« webサッカーまとめ | トップページ | レフェリー座談会 »

2011/01/30

アジアカップ制覇!

苦しいゲーム。

序盤のオーストラリアは「ただ蹴るだけ」ではなくウィルクシャー、ホルマンのスピーディなコンビネーションなどでしっかりとサイドを崩してからのクロス。そのクロスに対しても主にケーヒルが競ってそのこぼれもキューウェルが抜け目なく狙っていてシュートまで持っていく。戦前予想していたよりも緻密な?サッカー。

日本は35分くらいからようやく落ち着いたポゼッションが出来るようになり、じっくりと回して相手ディフェンスのスキマを狙う。延々とキープした後、左サイドに張っていた遠藤から岡崎→本田→遠藤→前田ときれいにつないで前田がシュートを打ったシーンとかは、4年前のオシムさんの頃っぽかった。ただ、あの頃と比べると日本はサイドチェンジが少ない。特に本田、長友あたりは同サイドにこだわる傾向が強かった気がする。逆サイでウッチーがフリーで呼んでるのに出さないことが多かった。もっとサイドを替えて相手ディフェンスをずらせばもう少し攻めやすかったように思います。

後半に入るとオーストラリアは早くもパワープレーにシフト。日本は、岩政を入れて長友を一列前に上げて(藤本は残念ながら交代)対抗するものの、もしオーストラリアにケネディがいたら果たして持ちこたえることが出来ただろうかと思わずにはいられないくらいのえげつない放り込みの嵐。もっとも、日本にもトゥーさんがいたらまた違ったでしょうけど。あれ、二人とも名古屋グランパスの選手だな。とにかく「あんなサッカー」だけど、日本に対してはかなり有効なやり方だともいえる。

一方、日本の武器は左サイド長友の突破力。長友のクロスが岡崎の頭にピタリとあったシーンは惜しかった。岡崎はあのカタチが得意。ちょっとひねりすぎて枠を僅かにそれてしまいました。延長後半の李の目の覚めるようなダイレクトボレーも長友の果敢な仕掛けが素晴らしかった。長友は、大会序盤は守備はともかくあまり効果的な攻撃が出来なかったけど、大会が進むにつれて調子を上げていった感じ。このゲームに限ればMVPは長友か川島だと思う

李は交代で入ってすぐに1回ポストプレーをこなしたけど、多分それ以降一度もボールに触っていなかった。そんな状況から、ドフリーだったとはいえフォルランのような美しいボレーをサクッと決めてしまうとは・・・。何かで読んだけど、李はサイドから上がったクロスをシュートする練習であのようなボレーをビシバシ決めていたらしい。

あの時、李を見ていたのはカーニー。長友がサイドでボールを受けた時点では何度も後ろにいた李を気にしてたのに、長友が突破してクロスを上げる頃になるとなぜか突然ニアへダッシュ。李をフリーにしてしまいました。テレビで見てても分からなかったのですが、李がニアに走りこむフェイクを入れたとか駆け引きがあったのかも。

今回のアジアカップは、日本にとってはスケジュールも厳しく、大会前や大会中にケガ人も続出するなどかなり難しいものとなってしまいました。にもかかわらず、このような結果を勝ちとったことは本当に見事としか言いようがありません。そして、チームとしても個人としても足りない部分が見つかったと思います。それらを克服していけば、さらにGrandeなチームになっていくと思います。

ラストのオーストラリアのFKの場面セルジオ氏の「みんなで守ろう、みんなで守ろう・・・。名波、名波さん、気持ちだけでも壁に入って」という言葉にちょっとジーンときてしまいました。普段は辛口だけど、なんだかんだ言いつつも日本に対する愛情のようなものが感じられました。こんなことを思うなんてもう歳なのかなぁ。

|

« webサッカーまとめ | トップページ | レフェリー座談会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/38669713

この記事へのトラックバック一覧です: アジアカップ制覇!:

« webサッカーまとめ | トップページ | レフェリー座談会 »