« Webサカ2022シーズン結果 | トップページ | Webサカ2023シーズン結果 »

2010/07/18

2010 J1リーグ第13節 大宮×名古屋

大宮 0 - 1 名古屋

Imgp1879

こちらの理論でいえばウルグアイ×スペインに相当するこの対戦。意外と好カードです。

10分過ぎくらいまではスペイン名古屋が実にスムーズな展開。ポゼッションしつつも適度にタテパスや大きなサイドチェンジが入るところがいい。つなぎのミスも少ない。PA内へ走りこんで受けようとする金崎、直志が新鮮。中断期間中に取り組んできたマイナーチェンジの成果でしょうか。直志がPA内でフリーになったシーンは、ピクシー1年目の時によく見られた3人目が絡んでパスで崩すパターンでした。決まっていれば今シーズンのベストゴール候補でしたが・・・。

せっかくいいサッカーやってたのに、ブルゾ退場で苦しい状況に。前半見せてくれたようなサッカーは期待出来なくなってしまいました。だけど、ブルゾがいなくなったことで逆に彼の必要性も感じられたりしたかも。それと松村氏の笛が微妙に名古屋寄りになった気が・・・。

闘莉王→ケネディの「世界標準」ゴールで先制。やっぱりクロスはあれくらい速いボールじゃないと。今シーズンの名古屋のベストゴールにノミネート。闘莉王は、帰国会見での穏やかすぎる表情を見て大丈夫かと思ったけど、やる時はやってくれます。楢崎を中心にした終盤のディフェンスにも感動。この勝利はグッとくるものがありました。

小川は良かったと思います。マイボールになった時の動き出しの早さを味方がもっと気付いてあげれば効果的なカウンターにもつなげられると思います。今シーズンなかなか結果が出ないながらもボールを引き出す動きは出来ていました。中断期間中、攻撃に流動性を持たせることに取り組んできたようだけど、小川にとっては歓迎すべき変化なのではないでしょうか。

この日のウルグアイ大宮はフォルラン・スアレス(ラファエル・石原)の調子が良くなくて助かりました。ただ、残り10分くらいで出てきたロデイロ(渡部大輔)には冷や汗かかされましたが・・・。ユース出身ですか、いい選手だなぁ。あと、NACK5スタジアムは本当見やすいです。

|

« Webサカ2022シーズン結果 | トップページ | Webサカ2023シーズン結果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/35789679

この記事へのトラックバック一覧です: 2010 J1リーグ第13節 大宮×名古屋:

« Webサカ2022シーズン結果 | トップページ | Webサカ2023シーズン結果 »