« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011/07/20

地デジ化

なでしこが世界一になった日、わが家では地デジ化が完了しました。

地デジ化前 ↓

Cimg0439

地デジ化後 ↓

Cimg0449

IKEAで買ったテレビ台の組み立てには想像以上のハードワークが要求されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/17

大人買いで

andymoriのアルバム3枚揃った~

Cimg0435

どれも良いです。

最近はyoutubeとかでandymoriの動画漁るが日課になってる。

そんな中で一番気に入っているのがこれ。

2:52くらいからの「シンガー」が今一番好きな歌。

andymoriのどこが好きかといえば、小山田壮平の声と曲と歌詞なんだということを再確認してしまう曲。

あと、どうでもいい情報だけど、2010年11月までメンバーだったドラムの後藤大樹は増川に似てる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/15

なでしこファイナルへ

女子のサッカーを見るために朝3時過ぎに起きることになるとは思わなかった。

バルサみたいだと形容されていたなでしこジャパンのサッカー。いくらか盛られてるんだろうと思ってたけど、ほんとうにバルサみたいだった。GKはパントキック蹴らないし。チャンピオンズリーグ決勝のバルサvsマンUみたいだった。

やっぱり2点差あると落ち着いて見てられる。終了間際の時間稼ぎもグランパスと違って巧みだった

決勝の相手は、まるでワシントン(元浦和)のような反則級のFWワンバックを擁するアメリカ。日本は、キャプテンを筆頭に少し達成感に包まれてしまっているような気がするところが気になる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/11

2011 J1リーグ第3節 神戸×名古屋

神戸 0 - 1 名古屋

・直志ナイスゴール。自陣で相手ボールを奪うとドリブル一気に駆け上がっていき、一息入れてからおもむろに右足を振りぬきました。今シーズンはシュート意識が向上し、毎試合必ずミドルを狙っているのが印象的でしたが、その積極的な姿勢が身を結びました。川崎の稲本や清水の小野のミドルなど、今節は凄いゴールが多かったのですが、それらを抑えてアフターゲームショーの「今節のベストゴール」に選ばれました。

・磯村いいですねぇ。ワンタッチでさりげなくグラウンダーのタテパスを入れるセンスがいい。彼が触るとパスがいい感じでつながっていきます。後半あれだけ早いタイミングで代えられる理由がわからん。疲労を残さないようにということか。前半、上手く飛び出してペナルティアーク付近の『磯村ゾーン』でパスを受けたものの、シュートに行かないでパスを選択してしまったのはもったいなかったな。

・動きの少ない名古屋攻撃陣の中で、小川のウラを狙う動き出しの早さはやっぱり重要。あとはシュートを決めるだけ。まずは枠内へ飛ばそう!

・最近、闘莉王が足元にキープして前線へのパスコースを探してモタモタしてるシーンが目立つ。前の動きが足りないのもあるだろうけど、闘莉王も一発でいいところを狙いすぎてる感じ。出し手と受け手の関係だけだと、相手DFもわかりやすいからつぶされてしまうことが多い。もっと割り切って、横パスを回してダラダラとサイドを変えながらどこかでペースを変えてタテに入れるとかしてもよさそう。

・前半は、あとはゴールを決めるだけといった感じの圧倒的な名古屋ペースでしたが、後半神戸が出てきて一転大苦戦に。前半から神戸にあれをやられていたらどうなっていたか。

・まわりは「苦しい戦いをモノにする勝負強さ」とか「名古屋らしい勝ち方」とか言ってくれるけど、まだまだ危なっかしい。Jリーグは決して楽な戦いばかりではないというのは分かってるけど、それにしてもギリギリの戦いが多い。このままでは、負担がかかるダニルソンや両CB、それに無茶しすぎる直志がまたいつ肉系トラブルに見舞われてしまうかわからない。余分なイエロー累積で肝心な時に出場停止なんていうリスクも増える。もう少し安心して見られる展開を増やしていかないと、若手を投入して経験を積ませることもブルゾを投入して和んだりもすることも出来ない。

・柏の右SB酒井のクロスは球質・コースがイイ。人に合わせるのではなくスペースに放り込む感じ。「中で合わせてよ」みたいな。

・FC東京の梶山はヒロシに似てる。

・竹内彬がまた決めた。今季5点目。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »