« Webサカ2021シーズン結果 | トップページ | Webサカ2022シーズン結果 »

2010/07/05

パラグアイ×日本

パラグアイ戦というよりこの大会の日本代表を通じて感じたこと

・大会前のスイス合宿から大会期間を経てとても良いチームになっていたんですね。このような大会ではチームのまとまりが重要なんだということが改めてわかりました。

・大会前は、応援する気はないとは言わないまでもかなり冷めた感じで、あまり多くを望まないスタンスで見ていたのですが、とても楽しませてもらった、そして最後はうるっとしてしまった今回のW杯でした。駒野と松井と阿部ちゃんは小学校の頃から知っている仲だったらしいです。

・大会直前に守備的な戦術に軌道修正し、わずかな準備期間しかない中で”運が良ければ”ベスト8に進めるくらいの所まで来た。ディフェンスは形になったけど攻撃のパターンがなさすぎた。フォーメーション的に前に人数を掛けるのが厳しかった。トーナメントに入ったら勝ちにいかないと、つまり点を取りにいかないと自ら結果を掴み取る出来ないんだなと思いました。

・大会中、しきりにクローズアップされた選手個人の試合中の走行距離。日本代表の選手は良く走っているということになってたけど、結局のところ走ってたのは守備に振り回された結果だったということ。もっと燃費よく攻撃できるようになればもっと楽しいサッカーになるんだろう。

・よく日本と他の強国との差は僅かだとかいうけど、けっこう大きな差に思える。特に感じるのはトラップとパススピード。スペインやブラジル、アルゼンチン、ドイツの選手なら通せると思うパスコースに、多分日本の選手は出せない。なぜならパススピードが遅くて引っ掛かるから。なぜパススピードが遅いかと言うと受け手がトラップ出来ないから。それが僅かな差だというならそれでいいけど、その差の積み重ねは大きな差になっていると思う。それとクロスのスピードも違う。

|

« Webサカ2021シーズン結果 | トップページ | Webサカ2022シーズン結果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/35638795

この記事へのトラックバック一覧です: パラグアイ×日本:

« Webサカ2021シーズン結果 | トップページ | Webサカ2022シーズン結果 »