« キノコ中毒 ~薄れてゆく意識の中で~ | トップページ | 2011 J1リーグ 第10節 名古屋×清水 »

2011/04/25

2011 J1リーグ 第7節 浦和×名古屋

浦和 3 - 0 名古屋

ピクシー体制1年目のアウェイ浦和戦(0-2で勝利)を連想させるような試合になってしまいました。新監督による新しいコンセプトのチームが王者と呼ばれるチームに挑むという。あの時とは立場が入れ替わっていましたが。

名古屋も全く良いところがなかったわけではなくて、前半30分過ぎから後半15分くらいまでの30分間は点が入ってもおかしくないような内容でした。

昨シーズン、マギヌンのところに藤本淳吾が入ったら最強だろうなんて思った時期がありました。今まさにそんなフォーメーションなのですが、なかなか嵌らないです。藤本がフィットするのにはもう少し我慢が必要なのか、それともマギヌンはやっぱり偉大だったのか。

花井・橋本・久場・田口でなはく磯村・吉田・田中輝なんですね、ピクシーの選択は。なんでだろう。

若手を育てながらある程度結果も残していくようなシーズンにして欲しいです。そのためには若手と呼ばれる選手は1試合だけで見限るのではなくて我慢して使い続けて欲しいです。そうしないと育つモノも育たん。

それでもやっぱり玉田が戻ったら田中輝が、ダニルソンが戻ったら磯村がベンチ外へ追いやられてしまうのでしょうね。

|

« キノコ中毒 ~薄れてゆく意識の中で~ | トップページ | 2011 J1リーグ 第10節 名古屋×清水 »

コメント

こんにちは!
私は生観戦してたんですが、こんなにあっさり負けるとは思いませんでした…

マギヌンって凄い選手だったんだーって思う今日この頃です。藤本はなかなかフィットしないし…去年のダニが夏の合宿でフィットしたように、辛抱強く我慢したいですが…

とりあえず、連敗だけはしないで欲しいですね!

投稿: ミミ | 2011/04/25 13:33

ミミさん
参戦お疲れ様でした。
浦和の出来が良すぎましたね。さらにリシャルデス、原口といった名古屋の天敵にもきっちりと仕事をされてしまいました。
ダニルソンが戻ってきて藤本が馴染んでくれば名古屋ももっと良くなるでしょう。金崎が肉離れですね。心配です。

投稿: yamamo8 | 2011/04/26 01:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/39742961

この記事へのトラックバック一覧です: 2011 J1リーグ 第7節 浦和×名古屋:

« キノコ中毒 ~薄れてゆく意識の中で~ | トップページ | 2011 J1リーグ 第10節 名古屋×清水 »