« 2010 J1リーグ第2節 名古屋×川崎 | トップページ | プリンスリーグU-18関東2010 »

2010/03/22

2010 J1リーグ第3節 名古屋×磐田

名古屋 2 - 0 磐田

スコアを見ると完勝だけど、中身はここまでの3試合の中で一番悪かったと思いました。強風の影響もあると思いますが、今まで以上に自陣中盤あたりでのイージーなミスが目立ちました。あそこで取られると、チーム全体がものすごいストレスになると思います。4バック+楢崎がもろに相手のカウンターに晒されることになり、見ているほうも非常に怖い。実際、磐田のシュートは際どいのが多かったです。もっとも、名古屋のほうもポスト直撃×2(玉田)、オフサイド×2(闘莉王、ケネディ)、GKとの1対1(ケネディ)と決定機は作れていました。ブルゾのあのゴールだけだったら寂しいと思っていたけど、最後に金崎がいい仕事をしてケネディのゴールをアシスト。直志のアンカーは、練習でもやってなくてぶっつけだったらしいけどけっこう効果的でした。相手ボールのあるところは常に顔を出し、特にサイドライン付近でのイグノとの激しい攻防は見ていて頼もしかったです。1-0の状態でディフェンス増やして3CB(5バック)にするのはどうなんだろう?ましてや、投入されたのが、自ら「試合感覚が鈍っている」と語る千代反田。昨シーズンの大分戦の悪夢がちらつきましたが、大事に至らず良かったです。ピクシーは放り込み対策だと言ってるけど、それって放り込まれるのを前提にしてるってこと。中盤を厚くしてボールの出所を抑える、ポゼッションを高める、攻め切る、という選択はないのだろうか?わざわざ自陣ゴールに近いところに招き入れて勝負することもないと思うのだけれど。

気になるのは小川。テレビで見てる限りほとんどボールにタッチしてない。触っても後ろに戻すか、判断が遅いので相手に絡まれてロストしてしまうことが多い。ひょっとすると、味方が受けやすくなるようなフリーランで貢献してるのかも知れない。いわゆるバランサーみたく、うまくスペースを埋めてディフェンスで貢献しているのかも知れない。ただ、オフェンシブなインサイドハーフがあれだけ消えていたら良い攻撃にならない。あれなら直志のほうがいい。ディフェンスにも効くだろうし、ケネディとの絡みも期待出来る。直志が下がることで、吉村の攻撃参加を促すことにもつながる(意外と吉村もバイタル付近でいいプレーすることがあるんだよね)。小川はやっぱりレシーバー。スペースで欲しいタイプ。スペースが欲しいタイプ。ピクシー体制1年目のキャンプ時は、セスクみたいな役割が出来るんじゃないかと期待したこともあったけど、3トップのウイングか442のSHが適正ポジションだと思います。今のポジションでもいいけど、それならもっと頻繁にウイングとのポジションチェンジをするとかしないと持ち味が出ないような気がします。中盤のディフェンスのことを考えるとそれも難しいのか?下がって受けたがる玉田か攻撃センスのある金崎とオリジナルポジションを入れ替えてみたらどうだろう?

A) 金崎   ケネディ   小川

      マギヌン  玉田  

          吉村

B) 玉田   ケネディ   小川

      マギヌン  中村

          吉村

こんな感じ。金崎がけっこう累積増えそうなので、B)パターンも是非。

|

« 2010 J1リーグ第2節 名古屋×川崎 | トップページ | プリンスリーグU-18関東2010 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/33871407

この記事へのトラックバック一覧です: 2010 J1リーグ第3節 名古屋×磐田:

« 2010 J1リーグ第2節 名古屋×川崎 | トップページ | プリンスリーグU-18関東2010 »