« プリンスリーグU-18関東2010 | トップページ | 2010 J1リーグ第6節 京都×名古屋 »

2010/04/03

2010 ヤマザキナビスコカップ予選リーグ1節 FC東京×名古屋

FC東京 2 - 2 名古屋

Sa3a0190_2

前半の45分間は今までで一番良かったと思います。バイタル付近でのプレスが甘いなど相変わらずなところもあったけど、それを補うだけのゲームコントロールが出来ていました。見ていて面白かったです。がっかりするようなパスミスがなかったことが好印象のポイント。

後半、というかリードした状態での試合運びが不安定なのが気になりました。特に残り時間が少なくなってからのバタツキぶりは何とか改善してもらいたいです。今の(というかここ2年間くらいずっと変わらないけど)名古屋は1点のリードでは不安です。逃げ切り態勢になるのは2点リードしてからにして欲しい。せっかく杉本がいるのだから、極論すればケネディに代えて投入してカウンター狙いに切り替えるようなオプションも試してみたらいいのに。

ロスタイムに失点してドローに持ち込まれたことはもったいないけど、苦手意識のあったFC東京相手にアウェーでドローというのは最悪ということでもない。

ダニルソン:いわゆるアジリティが高くなさそうで、相手の素早い仕掛けに対して一歩目、二歩目が遅れてしまうのだけど、足の長さ・スピード・フィジカルで何とか帳尻を合わせてしまう。最初は不安な感じで見てたけど、後半になるとダニルソンに対峙した相手は仕掛けるよりも無難なプレーを選択するようになったように見えました。上から見てる以上に実際にプレーしている選手たちは、ダニルソンの能力の高さを肌で感じ取ったのかも知れません。

闘莉王:名古屋の遅攻はほとんど闘莉王が起点になっていると言っても過言ではないくらいにボールタッチが多かったです。あれだけボールが回ってくればストレスにもならず、無闇に上がって行く必要もないのかなと。当初思っていたよりもオーバーラップする回数が少ないのはそのあたりが理由か。

中村直:良いです。運動量が多く好守ともに一番分かりやすく目立っていました。インサイドハーフとしては現時点では小川よりも良いと思います。

ブルゾ:悪くはない。PK失敗はいただけなかったけど、それ以外はそれほど悪くなかったと思います。淡白なボールロストがなくなりました。長い距離を推進力のあるドリブルで進んでいく姿は、サビチェビッチ2世と言われただけのことはある。ただ、ノープランでドリブルしてる感もあり、最後までやり切れないことがあるのはもったいない。

|

« プリンスリーグU-18関東2010 | トップページ | 2010 J1リーグ第6節 京都×名古屋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/34057267

この記事へのトラックバック一覧です: 2010 ヤマザキナビスコカップ予選リーグ1節 FC東京×名古屋:

« プリンスリーグU-18関東2010 | トップページ | 2010 J1リーグ第6節 京都×名古屋 »