« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010/07/25

2010 J1リーグ第14節 名古屋×清水

名古屋 3 - 3 清水

3度もリードしたのに守りきれなかったのは悔やまれますが、追いつかれたらズルズルといってしまうという悪癖を封印して常に先手を取り続けた、そしてもう少しで4点目もいけそうだったのはメンタルの成長と思いたいです。

同じようなフォーメーションの両チームですが、完成度は清水のほうが上回っているように思いました。逆にいえば、名古屋にはまだまだ上昇する余地があるということです。今後に期待です。

大宮戦で見せてくれた、123でDFのウラを取るようなパスがあまりなく、12で(一発で)ウラを狙うような攻撃が多かったように思いました。横パスばかりでタテにボールが動かないよりはいいのでしょうけど少し淡白な気がしました。

金崎のゴールには思わず拍手してしまいました。あの位置からカーブをかけて逆サイドネットへコントロール出来るのはたいしたものです。少し角度は違うけど、W杯のスアレスの韓国戦の決勝ゴールを思い出しました。芸術的な一撃でした。

ケネディが交代で退いた後のメンバーで、なんとなく面白いサッカーになりかけたような時間帯がありました。中断期間中に取り組んできた、流動性を高めていく試みが垣間見られたような気がちょっとだけしました。ケネディがいない状態でどれだけ出来るかという名古屋の大きな課題に薄い光が射したような気がします。

玉田の先制ゴールのシーン、オフサイドっぽかったけど手前に岡崎が残っていたのでオンサイドでした。なぜ前目のポジションの岡崎がそんなところにいたのかというと、アフターゲームショーの野々村氏の解説によれば、田中隼がフリーでオーバーラップしていたのでそれをケアするために戻っていたのでは、とのこと。田中隼の”前”への意識が引き出したゴールでした。

田中隼のオーバーラップといえば、終了間際に惜しいのがありました。左サイドで細かくパスをつないで抜け出したダニルソンがカットイン→PAの右角付近にいた杉本へ横パス→杉本(強引に)シュート→相手DFに当たってCKというシーン。この時、杉本の外をいい感じで追い越していったのが田中隼。しかし杉本はそれが全く見えてなかったのかあっさりシュート。直後の田中隼の悔しがり様といったら・・・。シュートという積極性は悪くないけど、杉本の前にはDFが二人いました。他に手がなくて無理矢理に打ったようにも見えました。90分になろうかという時間帯、暑い中をあれだけ走ってきたのに。セオリーとしてあそこは使うべきだった。結果は別として。囮にしたという風でもなかったし、見えてなかった、気付いてなかったというのなら問題外でしょう。G大阪戦の横浜Fマリノスの決勝ゴールは、まさに同じようなシチュエーションから生まれたものでした。小野裕二がPA内で相手DFを引き付けて、外を駆け上がってきた天野へ絶妙なタイミングでつないで決めたものだったけど、ゴール前での落ち着きを含めてセンスの差を感じずにはいられません。角度のないところからW杯のマイコンのようなシュートを決めた右SB天野の技術・判断も見事でした。

とにかく、あの暑さの中あれだけ上下動出来る田中隼のスタミナは大きな武器だと思いました。もっと有効活用して欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/07/22

Webサカ2023シーズン結果

本リーグA 4位 
13勝11敗6分け  勝ち点:47 得点:33 失点:32 +1
監督:フルニエ(417/420)
スペイン2000

GKプラーニチカ(1)         30 0 0 0 0 2.90
RSBパジェル(6)         30 0 0 3 0 2.50Cap
RCBワムテル(2)      30 0 0 0 0 3.00
LCBヴェンゲル(2)        30 0 0 1 0 2.97
LSBコート(3)            30 0 0 2 0 2.83
RDHエマルソン(3)      30 0 3 5 0 2.63(ファウル9位)
LDHルドルフ(5)           30 0 7 0 0 2.33
RWHベック(2)         30 5 10 0 0 2.80(アシスト5位)FKCK
LWHリベリーノ(2)      30 4 3 0 0 2.63PK
OHトット(1)           24 5 3 0 0 2.71
FWファン・ローイ(3)       30 17 3 1 0 2.87(得点3位)

スペイン2000は引分け少ない気がする。OHはトットとビーティを併用したがどちらもあまり良くなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/18

2010 J1リーグ第13節 大宮×名古屋

大宮 0 - 1 名古屋

Imgp1879

こちらの理論でいえばウルグアイ×スペインに相当するこの対戦。意外と好カードです。

10分過ぎくらいまではスペイン名古屋が実にスムーズな展開。ポゼッションしつつも適度にタテパスや大きなサイドチェンジが入るところがいい。つなぎのミスも少ない。PA内へ走りこんで受けようとする金崎、直志が新鮮。中断期間中に取り組んできたマイナーチェンジの成果でしょうか。直志がPA内でフリーになったシーンは、ピクシー1年目の時によく見られた3人目が絡んでパスで崩すパターンでした。決まっていれば今シーズンのベストゴール候補でしたが・・・。

せっかくいいサッカーやってたのに、ブルゾ退場で苦しい状況に。前半見せてくれたようなサッカーは期待出来なくなってしまいました。だけど、ブルゾがいなくなったことで逆に彼の必要性も感じられたりしたかも。それと松村氏の笛が微妙に名古屋寄りになった気が・・・。

闘莉王→ケネディの「世界標準」ゴールで先制。やっぱりクロスはあれくらい速いボールじゃないと。今シーズンの名古屋のベストゴールにノミネート。闘莉王は、帰国会見での穏やかすぎる表情を見て大丈夫かと思ったけど、やる時はやってくれます。楢崎を中心にした終盤のディフェンスにも感動。この勝利はグッとくるものがありました。

小川は良かったと思います。マイボールになった時の動き出しの早さを味方がもっと気付いてあげれば効果的なカウンターにもつなげられると思います。今シーズンなかなか結果が出ないながらもボールを引き出す動きは出来ていました。中断期間中、攻撃に流動性を持たせることに取り組んできたようだけど、小川にとっては歓迎すべき変化なのではないでしょうか。

この日のウルグアイ大宮はフォルラン・スアレス(ラファエル・石原)の調子が良くなくて助かりました。ただ、残り10分くらいで出てきたロデイロ(渡部大輔)には冷や汗かかされましたが・・・。ユース出身ですか、いい選手だなぁ。あと、NACK5スタジアムは本当見やすいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/15

Webサカ2022シーズン結果

本リーグA 3位 
12勝7敗11分け  勝ち点:47 得点:37 失点:29 +8
監督:フィヨルトフト(419/425)
ポルトガル2000

GKサージェス(7)         30 0 0 0 0 3.17
RSBパジェル(5)        30 0 0 0 0 2.83Cap
RCBロスタ(5)       30 0 0 0 0 2.80
LCBワムテル(1)         30 0 1 0 0 3.30(評価6位)
LSBコート(2)            30 0 3 1 0 2.57
RDHエマルソン(2)     30 0 1 3 0 3.00
LDHルドルフ(4)          30 2 6 0 3 2.73
OHロナウディーノ(6)    30 3 5 3 0 3.17
RWベック(1)         30 11 5 0 0 2.97FKCK
LWリベリーノ(1)      30 6 3 0 0 2.53PK
LFWファン・ローイ(2)     30 14 1 0 0 2.50(得点4位)

1-15節:10勝2敗3分け。ダントツ首位。 
16-30節:2勝5敗8分け・・・。落差大きすぎ。特に16節から25節は4敗6分け。10戦勝利なしで考えられない大失速。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/05

パラグアイ×日本

パラグアイ戦というよりこの大会の日本代表を通じて感じたこと

・大会前のスイス合宿から大会期間を経てとても良いチームになっていたんですね。このような大会ではチームのまとまりが重要なんだということが改めてわかりました。

・大会前は、応援する気はないとは言わないまでもかなり冷めた感じで、あまり多くを望まないスタンスで見ていたのですが、とても楽しませてもらった、そして最後はうるっとしてしまった今回のW杯でした。駒野と松井と阿部ちゃんは小学校の頃から知っている仲だったらしいです。

・大会直前に守備的な戦術に軌道修正し、わずかな準備期間しかない中で”運が良ければ”ベスト8に進めるくらいの所まで来た。ディフェンスは形になったけど攻撃のパターンがなさすぎた。フォーメーション的に前に人数を掛けるのが厳しかった。トーナメントに入ったら勝ちにいかないと、つまり点を取りにいかないと自ら結果を掴み取る出来ないんだなと思いました。

・大会中、しきりにクローズアップされた選手個人の試合中の走行距離。日本代表の選手は良く走っているということになってたけど、結局のところ走ってたのは守備に振り回された結果だったということ。もっと燃費よく攻撃できるようになればもっと楽しいサッカーになるんだろう。

・よく日本と他の強国との差は僅かだとかいうけど、けっこう大きな差に思える。特に感じるのはトラップとパススピード。スペインやブラジル、アルゼンチン、ドイツの選手なら通せると思うパスコースに、多分日本の選手は出せない。なぜならパススピードが遅くて引っ掛かるから。なぜパススピードが遅いかと言うと受け手がトラップ出来ないから。それが僅かな差だというならそれでいいけど、その差の積み重ねは大きな差になっていると思う。それとクロスのスピードも違う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/04

Webサカ2021シーズン結果

本リーグA 4位 
12勝8敗10分け  勝ち点:46 得点:37 失点:26 +11
監督:フルニエ (397/415)
フランス2000

GKサージェス(6)          30 0 0 0 0 3.17
RSBパジェル(4)         30 0 0 1 0 3.17Cap
RCBクロスフォード(3)   30 0 0 0 0 2.97
LCBロスタ(4)            30 0 1 1 0 2.93
LSBコート(1)             30 0 2 4 0 3.03
RDHヴィエロ(1)         30 0 0 7 0 2.43(ファウル5位)
CDHエマルソン(1)          30 2 9 0 2 2.83
LDHルドルフ(3)        30 2 6 2 0 3.17
OHロナウディーノ(5)     30 5 11 0 0 2.77(アシスト2位)FKCK
RFWロベルト(2)       29 7 1 0 0 2.28PK
LFWヘンリ(4)              30 15 1 2 0 2.60(得点2位)

勝ち負け引き分けを繰り返してずっと中位のままだったがシーズン終盤に盛り返して4位でフィニッシュ。得点少ない(1試合平均1.23)。引き分け多い。

2020シーズン結果
本リーグA 7位 
10勝7敗13分け  勝ち点:43 得点:32 失点:33 -1
監督:フルニエ (411/420)
フランス2000

シーズンの序盤10節は2敗8分け。2トップをディアラ=ヘンリ→ロベルト=ヘンリに変更。5期目、能力maxのディアラで結果を出したかったけど辛抱出来なかった。ロベルトは試合数少ないのにもかかわらず得点2位。ジャミは相変わらずファウル、イエローが多くファウル1位。評価点は悪くないんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »