« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011/01/30

アジアカップ制覇!

苦しいゲーム。

序盤のオーストラリアは「ただ蹴るだけ」ではなくウィルクシャー、ホルマンのスピーディなコンビネーションなどでしっかりとサイドを崩してからのクロス。そのクロスに対しても主にケーヒルが競ってそのこぼれもキューウェルが抜け目なく狙っていてシュートまで持っていく。戦前予想していたよりも緻密な?サッカー。

日本は35分くらいからようやく落ち着いたポゼッションが出来るようになり、じっくりと回して相手ディフェンスのスキマを狙う。延々とキープした後、左サイドに張っていた遠藤から岡崎→本田→遠藤→前田ときれいにつないで前田がシュートを打ったシーンとかは、4年前のオシムさんの頃っぽかった。ただ、あの頃と比べると日本はサイドチェンジが少ない。特に本田、長友あたりは同サイドにこだわる傾向が強かった気がする。逆サイでウッチーがフリーで呼んでるのに出さないことが多かった。もっとサイドを替えて相手ディフェンスをずらせばもう少し攻めやすかったように思います。

後半に入るとオーストラリアは早くもパワープレーにシフト。日本は、岩政を入れて長友を一列前に上げて(藤本は残念ながら交代)対抗するものの、もしオーストラリアにケネディがいたら果たして持ちこたえることが出来ただろうかと思わずにはいられないくらいのえげつない放り込みの嵐。もっとも、日本にもトゥーさんがいたらまた違ったでしょうけど。あれ、二人とも名古屋グランパスの選手だな。とにかく「あんなサッカー」だけど、日本に対してはかなり有効なやり方だともいえる。

一方、日本の武器は左サイド長友の突破力。長友のクロスが岡崎の頭にピタリとあったシーンは惜しかった。岡崎はあのカタチが得意。ちょっとひねりすぎて枠を僅かにそれてしまいました。延長後半の李の目の覚めるようなダイレクトボレーも長友の果敢な仕掛けが素晴らしかった。長友は、大会序盤は守備はともかくあまり効果的な攻撃が出来なかったけど、大会が進むにつれて調子を上げていった感じ。このゲームに限ればMVPは長友か川島だと思う

李は交代で入ってすぐに1回ポストプレーをこなしたけど、多分それ以降一度もボールに触っていなかった。そんな状況から、ドフリーだったとはいえフォルランのような美しいボレーをサクッと決めてしまうとは・・・。何かで読んだけど、李はサイドから上がったクロスをシュートする練習であのようなボレーをビシバシ決めていたらしい。

あの時、李を見ていたのはカーニー。長友がサイドでボールを受けた時点では何度も後ろにいた李を気にしてたのに、長友が突破してクロスを上げる頃になるとなぜか突然ニアへダッシュ。李をフリーにしてしまいました。テレビで見てても分からなかったのですが、李がニアに走りこむフェイクを入れたとか駆け引きがあったのかも。

今回のアジアカップは、日本にとってはスケジュールも厳しく、大会前や大会中にケガ人も続出するなどかなり難しいものとなってしまいました。にもかかわらず、このような結果を勝ちとったことは本当に見事としか言いようがありません。そして、チームとしても個人としても足りない部分が見つかったと思います。それらを克服していけば、さらにGrandeなチームになっていくと思います。

ラストのオーストラリアのFKの場面セルジオ氏の「みんなで守ろう、みんなで守ろう・・・。名波、名波さん、気持ちだけでも壁に入って」という言葉にちょっとジーンときてしまいました。普段は辛口だけど、なんだかんだ言いつつも日本に対する愛情のようなものが感じられました。こんなことを思うなんてもう歳なのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/24

webサッカーまとめ

ケータイをauからdocomoに替えることになり、これを機に『八千代グランパスセール』はその歴史に幕を閉じました。実際はまだ残ってるけど今後は放置・・・。

これまでの記録をここに記しておきます。

【リーグ所属数】Aリーグ:38シーズン Bリーグ:4シーズン

【通算成績】1256試合 530勝355敗371分 勝率42.2%

【得点/失点】1624/1269

【Aリーグ優勝】9回(2011、2017、2019、2028、2031、2032、2039、2041、2045)※2011はフォメ固定なし、2017はポルトガル2000、2019はフランス2000、以降はチェコ2003

【CC優勝】2回(2012、2042)

=============================================================

2024シーズン以降、フォメはチェコ2003に固定ということで、チェコ2003のまとめも。

【通算成績】770試合 324勝213敗233分 勝率42.7%

【得点/失点/評価】932/712/2.62

【監督別成績】フルニエ:610試合 254勝169敗187分 736得点583失点 勝率41.6% 評価2.71、フィヨルトフト:446試合 186勝126敗134分 543得点429失点 勝率41.7% 評価2.63※チェコ2003以外での成績も含む

オススメ選手(太字は私的ベストイレブン、斜め文字はお気に入りノーマル選手

GK:プラーニチカ、サージェス、ルイージ、サンチェス

RSB:デルガド、パジェルサンタクルス、エミリオ・ロペス

RCB:クロスフォード、パジェル、ワムテル、ヴェンゲル、ニグブル

LCB:ヴェンゲル、パジェル、ワムテル、マルゲリータ、クロスフォード、ニグブル

LSB:ゾンブロッタ、カルロス

RSH:ベック、ドナルド、シュレーダー

DH:エマルソン、イライソス、ゾラビットマン

LSH:リベリーノ、ロナウディーノ、イライソス、ロフスキー

ROH:カルデロン、ルドルフ、ロフスキー、ワイマール、セナ

LOH:リベリーノ、ロナウディーノ、トット、本間、ボレリ

FW:ディアラ、ファン・ローイ、エフチェンコ、エグアボン

CBは左右はあまり気にしなかった。評価3近く出る。出ない時は左右を入れ替えて様子を見てみる。DHとFWは評価点出にくいけど、2.5程度出てれば十分。RSHベックは鉄板。CKFK任せておけばアシスト評価とも稼いでくれる。ただしファウルポイント上位の常連でもある。リベリーノはムラがある印象。ボレリはサブのFWに入れておくと途中出場でけっこう活躍した印象あり。

ちなみにラストシーズン(2050シーズン)のメンバーはこんな感じ。

            ディアラ

イライソス    トット    セナ    ベック

            マテレレ

ゾンブロッタ クロスフォード ワムテル エミリオ・ロペス

           プラーニチカ

26節終了時点で本Aリーグ首位だったんだけど、結果はどうだったんだろうか・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/23

アジアカップ カタール戦

今大会、レギュラー格11人の中でJユース育ちなのは、何気に吉田麻也だけ。言わずと知れた、名古屋グランパスU18出身です。

カタールとの試合、勝ったということに予想以上に喜び興奮し安堵したのは、その劇的な勝ち方もあるけど、麻也が、もし負けていたら確実に戦犯に祭り上げられていたであろうという状況を免れることが出来たということのほうが大きいかも。こんなことを考えてしまう自分はマヤニスタ?世界水準への旅はまだまだ前途多難ですが、この悔しさを糧に前進していって欲しいです。これで準決勝は出場停止。もし日本が決勝へ進むことが出来て、麻也も先発に復帰することが出来て、そこで神レベルの活躍をしてしまったりしたら、この大会は「麻也、恐ろしい子!」というフレーズとともに語り継がれることになるんだろうけど、はたして・・・?

長谷部からの超高速グラウンダーパスをピタリとコントロールする香川。PAの中でドリブルやら切り返しやらで相手ディフェンスを翻弄する香川。ちょっとだけしずるの池田陸上の福島千里に似てる香川。アジアの粘着質なディフェンスに苦しんでいたけど、ようやく慣れてきたか。改めて、密集の中でのトラップ技術は、日本人がレベルアップしなければならない最重要課題のひとつだと思いました。

本田はFK以外でシュートすることを忘れてしまったのか。岡崎へのワンタッチパスはうまくいったけど、半年前のメンタルだったらあの位置からは有無を言わさずシュートしていたと思う。チームバランスなんかを気にしてこじんまりとまとまって欲しくないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/21

新ユニ

最初デザイン見たときはなんだか安っぽい感じがしたけど、ゼロックスの会見で隼磨が着てるのを見たらちょっとかっこいいかもと思えてきました。実物を見たらまた違うんでしょうけど、Jリーグの金ロゴに☆☆☆魅力です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/16

勝負パンツ

Cimg0230_2

グランパスカラー。

ユニクロで購入。

ゲームがある日はコレを穿いて応援します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/14

アジアカップ シリア戦

最近松木さんの解説(というかガヤ)が心地良く感じられる・・・。

見ていて普通に面白い試合でした。日本のパス回しは相変わらずきれいだし、横だけではなくタテの出し入れもあるからそれほどストレスを感じることがない。シリアのタイトな守備と狙いのはっきりしたスピーディな攻撃もスリリング。試合終盤までお互いに攻め合ったうえに6分間の「ふざけたロスタイム」。アジアの、FIFAランキング100位台の国といい勝負しててどうするんだって、数年前までなら思っただろうけど、最近は考え方が変わりました。アジアとの戦いはこういうものなんだと思うようになりました。シリアのPKの時、控え選手が地面に突っ伏して必死の形相で祈っていたけど、今や日本が相手にするアジアの国々はあれだけのモチベーションで向かってくるわけです。日本は、同じだけのモチベーションをつぎ込むか、もっと圧倒的なテクニックの差をつけるかしないと、アジアで楽に抜け出すことが出来ない時代になったのだと思います。シリアもそしてヨルダンも、昔のUAEとかクウェートなんかよりは全然良いチームに思えました。

PKを与えてしまった場面は、長谷部のバックパスとかウォッチャーになってしまった長友とか川島のキックミスとか色々あるけど、個人的にはその少し前の吉田マヤのプレーが気になりました。ハーフウェーライン付近でのシリアの19番とのコンタクト(2回)が少し緩かったために、その後の混戦を経てボールが日本ゴール方向へこぼれてしまった・・・。あそこはトゥーさんなら一発で思いっきり跳ね返していたことでしょう。そうすれば、そのあとのドタバタも回避できたのではないかと。レフェリーのジャッジについては何も言いません。ただ、あれは『中東の笛』とは言わないでしょう。もしそうだったら岡崎はPKもらえなかっただろうし、最後のシリア選手へのレッド(イエロー×2)もなかった。極めて中立で露骨な帳尻合わせ。ホンモノの中東の笛だったら、もっと露骨にシリアに有利なジャッジを繰り返していたでしょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011/01/10

A代表(実質)デビュー戦で3度ゴールネットを揺らした男

名古屋グランパスを巣立ってから1年。身長が2cm伸びたという。2011年の日本代表初戦はまさに『吉田麻也劇場』でした。トゥーさんに負けず劣らずの暴れっぷり。ちょうど1年前、アジアカップ最終予選のイエメン戦でA代表デビューを飾っているとはいえ、あの時は若手主体で年代別代表の延長のような感じでした。ガチの代表戦は実質この試合が初めてといってもいい。たった1試合だけで、その名前と顔を日本中のサッカーファンに知らしめました。もうウッチー情報をブログで提供するだけの同居人とは言わせません。

正直、何かやらかすんじゃないかとヒヤヒヤしてた時期もありました。実際、危なっかしいところが2,3回ありましたが、あれだけ落ち着いて出来るとは。最低限この試合のクオリティを維持出来るのならば、代表のCBはあと10年は安泰なのではないでしょうか。あの2点目(ヨルダンの先制ゴール)はマヤの責任にするのは酷だし。あれを止められるのはシュートブロックの達人増川くらいでしょう。1点目は多分オフサイドじゃなかった(長谷部が打った瞬間、マヤは相手DFよりも後ろにいたように見えた)。3点目(日本の同点ゴール)と、その後自陣に戻る時のキリッとした表情はかっこよかったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/08

蹴り初め2011

2011年初フットサルしてきました。最近関東地方もめっきり寒くなりましたが、今日は比較的暖かく、気の合った仲間たちと楽しい時間を過ごすことができました。今年の目標は『シュートひとつひとつを大切に打つこと』。そう言ってるそばから、フリーで2本ふかしてしまいましたが。

高校選手権準決勝。流通経済大柏は、京都の久御山に2-2からPK戦で敗退してしまいました。吉田眞紀人が入ると、タフなサッカーの中にタメや気の利いたつなぎといったアクセントが加わって本当にガラっとチームが変わります。0-1で迎えた後半15分過ぎ、右サイドからカットインしていきシュートチャンスを窺いつつも左サイドで余っていた15杉山賢史へ丁寧なスルーパスを通して同点ゴールをアシストしました。シュートも含めて見事なプレーでした。初戦で負傷したサイドバック3中西孝太に加えて、この日はディフェンスの要でキャプテンの5増田繁人(新潟内定)も前日の練習で負傷して不在。万全なチーム状態でなかったのが悔やまれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/04

流通経済大柏の吉田眞紀人を見てきた

3回戦屈指の好カード、前橋育英と流通経済大柏の試合を見に行ってきました。

Cimg0202

ハイプレスでボールを奪った勢いそのままにタテに速く攻める流経と、浦和内定の14小島秀仁と7湯川純平のセントラルMFを中心にパスを散らして攻めてくる前育。とてもスリリングな攻防でした。

Cimg0205

Cimg0207

注目の吉田眞紀人はベンチスタート。なんでも直前の練習中に左足の小指を骨折してしまったらしい。2回戦の明徳義塾戦も途中から出場していたのはそんな理由があったから。前半の早い時間帯に前橋育英DFラインでのミスをついて9進藤誠司が幸先よく先制したものの、後半開始早々に、ゴール前で浮き球の処理に躊躇した一瞬10小牟田洋佑に押し込まれて同点とされた流経大柏は、ついに14吉田を投入。それまでの流経大柏の攻撃、良く言えばハイテンポでタテに速い、悪く言えば急ぎ過ぎて単調、に目が慣れていたせいか、吉田のプレーが妙にゆっくりとしたものに見える。ただ、決して判断が遅いという感じではなくて、日本代表の本田圭佑みたくボールを落ち着けてしっかりとタメを作っている感じ。試合終盤、左サイドを何度も切り裂いた進藤の折り返しを左足ボレーでミートしたシュートは惜しくも前橋育英DFにブロックされてしまったけど大きな見せ場でした。名古屋ファンとしては無理して欲しくないけど、高校最後の大会だし悔いは残したくないだろうからやっちゃうんでしょうね。見守るしかないな。

Cimg0208

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011/01/02

2011始まってるねー

1月1日

かみさんの実家で昼から新年会。義父、義母、義兄一家(姪っ子ハノ・キホ)夕方から義弟夫婦が合流。スパークリングワインで乾杯。おせち料理、雑煮、カニ、シュウマイ、ちまきなどをいただき、途中お茶と煎餅、みかんで休憩。恒例のダイヤモンドゲーム、ババ抜き、コーヒー、カステラ、ジェンガ を挟んで、仕上げは押し寿司とチャルメラ。クルマだったのでお酒は控えめ(もともとあまり飲めない)でしたが、帰ってから体重量ったら約1.5kg増でした。

Sa3a0231_2

ジェンガが意外と好評でした。

キホちゃん(まだ1歳未満)の食欲と元気良さにびっくり。雑煮の大根、にんじん、おせちの栗きんとん、レンコン、何でも食べます。

途中テレビで天皇杯決勝を見てました。フローデ・ヨンセンの日本でのラストゴールを見ることができました。相手GKが曽ヶ端だったということで、名古屋がカシマスタジアムで初勝利した時のPKのシーンを思い出しました。フクアリでの衝撃的なデビュー。紳士的かつ献身的なプレーの数々で文字通り名古屋の救世主となってくれたこと。名古屋サポは、みんなフローデのことが大好きです。

Norway03hb_2

1月2日

近所の神社で初詣と厄除祈願。今年は後厄。もうしばらくは大人しくとかないと。箱根駅伝は東洋大が3年連続往路優勝。決して柏原の力だけで成し遂げられたものではないけど、柏原がいなかったら成し遂げられなかったであろうことも確か。彼が普通に走るだけで確実に2分以上のアドバンテージを得られてしまうというのはやっぱりものすごい武器。

明日は、名古屋内定の流経大柏・吉田眞紀人を見に行ってきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »