« 天皇杯決勝へ! | トップページ | 関西大学第一×八千代 »

2009/12/31

八千代×中津工・中津東

立ち上がりは、中津の積極的なプレスとフリーランをうまく活かしたきれいなパス回しが印象的。八千代を押し込んでいきます。八千代はちょっと戸惑っている感じ。起点となるはずの7番長澤も、相手の素早いプレスにうまくボールを納めることが出来ず攻撃の形になりません。ところが、中津陣内へ蹴り込んだボールをDFがクリアしようとしたところに10番石川誠也が猛然と寄せてボールを奪うと、前に出てきていたGKをうまく外したコントロールシュートであっさりと先制してしまいます。この、ある意味ラッキーだった先制ゴールが八千代に余裕をもたらしてくれたと思います。その後は、中津のプレッシャーに慣れてきた長澤がらしいプレーを見せ始め、八千代もいい形が作れるようになってきました。そしてFKからのヘディングシュートがポストに当たった跳ね返りを6番黒氏が押し込んで2点目。

後半は八千代ペースで始まります。右SBの13番中谷とのコンビで右サイドをうまく崩した大和久が、PA内45度付近から豪快に蹴り込んで3点目。この3点目の時は、上から見ていて「そこだっ!」と思ったところにことごとくパスがつながっていって気持ちのいいゴールでした。2年生二人のコンビだったという点でも頼もしかったです。その直後には、左サイドをオーバーラップしてきた2番宇田川のクロスがゴール前にこぼれてきたところに素早く反応した石川が決めて4点目。とどめも石川。長澤との細かいパス交換で中央やや右寄りを完全に崩してハットトリック達成。石川は県予選の時は故障明けだったようで万全ではなかったみたいだけど、この試合ではキレてました。DFを背にしてパスを受ける時、反転して一発で入れ替わるスピードとか見ると調子が上がってきているようです。ひとりでシュート10本って助っ人外人か。

Imgp1804_3

後半途中からは、ディフェンスラインでパスを回して相手をいなす(中津のプレスが最後まで衰えることがなかったので少し危なっかしいところもあったが)などゆとりを持って試合をすることが出来ました。気になるところがあるとすれば、もう少しサイドに展開してもいいかなと。せっかくMFあたりでボールを持っている時にうまく外側を追い越していくのに使わないで中へいって詰まってしまうこととかがけっこうありました。

フクアリって本当に観やすくていいスタジアムだと思いました。メインはほぼ埋まっていてバックスタンドの八千代側も混雑がすごくて、やっとで確保した席はサッカー部員たちの集団のすぐ後ろ(TVに映りやすいところ)だったので試合中は立ちっぱなしでした。疲れました。でも、八千代らしいいい試合を見せてくれて、いい気分で年を越せそうです。

|

« 天皇杯決勝へ! | トップページ | 関西大学第一×八千代 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/32811689

この記事へのトラックバック一覧です: 八千代×中津工・中津東:

« 天皇杯決勝へ! | トップページ | 関西大学第一×八千代 »