« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010/01/11

美しいインステップキック

第88回全国高校サッカー選手権、山梨学院が青森山田を1-0で下して新しい王者になりました。準決勝2試合を見た限りでは青森山田のほうが強いかなぁと思っていたけど、山梨学院は矢板中央戦とは見違えるようなパフォーマンスが最後まで衰えず素晴らしい優勝でした。印象に残っているのは、キャプテン碓井鉄平のインステップキック。準決勝で先制ゴールにつながった右30度くらいからの強烈なシュート、ダメ押しとなる2点目(ややダフり気味だった?)。そして決勝戦での先制ゴールと、後半19番佐野(名古屋グランパスエイト三好FC出身!)からのヒールパスを受けて左足で強烈なシュート。右足でも左足でもきれいなフォームでボールの芯をしっかり捉えている、しかもきっちりと枠に飛ばしているところが見事だと思いました。

山梨学院の碓井鉄平と青森山田の柴崎岳は、ミドルゾーンでパスを受けると少ないタッチ数でシンプルに散らしてリズムを作り、アタッカー陣がスムーズな攻撃が出来るようお膳立てをする。そして、頻度は多くないけどここという場面でバイタル付近まで上がっていって決定的な仕事をする、そんなタイプでした。すでに言い尽くされてますが、まさに(少し前の)G大阪の遠藤のようなスタイル。もちろん守備もするけど、攻撃面で持ち味を発揮するボランチ、というかセンターハーフ(一緒か)。私の心の中のベストプレイヤーである八千代の長澤和輝も中盤の真ん中がポジションだけど、比べてみると実際のプレイゾーンは碓井や柴崎よりも0.5列ほど前。よりフィニッシュに近いところで攻撃センスを発揮する選手です。少し前までは、このポジション(1.5列目とも言う)が花形だったけど、最近の流行りは攻撃的ボランチみたいです。見てないけど前橋育英の小島もそうなんですよね。中盤を飛ばすのならばボランチに巧い選手はいらないけど、しっかりとつなごうとするならばこの位置にこのようなタイプが必要だということなのでしょう。そしてそういったサッカーを志向する高校が増えてきているということなのでしょう。巧い選手のいるポジションが、ゴールから逆算してどんどん手前になってきているのは気になるけど・・・彼らには、小ぢんまりとまとまらずにどんどんバイタルに侵入していくダイナミックなプレイヤーになってもらいたいです。元旦の遠藤みたいな。それだけゲームがエキサイティングになるから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/04

関西大学第一×八千代

正直、八千代が、八千代の中盤があれだけやられてしまうとは思わなかったです。全国にはまだまだ強いチームがあるってことです。関西大第一も、一人一人が速くて強くて上手かったです。その代表格が9番久保綾祐でした。ポストにもなれるし(久保にボールが入った時の2列目の飛び出しは迫力がありました)、前を向いて仕掛けることも出来る。あとはゴールを決めるだけといった感じです。前半、同点に追いついたところくらいまでは、なんとか八千代のサッカーを垣間見せることが出来ていたけど(宇田川〔クサビ〕→石川〔ヒールで流す〕→大和久〔ポスト〕→斉藤〔浮かせたスルーパス〕→石川〔左足ボーレー〕で同点に追いついたゴールは美しかった)、それ以降は関西大第一の勢いに飲まれてほとんど防戦一方となってしまいました。2年前の大会で優勝した時の流経大柏を彷彿とさせる関西大第一の速くて力強いプレスの前に、八千代は攻撃の土台となるべきDFライン~MFでのパス回しでミスが多くポゼッションもままならない状態。9番伊藤、6番黒氏、4番青木あたりがパスの出し所を探してもたついていたり、頼みの長澤も出し所がないためか球離れが悪く潰されてしまうシーンが目立ちました。八千代のチャンスといえば、時折アバウトなロングボールを石川がキープしたときくらい。対する関西大第一はチーム全体がキビキビと動き回り、MFでのプレスから久保のポストプレーを軸にシンプルで正確なパス回し。ゴールポストやクロスバー、そして小さな守護神永村の好守に阻まれるものの際どいシーンを次々と作り出していきます。3点くらい入っていてもおかしくなかったです。そんな劣勢の中でも何とか1-1で我慢しつつ、石川や途中出場した11番磯部、強烈な左足のキックを持つ8番朝木の一発に賭けた八千代でしたが後半32分、開始早々から脅威となっていたロングスローを19番梅鉢に合わされ勝ち越しを許してしまいます。それは、例えるならばセーム・シュルトのヒザ蹴りのような重い一発でした。

3年前にベスト4まで進んだチームに匹敵すると言われた今年度の八千代でしたが、残念ながら3回戦で敗退となってしまいました。最後はフィジカル面で弱さを見せてしまったけど、しっかりと闘っていました。とても良いチームでした。今大会で決めたゴールは美しいゴールばかりでした。このチームはこれで解散となってしまいますが、長澤和輝や石川誠也らサッカーを続けるであろう3年生が、この先どのような選手に育っていくのかを楽しみにしたいと思います。残されたメンバーたちの新しいチャレンジを楽しみにしたいと思います。関係者の皆様、お疲れ様でした。おかげ様で、ワクワクする正月を過ごすことが出来ました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »