« トリックPKで思ったこと | トップページ | 2010 J1リーグ第3節 名古屋×磐田 »

2010/03/16

2010 J1リーグ第2節 名古屋×川崎

名古屋 2 - 3 川崎

後半、同点に追いつくまでの怒涛の攻撃は見ごたえありました。増川、マギヌンのミドル、ケネディのヘディングのこぼれを押し込もうとする玉田。前半も、玉田からの横パスを受けた金崎がシュートに行かずに玉田にリターンしていれば超決定機だったろうし、吉村のミドルや終了間際の玉田のFKも惜しかった。あの流れなら、引分けで良しとするよりも勝ちに行こうとするのは当然だったと思います。結果論だけど、巻投入がもう少し早くても良かったかも。名古屋が川崎相手にあれだけ圧倒するなんてこれまでなかなか見られないことだと思います。憲剛・ジュニーニョに加え、試合途中で菊地・稲本が負傷退場してしまったということもあったのでしょう。この状態の川崎には正直勝っておきたかった・・・。

なんか、この日の名古屋のイケイケぶりと脇の甘さ、結果はともかく娯楽性たっぷりの打ち合いを演じるサマを見てると、数シーズン前の(今でもそうかな)まさに川崎を連想してしまいます。少しスタイルは違うけど。

|

« トリックPKで思ったこと | トップページ | 2010 J1リーグ第3節 名古屋×磐田 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/33790599

この記事へのトラックバック一覧です: 2010 J1リーグ第2節 名古屋×川崎:

« トリックPKで思ったこと | トップページ | 2010 J1リーグ第3節 名古屋×磐田 »