« 初優勝 | トップページ | 2010 J1リーグ第9節 名古屋×山形 »

2010/04/26

2010 J1リーグ第8節 C大阪×名古屋

C大阪 0 - 1 名古屋

ケネディがいないということで、選手たちからは自分がやらなきゃという気持ちが伝わってきました。田中隼なんかは今までで一番積極的だったんじゃないかな(ダイレクトでミドル打って欲しいタイミングでなぜか打たない場面もありましたが)。内容が伴った結果というのが一番だけど、このゲームに関してはとにかく勝って欲しかった。前半は互角、後半途中までは名古屋がペースを掴んでいたけど、60分過ぎから名古屋の運動量が落ち、C大阪のドリブルが止められなくなってきてからは、相手が2回攻める間に名古屋は何とか1度は打ち返すというやや分の悪い打ち合いに。ロスタイムに先制してからの残り時間は、やっぱりスンナリとはいかず生きた心地がしなかったけど、勝ってくれて本当に良かった。マギヌンが心配。

内容というか、やってることは一番酷かった京都戦に比べれば良くなってきてると思います。新潟戦ではタテパスをワンタッチでサイドに叩いてウイングがフリーで抜け出す形が何度も見られたし(ただしクロスが・・・)、広島戦でも数は少ないけど前半の小川、後半の中村直と超決定機を作れていた。判断のスピードを上げて、つまらないところでのもったいないミスを減らして、クロス、シュートといったゴール前でのプレーを正確に合わせることが出来てくればもっと際どいシーンが増えてくると思います。そのためには練習あるのみ。

最近、J2札幌のMF上里の左足が密かに覚醒しつつあるけど(第8節水戸戦でも凄いのを決めてました)、阿部ちゃんにもあれくらい出来ると思います。やって欲しい。1試合シュート2本ノルマくらいの気持ちでやってくれても誰も文句言わないと思う。もっともこれ(遠目からのシュート意識のなさ)は名古屋の選手全体に言えることなんだけど。それと左足といえばダニルソン。C大阪戦では出番なしだったけど、広島戦ではサイドを変える中長距離のパスを楽々と飛ばしていたのが印象的。アジリティに少し難点があるけど、面白い選手だと思います。吉村か中村と一緒ならディフェンスの負担が減ってもっとノビノビと出来るんじゃないかな。

|

« 初優勝 | トップページ | 2010 J1リーグ第9節 名古屋×山形 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/34387974

この記事へのトラックバック一覧です: 2010 J1リーグ第8節 C大阪×名古屋:

« 初優勝 | トップページ | 2010 J1リーグ第9節 名古屋×山形 »