« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009/12/31

八千代×中津工・中津東

立ち上がりは、中津の積極的なプレスとフリーランをうまく活かしたきれいなパス回しが印象的。八千代を押し込んでいきます。八千代はちょっと戸惑っている感じ。起点となるはずの7番長澤も、相手の素早いプレスにうまくボールを納めることが出来ず攻撃の形になりません。ところが、中津陣内へ蹴り込んだボールをDFがクリアしようとしたところに10番石川誠也が猛然と寄せてボールを奪うと、前に出てきていたGKをうまく外したコントロールシュートであっさりと先制してしまいます。この、ある意味ラッキーだった先制ゴールが八千代に余裕をもたらしてくれたと思います。その後は、中津のプレッシャーに慣れてきた長澤がらしいプレーを見せ始め、八千代もいい形が作れるようになってきました。そしてFKからのヘディングシュートがポストに当たった跳ね返りを6番黒氏が押し込んで2点目。

後半は八千代ペースで始まります。右SBの13番中谷とのコンビで右サイドをうまく崩した大和久が、PA内45度付近から豪快に蹴り込んで3点目。この3点目の時は、上から見ていて「そこだっ!」と思ったところにことごとくパスがつながっていって気持ちのいいゴールでした。2年生二人のコンビだったという点でも頼もしかったです。その直後には、左サイドをオーバーラップしてきた2番宇田川のクロスがゴール前にこぼれてきたところに素早く反応した石川が決めて4点目。とどめも石川。長澤との細かいパス交換で中央やや右寄りを完全に崩してハットトリック達成。石川は県予選の時は故障明けだったようで万全ではなかったみたいだけど、この試合ではキレてました。DFを背にしてパスを受ける時、反転して一発で入れ替わるスピードとか見ると調子が上がってきているようです。ひとりでシュート10本って助っ人外人か。

Imgp1804_3

後半途中からは、ディフェンスラインでパスを回して相手をいなす(中津のプレスが最後まで衰えることがなかったので少し危なっかしいところもあったが)などゆとりを持って試合をすることが出来ました。気になるところがあるとすれば、もう少しサイドに展開してもいいかなと。せっかくMFあたりでボールを持っている時にうまく外側を追い越していくのに使わないで中へいって詰まってしまうこととかがけっこうありました。

フクアリって本当に観やすくていいスタジアムだと思いました。メインはほぼ埋まっていてバックスタンドの八千代側も混雑がすごくて、やっとで確保した席はサッカー部員たちの集団のすぐ後ろ(TVに映りやすいところ)だったので試合中は立ちっぱなしでした。疲れました。でも、八千代らしいいい試合を見せてくれて、いい気分で年を越せそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/30

天皇杯決勝へ!

名古屋 1 - 1(PK5-3) 清水

・開始早々の吉村のミドルシュートのくだりはいい展開でした。あれぐらいスムーズな攻撃をもっとたくさん見たいです。

・昨シーズンの、マギヌン、阿部不在時のグダグダな内容に比べれば、この試合はいいサッカー、というか名古屋が意図しているサッカーが出来てました。そういう意味ではチームは成長している(=選手層が厚くなった)と言えそうです。

・PA近く45度付近からはクロスではなくシュートを打って欲しい。特に田中隼。せっかくあそこまで上がって行くのにもったいないよ。

・清水は名古屋対策として、GKにクロスへの対応が安定している山本海人を起用しているようです。このゲームでも、思い切りの良い飛び出しで防がれるシーンが目立ちました。が、いつも思うけど名古屋のクロスはスピードが緩いように思います。”サイド攻撃”を標榜している割にクロスの正確性、アイデアが今ひとつ。GKが飛び出しを躊躇してしまうようなスピード(なおかつコース)を意識して欲しい。昨シーズン開幕戦(京都戦)で竹内がヨンセンに合わせたみたいなのが理想。

・PK戦、名古屋の5人目が麻也だったらどうしよう?と違った意味でハラハラしました。

・PK戦、もしヨンセンがキッカーだったらやっぱりあのコースを狙ったのでしょうか?

・阿部ちゃんは決勝間に合うのか?

・せっかくの元旦国立決勝にして吉田麻也の壮行試合。関東在住の人間にとってまたとない絶好の機会なのですが、家の事情で現地に行くことが出来ません。勝負パンツ?を穿いてテレビで応援します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/29

吉田麻也 世界水準への旅立ち

名古屋のCBのポジションのうちの1枚はあと10年は安泰だと思っていました。そういう境遇に身を委ねることも出来たのだろうけど、世界水準を目指す21歳の若年寄り(ゴメン)は、それを良しとしなかった。正直言って寂しいけど、麻也の挑戦を応援したいと思います。

笑顔で送り出せたら、これ以上のことはありません。あと”2”試合。名古屋グランパスのために暴れまくってくれ!右45度からの三都主のインスイングのFKをヘッドで擦らす得意のパターンでのゴール希望。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/08

八千代のための選手権?

第88回全国高校サッカー選手権千葉県予選決勝

八千代 0 - 0 (PK3 - 2) 習志野

PK戦に入ってからの習志野のGKの威圧感は凄いものがありました。ゲーム中の長澤のを止められた時は「たまたま」かと思いましたが、八千代の一人目伊藤のキック(いいコースでした)を完璧に防がれた時にようやく気づきました。このGKは本気でやばいということに。普通PKは蹴る側が圧倒的に有利なものなのだけど、あのGKときたらどこへ蹴っても入らないのではないかと思わせる雰囲気を醸しだしてました。八千代が蹴る前にわざわざペナルティスポットの前、ゴールエリアのラインあたりに仁王立ちの構えを見せるのですが「ポジションあそこで良かったんだよな(本来はゴールライン上に構えるのですが)」と錯覚してしまうほどでした。この試合で一番印象に残るプレイヤーでした。延長を含む100分間も熱戦でしたが、PK戦も一進一退でした。

習志野××○○×

八千代×○×○○

2年生中心で臨んだ昨冬の千葉県予選決勝では、市立船橋に0-3で敗れたものの見ていて面白いサッカーを展開。可能性を感じさせてくれました。その時のメンバーが数多く残っていて、今年のチームには何としても全国へ出て行って欲しいと思っていました。春から初夏かけて行われたプリンスリーグ関東2部を無敗で優勝した時は、1部のチームと高円宮杯の出場権を争うプレーオフやらせてもらえないかなとか思ったりしたこともありました。あの頃は絶好調でした。ところが、インターハイ千葉県予選では初戦であっさりと敗退。ショックだったけど、その分ラストチャンスへ向けて集中して欲しいと思いました。そして迎えたこの選手権予選。私ごときが言うのもなんですが、全国の舞台に自信を持ってオススメすることが出来るこのチームには、何としても千葉を勝ち抜いて欲しかったので、とにかく力が入った一戦でした。八千代高サッカー部に関わる全ての方々へおめでとうと言いたいです。

以下箇条書きで感想

・習志野のCK。GKの回りに密集してポジションを取る(当然マーカーも付く)ことでGKを自由に動けなくする作戦か。あそこにインスイングの速いボールが入ってきたら、事故が起きる可能性が高そうないやなプレーでした。

・八千代のCK。CKのたびにゴール前で3、4人集まって何やら打ち合わせ。キッカーは蚊帳の外でいいのかとか思ったり。それとも事前にサインが決められていたのか?あるいはただ相手を混乱させようとしてるだけだったのか?いずれにしろ、習志野のグレートGKに落ち着いて防がれてしまうことが多くチャンスにはなりませんでした。

・習志野の攻撃はドリブル主体でタテに速い。最初のうちは、面食らった八千代DFが後手に回ることが多かったけど、次第にうまく対処出来るようになりました。後半に入るとウラのスペースを狙うパターンが増えてきました。最後まできっちりと走ってくるので、ひとつ処理を間違うとピンチになりかねない怖さがありました。

・八千代の攻撃はパス主体。ピッチ幅も広く使えていました。名古屋グランパスのサッカーに似てる気がしました。長澤というゲームメイカーがいる分、名古屋よりも中央でのバリエーションに変化があったかな。ミドルを打たなかったり、ラストパスやクロスがブレるのまで真似しなくてもいいのに。

・どこかの掲示板ネタですが、果たして第88回全国高校サッカー選手権大会は、8度目の出場となる千代のための大会となるでしょうか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »