« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010/02/28

U-18Jリーグ選抜×日本高校サッカー選抜

今年の全国高校サッカー選手権大会優秀選手の30人に選ばれていた八千代長澤和輝1月にU17日本代表のメキシコ遠征に参加しゴールを量産したという名古屋U18の高原幹が出場するかも、ということで早々とチケットを取っておいたのですが、残念ながら長澤は選抜メンバーに残れず、高原の名前もリストにない、さらにはここ数日の春のような暖かさからうって変わっての小雨混じりの小寒い天候と、モチベーションが下がる材料ばかりだったのですが、一度も生で見たことがない宮市亮や赤崎秀平(初戦負けだったのに”大会”優秀選手というのはおかしいような気もしていたが)、それにJユースチームのトップレベルの選手たちを見るのもいいかも、と気持ちを切り替えて国立へ。

Imgp1834

一番印象に残ったのはC大阪の杉本健勇。大きいのにテクもスピードもあって、マルコ・ファン・バステンみたい。GKからのパントキックを相手DFと競りながら胸トラップしてキープしてしまうのとか見てると、このレベルではモノが違うのかなと。

それと神村学園の黄順旻。フレンドリーマッチということで比較的綺麗な(ソフトな)プレーが多いなか、巧なプレーだけでなく球際での激しさも見せていたのが印象的でした。

横浜Fマリノスの小野裕二も途中から出てきました。相変わらずの小僧っぷりでした。ドリブルしてるところとかを見ると何となく岩淵真奈を連想してしまいます。DFラインの間からさかんにウラを狙ってました。惜しいヘディングシュートが1本。

宮市はイマイチでした。サイドでボールを受けても、プレースタイルが知れ渡っているせいか相手DFにうまく対応されてあまりいいところが見られませんでした。

赤崎はガタイが周りと違うのでわかりやすかったです。ボールを取られないので安心して預けられる。前半はそれほどでもなかったけど、後半はゴールに向かって迫力あるプレーを見せていました。決めなきゃいけないのが1本ありましたが。

そして、後半途中から名古屋グランパスU18の高原幹がサプライズ出場。U-18Jリーグ選抜のほうは、トップチームとの兼ね合いで出場辞退している選手が何名かいたようで追加招集されたみたい。すでにFWには杉本と小野が入っていた中、高原はサイドハーフへ。最初の数タッチは、相手DFのプレスを小さなパスでかわすようなプレーだったのですが、ちょっと弱い。慣れないポジションのせいか、学年が下なせいか、なんとなくプレーに遠慮が感じられます。中に絞ってくるよりもサイドに張り付き気味でなかなかボールが回ってこない。相手選手へのマークやスペースを埋めるために戻るタイミングもぎこちない。1本シュートを打ってからは少し落ち着いたみたいで、ボールを受けてからドリブルでDFを抜いていくようなチャレンジも。最後のほうは中に入って一生懸命ボールを呼び込むのですがなかなか見てもらえず(ここへ出して!と手で合図しているのですがやっぱり遠慮がち?)。それでも結局20分程度の間でシュート3本打ったのかな。やっぱりFWなんだなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/21

バンクーバーオリンピックあれこれ

□男子フィギュア

高橋大輔選手のフリーが終わった瞬間は、なぜかうるっときてしまいました。理由はわかりません。4回転論争とか、大怪我からの復活といったサブストーリーもありましたが、理屈じゃない見ている人を引きつける何かがあったのだと思います。最近のうちのかみさんは、フィギュアスケートの選手がジャンプで転ぶサマが笑いのツボという何とも不謹慎な症状に陥っていたのですが、さすがに織田選手のトラブルや高橋選手の4回転を失敗した時は笑うことが出来なかった模様。ただ、プルシェンコの着地(着氷)がちょっぴり怪しいのがツボに入ったとのこと。「プルプルしてるから」だと。

□カーリング

4年前のトリノの時も嵌ったけど、やっぱり面白い。特に女子。思わず見入ってしまいます。日本時間で今日の昼からやっていたイギリス戦は、とうとう最初から最後まで見てしまいました。イギリスのスキップ、ミュアヘッドはまだ19歳だそうですが、可愛い顔して難しいショットをズバズバ決めてきます。一方、日本の誇る「少年少女の右側」こと目黒萌絵も大当たり。一気に5点を奪った第9エンド8投目のストーンの動きは何度見ても飽きないです(←大げさ)。ハウス?を真上から映す画面は面白いし、選手たちにマイクが付いていて、次はどうしようとかあれこれしゃべっているのが丸聞こえなのも新鮮。あの、『ヤーッ』とか『ウォー』とかいう掛け声が着信音になったらダウンロードすると思う、たぶん。あと、丁寧でとてもわかりやすい解説者、小林宏さんの力も大きいですね。日本チームへの熱い思いだけでなく、相手チームが好プレーをした時はしっかりと称えるフェアな態度は素晴らしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »