« A代表(実質)デビュー戦で3度ゴールネットを揺らした男 | トップページ | 勝負パンツ »

2011/01/14

アジアカップ シリア戦

最近松木さんの解説(というかガヤ)が心地良く感じられる・・・。

見ていて普通に面白い試合でした。日本のパス回しは相変わらずきれいだし、横だけではなくタテの出し入れもあるからそれほどストレスを感じることがない。シリアのタイトな守備と狙いのはっきりしたスピーディな攻撃もスリリング。試合終盤までお互いに攻め合ったうえに6分間の「ふざけたロスタイム」。アジアの、FIFAランキング100位台の国といい勝負しててどうするんだって、数年前までなら思っただろうけど、最近は考え方が変わりました。アジアとの戦いはこういうものなんだと思うようになりました。シリアのPKの時、控え選手が地面に突っ伏して必死の形相で祈っていたけど、今や日本が相手にするアジアの国々はあれだけのモチベーションで向かってくるわけです。日本は、同じだけのモチベーションをつぎ込むか、もっと圧倒的なテクニックの差をつけるかしないと、アジアで楽に抜け出すことが出来ない時代になったのだと思います。シリアもそしてヨルダンも、昔のUAEとかクウェートなんかよりは全然良いチームに思えました。

PKを与えてしまった場面は、長谷部のバックパスとかウォッチャーになってしまった長友とか川島のキックミスとか色々あるけど、個人的にはその少し前の吉田マヤのプレーが気になりました。ハーフウェーライン付近でのシリアの19番とのコンタクト(2回)が少し緩かったために、その後の混戦を経てボールが日本ゴール方向へこぼれてしまった・・・。あそこはトゥーさんなら一発で思いっきり跳ね返していたことでしょう。そうすれば、そのあとのドタバタも回避できたのではないかと。レフェリーのジャッジについては何も言いません。ただ、あれは『中東の笛』とは言わないでしょう。もしそうだったら岡崎はPKもらえなかっただろうし、最後のシリア選手へのレッド(イエロー×2)もなかった。極めて中立で露骨な帳尻合わせ。ホンモノの中東の笛だったら、もっと露骨にシリアに有利なジャッジを繰り返していたでしょう。

|

« A代表(実質)デビュー戦で3度ゴールネットを揺らした男 | トップページ | 勝負パンツ »

コメント

松木さんの解説試合観戦者のテンションにあっているので心地よいですよね。

投稿: | 2011/01/16 12:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/38466681

この記事へのトラックバック一覧です: アジアカップ シリア戦:

« A代表(実質)デビュー戦で3度ゴールネットを揺らした男 | トップページ | 勝負パンツ »