« とりあえず連勝 | トップページ | 2009年9月9日に思いついた日本代表 »

2009/09/06

オランダ戦 サッカーは90分

前半30分くらいまでのサッカー。あれを90分間続けられれば、ひょっとしたらW杯本番のグループリーグで2つくらい勝てるかも知れない。では続けられるようにするためにはどうすればいいのか?

①スタミナを強化する。

②途中でペースを落としたりしてスタミナを温存する。

③同じコンセプトで出来る選手をFW、MF、SBに2人くらいずつ揃える。

ただ、あのサッカー(前線からの連動したハードな守備がベース)だとやっぱり肝心のフィニッシュのところで力を使い果たしてしまい正確性を欠いてしまうし、いわゆる世界の強豪国は、ワンペースではなく90分間の間に何度もシフトチェンジしてペースを上げてくる懐の深さがある。オランダ戦は、日本のスタミナが切れて(&”後から入った人”が完全に消えていて)自滅したけど、仮に日本があのペースを90分間続けられたとしても、ゲームを支配し続けることが出来たかどうかはわからない。何ていうか、世界のトップクラスと日本との差を改めて自覚させてくれた試合でした。

本田圭は、守備というタスクがあるとたちまちパッとしなくなってしまう。リケルメがいた頃のアルゼンチンみたく、割り切った『本田システム』にして一人二役やってくれるような、”こぼれた水をすくってくれるような”選手を置いてやらないと活きないらしい。ゴールを意識する姿勢は良いと思うし、攻撃的なプレイヤーとしても間違いなくスケールアップしていると思うけど、岡ちゃんのコンセプトでは浮いてしまう。使いどころが難しい。You Tubeの中のHONDAはあんなにも躍動しているというのに・・・。森本(カターニャ)もそんな感じがするなぁ。

|

« とりあえず連勝 | トップページ | 2009年9月9日に思いついた日本代表 »

コメント

flair
なるほど、そーですね。うかつに、日本はあれを90分続けたまえ!と思ってましたが、よくよく考えたらあんなハイペースでタフなサッカー、90分もつはずないのでありました。誰だって疲れます。疲れて当たり前です。
ペースを上げる時と下げる時のメリハリというか配分を上手に工夫した方がいいのかも知れませんね。あとは交代枠を利用するとか。
ということでワタシ的には②と③の合わせ技に一票☆

投稿: コリアンダー | 2009/09/08 01:24

コリアンダーさん
日本代表はペースを変えるのが下手ですよね。ていうか引き出しがひとつしかないからペース(戦い方)を変えようがないのかも。オシムさんの頃のアジアカップのような、じれったくなるくらいのポゼッションサッカーを思い出して、あれと岡ちゃんのプレッシングを90分の間で使い分けることができれば9持つんじゃないでしょうか。あとはサブをもっと信頼して欲しい、絶対的な駒でも交代させる決断力を見せて欲しいですね。

投稿: yamamo8 | 2009/09/08 18:22

ガーナ戦を見ていても思いましたが、本田を使うならもう一列前に上げてあげないと、本田を使う意味がないなぁという感じですね。ガーナ戦は4-4-2の右MFで途中出場でしたが、あれではゴールから遠すぎます、、、

投稿: ガッちゃん | 2009/09/09 22:25

ガッちゃん
基本的に本田支持派なのですが、擁護しようがないほどディフェンスはしないですからね。ただ、チャンスの時にゴール前に飛び込んでいく勢いは半端ない感じです。あの位置からでも、岡崎のゴールの時も稲本のゴールの時もしっかりとポジション取ってましたし。日本代表にはあのような、個性?を活かしてあげられるだけの余裕がないのが残念です。

投稿: yamamo8 | 2009/09/10 10:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/31257611

この記事へのトラックバック一覧です: オランダ戦 サッカーは90分:

« とりあえず連勝 | トップページ | 2009年9月9日に思いついた日本代表 »