« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010/08/22

Webサカ2027・2028シーズン結果

2027シーズン
本リーグA 3位 
15勝9敗6分け  勝ち点:51 得点:29 失点:22 +7
監督:フィヨルトフト(420/425)
チェコ2003

GKプラーニチカ(5)         30 0 0 0 0 3.07
RSBパジェル(2)       30 0 0 1 0 3.17
RCBヒメネス(3)       30 2 0 0 0 2.83
LCBロスタ(5)           30 0 3 2 0 3.00
LSBゾンブロッタ(4)      30 0 0 0 0 2.63
RSHベック(6)         21 0 4 5 0 2.63(ファウル3位)FKCK
  (→イライソス(1)    9 0 0 3 0 2.83)
DHヴィエロ(2)            30 0 6 0 3 2.30Cap
LSHロフスキー(4)      30 3 4 0 0 3.07
ROHカルデロン(2)     30 7 1 0 0 2.80
LOHロナウディーノ(2)   30 6 2 0 0 2.73
FWアルフォンス(3)       30 12 3 0 0 2.70(得点7位)PK

ベック6期目は落ちる?ファウルポイントが多すぎなので途中からイライソス。

===============================================

2028シーズン
本リーグA 
優勝 
15勝4敗11分け  勝ち点:56 得点:40 失点:27 +13
監督:フィヨルトフト(415/425)
チェコ2003

GKプラーニチカ(6)         30 0 0 0 0 2.77
RSBパジェル(3)       30 0 0 1 0 3.27
RCBワムテル(1)      30 0 0 0 0 3.43(評価5位)
LCBヴェンゲル(1)        30 0 2 1 0 3.03
LSBゾンブロッタ(5)      30 0 0 0 0 2.77
RSHドナルド(2)        30 0 3 3 0 3.27(ファウル8位)
DHヴィエロ(3)            30 3 6 0 1 2.23Cap
LSHロフスキー(5)     30 4 2 0 0 3.33(評価7位)
ROHカルデロン(3)     30 8 4 0 0 3.13
LOHロナウディーノ(3)   30 8 8 0 0 3.33(アシスト6位評価7位)FKCK
FWディアラ(1)          30 13 6 1 0 3.00(得点6位)PK

チェコ2003に固定して5シーズン目、ついにリーグ制覇。

2027 2.30  2028 2.23
DHヴィエロは適正イマイチ?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/08/09

2010 J1リーグ第17節 FC東京×名古屋

FC東京 0 - 1 名古屋

Imgp1887

昨シーズンやられまくったFC東京のムービングフットボールに対して、ダニルソン=ブルゾ=マギヌンという肝試しのようなトライアングルが果たしてどこまで持ちこたえられるのかという怖さはあったものの、時間が出来たので急遽「集まれ~」ダービー開催中の味スタへ。
開始3分間くらいで早くも被シュート3本。しかもそこそこ形にされている。増川が平山にヘッドで競り勝てない。大黒の動き出しは名古屋DFには見えてないようだ。石川直は常に危険なポジションにフリーでフラフラしてる。ブルゾは違った意味でフラフラしてる。この日のマギヌンはどうやら悪いほうのマギヌンっぽい。このインサイドハーフ二人の体が重たそうで動きが冴えないため、仕方なくといった感じで前に出て行ったダニルソンの後ろに縦パスをビシビシ通される。攻撃しようにも後ろで廻してる時はいいけど中盤から前でミスが多くてシュートすら打てない。ちなみに、その日のアフターゲームショーでは前半のハイライトはFC東京のシュートシーンのみという編集。過密日程な相手を前半走らせて疲れさせて後半に勝負するというようなプランかなと思いたかったが、それにしても危険な場面を作られすぎた前半。ボクシングだったら、途中でレフェリーに止められていただろうくらいの出来。大黒-平山って何気にすごい2トップだと思った。

後半最初のアタックは名古屋。ハーフタイムにピクシーに喝を入れられてようやく重い腰を上げたか。FC東京はややペースが落ちたものの攻撃はシャープ。お互い撃ち合いの様相を呈してきた。玉田のFKからフリーになったケネディがヘッド、右サイドを崩して田中隼のクロスを金崎が戻り気味にヘッド(すぐ後ろに体勢十分な玉田が走りこんでいたのだが・・・)、ダニルソンの強烈過ぎる直接FK、小川の無回転ミドル2発(アップの時からしきりに練習していた)、大黒の反転トラップからの地を這うミドル、キムのミドル、重松の絶妙トラップからペナ内でどフリーの大黒につながれてシュート。アディショナルタイムに入ると、クリアを何度も拾われて防戦一方。早く終われと思っていたら、杉本が相手陣内左サイドで粘ってFK獲得。ラストプレーかモタモタしてたら終了の笛を吹かれてしまうんじゃないかというような時間。あのトリックプレーは即興だと思う。後でハイライト見直したら、金崎は三都主が転がしてからもすぐに反応してなかったし。受けた金崎もどうしようかと思ったっぽい。そして、金崎のヒールパスを受けてえぐった三都主の山なりクロスを(時には山なりが有効なこともあるということを学びました)今野と競り合った闘莉王が押し込むという絵にかいたような決勝ゴールからのリアルな「集まれ~」にベンチもゴール裏のサポーターも大興奮。

見に行って良かった。花火はきれいだったし結果にも大満足。だけど内容に目をつむることは出来ない。ひとつ間違ったら4‐0や5‐0にされていてもおかしくなかった。やっぱりあのMF3人はナイ。決して彼らだけのせいではないけど。433でいくなら、インサイドハーフのうちの一人はもっとハードにそしてキメ細かく動き回れるタイプじゃないとこの試合と同じような展開になる可能性が高いのでは。

それにしてもダニルソンはミドルもそうだけどショルダーチャージも強烈。再三相手を吹っ飛ばしてました。下手なレフェリーだったら反則取られそう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/08/08

Webサカ2024~2026シーズン結果

2024シーズン
本リーグA 5位 
12勝9敗9分け  勝ち点:45 得点:37 失点:32 +5
監督:フルニエ(418/420)
チェコ2003

GKプラーニチカ(2)         30 0 0 0 0 2.77
RSBジョニーニョ(4)     30 0 0 4 0 3.23
RCBワムテル(3)      30 2 0 0 0 2.33
LCBロスタ(2)           30 0 0 1 0 3.17
LSBゾンブロッタ(1)      30 0 0 0 0 2.83
RSHベック(3)         30 1 8 3 0 3.60(アシスト7位評価1位ファウル4位)FKCK
DHエマルソン(4)          30 0 6 0 0 2.80Cap
LSHリベリーノ(3)       30 3 5 0 0 3.00PK
ROHルドルフ(6)       30 9 5 0 0 2.60
LOHトット(2)          30 9 2 0 0 2.60
FWファン・ローイ(4)       30 12 3 1 0 2.30(得点6位)

==================================================

2025シーズン
本リーグA 2位 
12勝5敗13分け  勝ち点:49 得点:38 失点:27 +11
監督:フルニエ(417/420)
チェコ2003

GKプラーニチカ(3)         30 0 0 0 0 3.03
RSBジョニーニョ(5)     30 0 0 7 0 2.47
RCBヒメネス(1)       30 0 0 0 0 2.90Cap
LCBロスタ(3)           30 0 0 0 0 3.20
LSBゾンブロッタ(2)      30 0 0 1 0 2.77
RSHベック(4)         30 1 13 5 0 3.33(アシスト1位評価9位ファウル6位)FKCK
DHエマルソン(5)          30 0 2 5 0 2.47
LSHリベリーノ(4)       30 5 6 0 0 2.93
ROHロフスキー(2)     30 6 2 0 0 2.63
LOHトット(3)          30 8 0 0 0 2.50
FWアルフォンス(1)       30 12 3 0 0 2.37(得点7位)PK

RSBジョニーニョ、ロスタイム4分で与PK5回。。。

==================================================

2026シーズン
本リーグA 6位  CCベスト16
12勝10敗8分け  勝ち点:44 得点:35 失点:29 +6
監督:フィヨルトフト(422/425)
チェコ2003

GKプラーニチカ(4)         30 0 0 0 0 3.00
RSBジョニーニョ(6)     30 0 0 1 0 2.53
RCBヒメネス(2)       30 0 0 0 0 3.10Cap
LCBロスタ(4)           30 0 1 0 0 2.97
LSBゾンブロッタ(3)      30 0 0 2 0 2.63
RSHベック(5)         30 0 13 3 0 3.57(アシスト1位評価1位)FKCK
DHヴィエロ(1)           30 2 4 0 3 2.93
LSHリベリーノ(5)       30 3 9 2 0 3.27(アシスト6位評価7位))
ROHカルデロン(1)     30 4 3 0 0 2.50
LOHトット(4)          30 10 1 0 0 2.73
FWアルフォンス(2)       30 15 0 0 0 2.60(得点3位)PK

RSHベックがアシスト、評価の2冠。3シーズン使ってみたけどチェコ2003は波が激しい気がする。序盤調子良くても、途中平気で10試合くらい勝てなくなる。それでも2027もチェコでいく予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »