« 2011 J1リーグ 第7節 浦和×名古屋 | トップページ | コメダ発見 »

2011/05/08

2011 J1リーグ 第10節 名古屋×清水

名古屋 1 - 1 清水

ここ数シーズンにわたって気になるのが名古屋のバックパスの多いこと。なぜバックパスをするのか。

①無理をしないミスをしないでポゼッション重視というチームとしての約束事がある

②前の選手が動いていないから出しどころがない

③動いてるけど見えていない

④見えているけど出す勇気がない(技術がない)

といったところが理由だろうか。

例えば楢崎まで戻してしまえば、ほとんどの場合前方へ大きく蹴ることになり、せっかくのマイボールをみすみすイーブンな状態にしてしまうわけで①と矛盾してるような気がする。今日のようなミスが起きてしまうこともありえるし。

永井や玉田に加えて今日のような442でサイドハーフに小川がいれば、②のようなことは無いような気がするんだけど。テレビで見てるだけじゃ実際どうなのか分かりにくいところもあるけど。

結局③④なんだと思う。もっともこれは個々の能力や意識の問題で、これをクリア出来ればきっと細かいスペースにも縦パスがズバズバ入ってバルセロナみたくなれちゃうんだろう。

あとは、ゲームを作ってくれるといったタイプがMFにいないというのもあるかも知れない。遠藤や中村憲剛やイニエスタやシャビのような。中村直志にそれを要求するのは酷だし、藤本はそういったことも出来ると思ってるけどまだ周囲との連携が十分ではないのだろうか。

闘莉王・ダニルソン・ケネディというチームの柱が不在、なおかつACLから中2日という厳しいスケジュールの中でよくやったと思います。目立ったのは三都主と小川と吉田と永井。三都主は阿部よりも攻撃的。小川も442のサイドハーフだと攻撃面でいいところに絡んでくる。ルーキー吉田は徐々に思い切りのあるプレーが増えてきていると思います。永井はほんといい選手です。

|

« 2011 J1リーグ 第7節 浦和×名古屋 | トップページ | コメダ発見 »

コメント

こんにちわ!
私も見ていて思ったのは④ですね。

結局ビビッてバックパスで
逃げてるようにしか見えなかったです。

普段楢崎には散々助けられてるのであれは
キーパーのミスというよりDFラインが誘発
させたと言っても過言ではありません。

トゥーリオや阿部が居ないなら約束事として
浅い相手バックラインに簡単に入れて
永井を走らせても良かったと思いました。

外から見ていての発言になりますがどうも
スカウティングやチーム内での意思統一が
イマイチきっちりしてないように見えるんで
すよね、交代選手の動き一つとっても…

乱筆失礼しました。

投稿: 鯱福 | 2011/05/08 11:12

鯱福さんへ

こんにちは
あまりにも安易にバックパスに逃げすぎだと思います。特に田中隼・・・。彼はけっこう高い位置でパスを受けるんだけど、そこから仕掛けないで(あるいは単純にクロスを上げないで)ズルズルと後ろにドリブルで下がっていって楢崎か闘莉王へ、みたいなことが多いですね。

GKに戻してもアバウトに蹴りだすしかないわけで、その時点でマイボールを放棄しているようなものなのだから、それならおっしゃる通りサイドの深いところ、コーナー付近へ入れて両サイドを走らせるほうがいいような気がしますね。

藤本はゲームメーカータイプだと思っていたのですが、ここまでのところあまり馴染んでいない感じですね。

投稿: yamamo8 | 2011/05/09 11:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/39904633

この記事へのトラックバック一覧です: 2011 J1リーグ 第10節 名古屋×清水:

« 2011 J1リーグ 第7節 浦和×名古屋 | トップページ | コメダ発見 »