てる。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/03/22

ナシゴレン

今日はナシゴレンを作った。今週末、うちのかみさんが通っているインテリアの学校の卒業課題の発表会があるんだけど、最近その課題の追い込み中でかなりテンパっている。そこで、サポートのため夜ごはんを作ることになった。メニューはナシゴレン。マレー語でナシ=ご飯、ゴレン=炒めるという意味で、簡単にいうとマレーシアの炒飯のこと。何度か作ったことがあるんだけど、評判いいんです。「お店で食べるのよりおいしい」って。

材料は、ご飯、卵、ミックスベジタブル、サンバルペースト、ナムプラー、こしょう、味の素。サンバルペーストとは、マレーシア料理には欠かせない調味料のことで、唐辛子とカピ(エビを発酵させたもの)をペースト状にしたもの。この味がナシゴレンの味になる。ウチの場合、チリペーストと干しエビをすりつぶしたものとカピペーストを混ぜて炒めたものをサンバルとして使っている。

作り方は、まず目玉焼きを作り、次に卵とミックスベジタブルとご飯を炒めて、サンバルペーストとナンプラーを絡めて、味の素、こしょうで味を整える。皿に盛り付けたあと、目玉焼きをのっけて完成。なんだ、文字にすると簡単だな。サンバルペーストを作るのが少し面倒なんだけど(あとにおいがちょっとくさい)、それさえ出来てしまえばあとは炒飯作るだけですから。味は基本的にに辛いんだけど、ミックスベジタブルの甘みが微妙に効いてておいしいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/02/28

切腹最中(もなか)

うちの会社のサッカー部のエース君。彼の親戚がやっている和菓子屋「新正堂」のヒット商品。この間、お土産に持ってきてくれたんだけどこれがうまい!1911258370_1 雑誌やガイドブックなどにも載っていて、けっこう知られているらしいが、この時初めて知りました。切腹をイメージして、真っ二つに割れたもなかから求肥入りの餡がはみ出している。店が、忠臣蔵で知られる赤穂藩主・浅野内匠頭が切腹した田村屋敷跡の一角にあることから、この商品を思いついたそうだ。お詫びのしるしとして持って行ったら喜ばれたという話から、サラリーマンの間ではクレームの時の必需品だとか。(これで許してくれるという保障は何もないのだが・・・)そのほかにも「景気上昇最中(さいちゅう)」とか「e-monaka.com」(いいもなかどっどこむ)とかユニークな商品がいろいろある。シンプルだが、代々伝わる豆大福も、とてもおいしかった。一個からでも買えるようなので、近くに行ったらまた食べてみよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/02/13

絶品ハヤシライス

昨日は久しぶりに都内をフラフラとしていたんだけど、昼ごはんに食べたハヤシライスがめちゃめちゃうまかった。それは、JR目白駅からすぐ近くにあるレストラン ミュール」のハヤシライス。うちのかみさんが一度食べたことがあって、前から、「すごくおいしいから行こう」と言われていた。見た目は、よくあるハヤシライスよりもこげ茶色。玉ねぎと小さめの牛肉がごろごろ入っている。食べてみると、玉ねぎがたっぷり溶け込んでいるらしく甘い。嫌な甘さではなくてさっぱりしている。ハヤシライスって独特な酸味があると思うんだけど、それがあまり強くないっていうか、うまく説明できないけど今まで食べたことのない味。ネットで調べてみると、この店はオムライスもオススメらしい。かみさんも今回はオムライスを頼んでた。ちょっともらったけど、まぁ、普通においしいといった感じ。ハヤシライスのうまさのほうがインパクトが大きい。本気でおかわりしようと思いましたから。店の雰囲気も、静かで落ち着いた感じがしてなかなか良い。近所の家族連れらしきお客さんが多かったのが印象的。本当においしかったですよー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/02/03

2005年のスナック菓子MVPだそうです

最近食べたなかに、かるく衝撃を受けたお菓子がある。それは、越後製菓「ふんわり名人 きなこ餅」。きなこがたっぷりとまぶしてある、一口サイズのおかきのような外観だが、食べてみるとびっくり。口の中でとけてしまうのである。本当にかむ必要がないくらいふわーっととけていく。味は、おかきの香ばしさときなこが絶妙にあわさっていて、きなこの好きな人には大満足でしょう。そうでない人も、この食感には本当にびっくりするので、見つけたらぜひ食べてみて!

| | コメント (0) | トラックバック (0)