« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010/06/27

デンマーク×日本

・本田のFKは、映像で見るよりもわかり辛い変化をしていたんだと思う。GKからもキッカーからも不満続出だったジャブラニに対して文句を言わずにアジャストしてきた成果。今大会、最初の無回転FKを日本の選手が決めるとは。

・本田に関しては、FKも素晴らしいけどラストプレー(左サイドから真ん中に切れ込んで右足シュート)が印象的。最後まで攻め切る姿勢を現していました。残り時間を全く気にせずに終われた試合というのも久しぶり。

・遠藤のFKは、相手GKの意識が本田に行き過ぎていた感はあるけど、どんなボールだろうと関係ないしっかりとした技術に裏打ちされた文句のないFK。

・後半途中からは、長友や遠藤に2枚目のイエローがでるんじゃないかとヒヤヒヤしながら見ていた。

・本田は助っ人外国人FWみたい。一応ボールホルダー、主に相手のCBやボランチあたりに寄せてはいるけど、守備に関してはほとんど効いてないような気がする。遠藤、長谷部、大久保、松井あたりの負担は相当なものでしょう。だけど、攻撃では確実にチームを助けている。何よりゴールを取れている。本田にボールが納まらなかったオランダ戦は敗戦。パラグアイDFに対して本田がどの程度タメを作れるか。ゴールを取れるか。本田ダメだった時のオプションは闘莉王か。

・過去4回(今大会はグループリーグ3試合終了まで)の日本のW杯成績

4勝7敗2分け

対ヨーロッパ:2勝2敗2分け

対南米:2敗

対アフリカ:2勝

その他:2敗(ジャマイカ、オーストラリア)

南米に対しては分が悪いけど、過去の2敗は南米の中でもトップレベルのアルゼンチン、ブラジルに喫したもの。ちょこっと落ちるレベルのパラグアイに対してどこまで出来るか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/23

Webサカ2019シーズン結果

本リーグA 優勝 
15勝5敗10分け  勝ち点:55 得点:40 失点:23 +17
監督:フルニエ (411/420)
フランス2000
GKサージェス(4)          30 0 0 0 0 2.90
RSBパジェル(2)        30 0 0 1 0 2.83Cap
RCBクロスフォード(2)   30 0 0 0 0 3.00
LCBロスタ(2)            30 2 0 1 0 3.40(評価2位)
LSBコート(2)             30 0 3 3 0 2.77
RDHジャミ(4)         30 0 2 4 0 3.00(ファウル6位)
CDHビットマン(5)          30 0 8 0 2 2.40(アシスト7位)
LDHルドルフ(1)        30 2 6 2 0 2.93
OHロナウディーノ(3)    30 8 7 0 0 2.97FKCK
RFWロベルト(1)       30 13 1 0 0 3.40(評価2位)PK
LFWヘンリ(2)               30 15 1 0 0 2.67(得点3位)

シーズンを通して安定した戦いぶり。ほとんど首位キープのままフィニッシュ。シーズン途中、”持ってる男”本間祐輔獲得。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/20

オランダ×日本

・①2点差以上つけられての●②1点差での●③△④○

というパターンが考えられたわけだけど、自分としては①を覚悟していただけに②でしのぎきったのは上出来。カメルーン戦もそうだけど、こちらの想定をちょっとずつ良い方向に裏切ってくれている。

・ただ、完全な捨て試合にはしないで、勝ち点を得ようとして余計なエネルギーを使ってしまったことがデンマーク戦にどのように影響を及ぼすか。

・もっとも、オランダ戦を捨てていたら1-0では済まなかったかもしれないし(その場合決勝Tに行くためにはデンマーク戦は勝利が必要となっただろう)、オランダに全力でぶつかった結果(そして結果としてデンマークがカメルーンに1点差で勝利したため)日本はデンマークに対して勝利が必要なくなったという点では良かったのかも。

・ともかく、勝ち点計算しながら3戦目を迎えることが出来るとは思いもしなかった。

・このような楽しみ方がある一方、良いサッカー(面白いサッカー)をやって欲しいという思いもある。チリのサッカー(ホンジュラス戦)は見ていて好感度大だった。例えば、日本代表があのようなサッカーをやった結果3戦全敗したとしても文句はない。まぁ、あれだけ素晴らしいサッカーをやれば1勝も出来ないということもないと思うけど。

・内容は正直言って物足りない。やってるサッカーはあまり面白みがない。相手に7割もポゼッションされるって・・・。

・オフサイドの意味を聞いてくるレベルのうちのかみさんは、カメルーン戦よりは面白かったと言ってた。単純にシュートシーンが多かったからだと思うけど。なんとシュート数はオランダを上回ってる。これがアンチフットボールというやつか。

・スナイデルのゴールはGK川島を責めるのは酷。画面ではわからないけど、手前で少し変化したっぽい。いわゆるブレ球。スピードも半端なかった。

・大久保、シュートは最悪でも枠。

・岡崎はあのポジションを取れるのは素晴らしいけど、肝心のシュートがなぁ。一流のストライカーなら枠に飛ばすか冷静に切り返したりするんだろう。

・よく、日本人の技術はしっかりしてるとか言われるけど、とてもそうは思えないようなイージーなパスミスやトラップミスが多かった。例えば、前半松井が結果的にボレーシュート(枠内)に持っていったけど、その前のトラップは酷かった。ミスが出てしまうといい流れが切れてもったいないし、怖くて追い越す動きにも慎重にならざるを得なくなってしまう。

オシム氏のコメント。「ピッチ上にソファを持ち込んで・・・」というのは上手いことを言うと思った。「日本代表は私の一部・・・」と思ってくれているなんて泣けてくる。最後しっかりとオチもついていてさすがです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/16

日本×カメルーン

・GKはいつの間にか川島がレギュラーになってしまったなぁ。

・カメルーンが予想以上にダメ過ぎた。

・とはいえ、決定機はカメルーンのほうが多く負けてもおかしくない試合だった。

・なにしろ日本シュート少な過ぎ。

・もったいないパスやトラップのミスが多いことや、攻守の切替が鈍くてカウンターにならないのがシュートまでいけない原因か。

・クロスやシュートを打てる時は思い切ってトライしたほうがいい。

・これまでのW杯通算9ゴール中4ゴールが金髪によってもたらされている。稲本のミドルに期待したい。森本は無理だけど、大久保、松井、長谷部あたりもノリで金髪にしたら面白いのに。

・国歌演奏の時肩を組んだり、ゴールをベンチと一緒に喜び合ったりと、チームに一体感が感じられる行動が見られたことは、4年前の教訓をしっかりと活かしていて良いと思った。

・オシム氏の「明日の一面が全て本田なら・・・」というのは、例え話。そうなることを見透かしたうえであえて発した言葉でしょう。

・オランダ戦は捨てても良いと思う。岡ちゃん就任以来2年以上続けてきたことをあっさりと捨てることが出来たのだから難しいことでもないでしょう。もちろんオランダ戦に勝負を賭けても文句はないですが。ただ、中途半端な引分け狙いで引分けに持ち込めるとは思えない。

・グループリーグの3試合、1戦1戦の勝敗に一喜一憂出来ればそれで良いと思っていたけど、3試合をセットにしてであれこれ戦略を考えることが出来るようになるなんて贅沢なワールドカップです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/14

ワールドカップ始まっちゃってますね

◇ここまでの感想をランダムに。

・まず、ブブゼラうるさーぃ!

・メキシコの黒ユニかっこいい。
・メキシコはメキシコらしいサッカーをやってた。あれで個々の能力が1割増しされれば(ストライカーの能力は2割増し)スペインになるのかなといった感じ。
・日本がらしいサッカーを確立するのにあとどのくらいの年月が必要なのだろう。
・結果と内容とどちらが大事かというテーマがあるけど、やっぱりあるレベルに達するまでは結果を追いかけるよりも内容を求めていかないとダメなんだと思う。日本はまだその『あるレベル』に達してないと思う。

・南アフリカは約半年前に日本と親善試合やった時とは見違えるようにいいサッカーをしていた。組織的で戦術がしっかりしてる。監督の力か・・・。

・ウルグアイは物心ついた頃から好きな国でした。
・トヨタカップ初期のワルデマール・ビクトリーノ(ナシオナル)やジャイール(ペニャロール)のゴール、懐かしい・・・。W杯ではあまりいい思い出がないけど。

・韓国は普通にベスト16レベルだと思った。キツいグループではあるが。
・韓国が出来るなら日本も・・・というのは違う気がする。
・パクチソンは凄い選手になっちゃったな。

・メッシは、バルサでは何度も決めてきたゾーンからのシュートをことごとく防がれてしまった。ナイジェリアGKエニェアマを褒めるべきか。
・エインセのゴールの時、サムエルが相手DFを手を使ってブロックしていたように見えたけど、あれはOKなんですね。

・セルビア、スロベニアといった旧ユーゴの国は無条件に応援したくなってしまう。
・スロベニアW杯初勝利。

20100613gyi0060735152gettyspoview00

・良いシーンです。

・セルビアはダークホースとも言われてるけど右のクラシッチがダメダメだったのが誤算。
・ガーナは4年前にブラジルとやった時もそうだったけど、すごくいいカタチを作るのにシュートが雑。

・ギャンを見てるとなぜかザブングルが頭にちらついてくる。

・ケネディはどした?

◇優勝国予想

ブラジル。監督が堅い。戦術も堅い。カカの状態が良さそう。

◇注目国
スイス、チリ、スペイン

◇注目選手
ハムシク(スロバキア)。
プレーは一度も見たことないけど顔写真が気に入った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/13

Webサカ2018シーズン結果

本リーグA 9位 CCベスト4

12勝13敗5分け  勝ち点:41 得点:35 失点:40 -5
監督:フルニエ (415/420)

1節-5節 ポルトガル2000
6節-30節 スペイン2000


GKサージェス(3)        30 0 0 0 0 2.73
RSBパジェル(1)       30 0 0 1 0 2.83Cap
RCBロスタ(1)       30 1 0 3 0 3.13
LCBワムテル(5)         30 0 0 1 0 3.20
LSBカルロス(6)          30 0 2 2 0 3.13
RDHジャミ(3)         21 1 1 5 0 2.86(ファウル8位)
LDHビットマン(4)         30 0 5 0 1 2.80
RWH大鷲翼(1)       20 1 6 0 0 2.43FKCK
LWHイライソス(5)      30 1 3 0 0 2.43
OHロナウディーノ(2)   30 12 2 0 0 2.90
FWロベルト(4)            28
18 2 0 0 2.57(得点1位)PK

昨シーズンリーグ優勝したポルトガル2000を微調整(RSBデルガド→パジェル、LCBヴェンゲル→ロスタ)してスタートした2018シーズンでしたが、5節終了時点で0勝4敗1分、得点3失点12でダントツの最下位。フォメをスペイン2000に変更し、CBの並びを入れ替え、FWをロベルト→ディアラに変えてみたり(2節のみ)、相変わらずファウルの多いジャミを途中で外してベックをRDH、大鷲翼をRWHにしたりと、苦労の絶えないシーズンでした。15節終了時点で3勝10敗2分で最下位のままでしたが、CCは準決勝進出。後半15節は9勝3敗3分と持ち直し9位でフィニッシュ。PK獲得が多かった気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/11

2010W杯開幕 日本代表に望むこと

決勝T進出とかベスト4とかなんて望みません。日本代表にはとにかく点を取って欲しい。過去の大会での日本のゴールシーンを見てて、どんなカタチであれゴールが決まった時の高揚感というのがサッカーの醍醐味なんだなと改めて感じました。ロペスのシュートミス?に詰めたゴンの日本代表W杯での初ゴール、つま先と執念で押し込んだ金狼、ラッキーボーイ稲本の2発、モリシの飛行機パフォーマンス、ナカタのダイビングヘッド、中村俊のラッキーゴール、玉田ゾーンからニアをブチ抜いた「王国を目覚めさてしまった」ゴール。どのゴールも色あせることなく日本サッカーの歴史に刻み込まれています。南アフリカの地でも、新たな歴史となるようなゴールが生まれることを願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/06

Webサカ2017シーズン結果

本リーグA 優勝
14勝6敗10分け  勝ち点:52 得点:44 失点:30 +14
監督:フルニエ (406/420)
ポルトガル2000
GKサージェス(2)         30 0 0 0 0 3.23
RSBデルガド(5)        30 0 0 3 0 2.60
RCBワムテル(4)      30 0 0 0 0 3.37(評価5位)Cap
LCBヴェンゲル(2)         30 0 2 1 0 3.20
LSBカルロス(5)           30 0 2 3 0 3.17
RDHジャミ(2)          30 0 8 4 0 3.13(アシスト5位
ファウル1位
LDHビットマン(3)           30 1 8 0 1 2.50(アシスト5位)
OHロナウディーノ(1)     30 6 8 1 0 2.90(アシスト5位)
RWベック(1)            30 7 4 0 0 2.73FKCK
LWイライソス(4)       30 8 1 0 0 2.80
FWロベルト(3)              30
21 0 1 0 2.57(得点1位)PK

シーズン序盤は失点0点台とディフェンスが安定。サージェス、ワムテル、ヴェンゲルの3人を評価ランキング上位に送り込んでいたものの23節で5失点してしまいポイントダウン。3期目のビットマンがそこそこ機能してくれたことと、放出したロナウディーノを再び獲れたのが大きかった。シーズン中盤からは2位キープ。ラスト5節で首位に。最終節は勝って決めたかったが敗戦。勝ち点で並んでいた2位のチームも敗れたために何とか優勝。それにしてもジャミはファウル多過ぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »