« Webサカ2023シーズン結果 | トップページ | Webサカ2024~2026シーズン結果 »

2010/07/25

2010 J1リーグ第14節 名古屋×清水

名古屋 3 - 3 清水

3度もリードしたのに守りきれなかったのは悔やまれますが、追いつかれたらズルズルといってしまうという悪癖を封印して常に先手を取り続けた、そしてもう少しで4点目もいけそうだったのはメンタルの成長と思いたいです。

同じようなフォーメーションの両チームですが、完成度は清水のほうが上回っているように思いました。逆にいえば、名古屋にはまだまだ上昇する余地があるということです。今後に期待です。

大宮戦で見せてくれた、123でDFのウラを取るようなパスがあまりなく、12で(一発で)ウラを狙うような攻撃が多かったように思いました。横パスばかりでタテにボールが動かないよりはいいのでしょうけど少し淡白な気がしました。

金崎のゴールには思わず拍手してしまいました。あの位置からカーブをかけて逆サイドネットへコントロール出来るのはたいしたものです。少し角度は違うけど、W杯のスアレスの韓国戦の決勝ゴールを思い出しました。芸術的な一撃でした。

ケネディが交代で退いた後のメンバーで、なんとなく面白いサッカーになりかけたような時間帯がありました。中断期間中に取り組んできた、流動性を高めていく試みが垣間見られたような気がちょっとだけしました。ケネディがいない状態でどれだけ出来るかという名古屋の大きな課題に薄い光が射したような気がします。

玉田の先制ゴールのシーン、オフサイドっぽかったけど手前に岡崎が残っていたのでオンサイドでした。なぜ前目のポジションの岡崎がそんなところにいたのかというと、アフターゲームショーの野々村氏の解説によれば、田中隼がフリーでオーバーラップしていたのでそれをケアするために戻っていたのでは、とのこと。田中隼の”前”への意識が引き出したゴールでした。

田中隼のオーバーラップといえば、終了間際に惜しいのがありました。左サイドで細かくパスをつないで抜け出したダニルソンがカットイン→PAの右角付近にいた杉本へ横パス→杉本(強引に)シュート→相手DFに当たってCKというシーン。この時、杉本の外をいい感じで追い越していったのが田中隼。しかし杉本はそれが全く見えてなかったのかあっさりシュート。直後の田中隼の悔しがり様といったら・・・。シュートという積極性は悪くないけど、杉本の前にはDFが二人いました。他に手がなくて無理矢理に打ったようにも見えました。90分になろうかという時間帯、暑い中をあれだけ走ってきたのに。セオリーとしてあそこは使うべきだった。結果は別として。囮にしたという風でもなかったし、見えてなかった、気付いてなかったというのなら問題外でしょう。G大阪戦の横浜Fマリノスの決勝ゴールは、まさに同じようなシチュエーションから生まれたものでした。小野裕二がPA内で相手DFを引き付けて、外を駆け上がってきた天野へ絶妙なタイミングでつないで決めたものだったけど、ゴール前での落ち着きを含めてセンスの差を感じずにはいられません。角度のないところからW杯のマイコンのようなシュートを決めた右SB天野の技術・判断も見事でした。

とにかく、あの暑さの中あれだけ上下動出来る田中隼のスタミナは大きな武器だと思いました。もっと有効活用して欲しいです。

|

« Webサカ2023シーズン結果 | トップページ | Webサカ2024~2026シーズン結果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/35895036

この記事へのトラックバック一覧です: 2010 J1リーグ第14節 名古屋×清水:

» ニュース記事を運ぶジェイムズ鉄道 [ニュース記事を運ぶジェイムズ鉄道]
日々のニュースや事件に対しての意見や考えを書いていきます。 [続きを読む]

受信: 2010/07/26 03:00

« Webサカ2023シーズン結果 | トップページ | Webサカ2024~2026シーズン結果 »