« Webサカ2012シーズン結果 | トップページ | 2010 J1リーグ第12節 名古屋×鹿島 »

2010/05/16

関東大学サッカーリーグ2部 専修大×朝鮮大

専修大 8 - 0 朝鮮大

Imgp1876

専修大サッカー部には、今年の高校選手権で活躍した八千代高の長澤和輝が在籍。そのプレーが見たーぃということで、朝からフットサルをやって疲れ気味の体に鞭を入れて江戸川区陸上競技場へ。

この日の専修大のフォーメーションは16庄司をアンカーにした433。あの名古屋グランパスと同じ布陣です。違うのは、インサイドハーフの二人、8関根(キャプテン)、10小幡のスーパーハードワークでしょうか。庄司を含む3人のMFな献身的な動きが効いて、名古屋の試合では毎度のようにくり返される、アンカーの両脇がガラ空きになる状況が皆無。特に関根の動きは尋常ではなく、ボールのあるところにはいつのまにかその姿(パッと見ひょろっとした細見なんだけど意外とタフ)がある感じ。ボール奪取能力、長短織り交ぜた散らしのパス、労を厭わずにアタッキングサードまで駆け上がり、シュートも積極的と、攻守に効きまくっていました。

この試合では、左ウイングの高山の圧倒的な速さをはじめ、ほとんどの局面でいわゆる「個の力」の差がはっきりとしていたけど、そんな中でも組織的なパス回しから完全に崩して取った5点目のゴールは美しかったです。

注目の長澤は背番号37番。ここまでリーグ戦にもちょいちょい出始めているようで、この日も後半途中から10小幡に代わって出場。右サイドを完全に抜け出した19山崎からのプレゼントパスを流し込みゴール!と思いきやオフサイド(?)で取り消されてしまったのは残念でした。その他のプレーは、まぁ普通だったでしょうか。アウトサイドでタッチしながらターンして相手を抜いていくプレーやゴール前での意外性のあるワンタッチプレーなど、らしさも見られましたが、スタメンだったMF3人のバイタリティに富んだプレーに比べるとちょっと物足りなさも感じました。まぁ、タイプが違うというのもあるんだろうけど。実際、長澤が入ってからは関根がポジションを少し下げてダブルボランチ気味になって、長澤の1トップ下みたくなってたと思います。つまりディフェンスは若干免除されていたような。いずれにしても、現時点であの中盤にレギュラーとして食い込むのは大変かなと思いました。

印象的だったのは、ルーズボールの競り合いで足を出すのを少し躊躇してしまった時にすかさずディフェンスラインから「和輝ぃ、先に触れ!」とコーチングを受けたシーン。なんか新鮮だったのと(高校時代はある意味王様だったから)、比較的きれいなパスサッカーを指向していると思われる専修大においてもそのような声が出てくるというところに、大学でサッカーをやる意義というものがあるような気がしました。巧いだけではなく、闘える選手。きれいなプレーだけでなく、ガツガツしたプレーも自然と身についていくような気がします。このチームで4年間大学サッカーをやっていけば、確実にステップアップ出来るのではないかと思いました。

|

« Webサカ2012シーズン結果 | トップページ | 2010 J1リーグ第12節 名古屋×鹿島 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/34712156

この記事へのトラックバック一覧です: 関東大学サッカーリーグ2部 専修大×朝鮮大:

« Webサカ2012シーズン結果 | トップページ | 2010 J1リーグ第12節 名古屋×鹿島 »