« がんばれ八千代東高 | トップページ | ニッポンの夏休みの風景 »

2009/08/10

最後も「接戦」で

八千代東 2 - 3 西条

西条高校の県予選での爆発的な攻撃力や、マウンドに立つ先発秋山選手のガタイを見て(プロ野球のスカウトにも注目されていて”伊予ゴジラ”と呼ばれていることや、今年の春の選抜でPL学園と接戦を演じていたことは後で知りました)、下手したら一方的にやられちゃうかもなーとかネガティブなことばかり想像してしまいましたが、そんな不安を吹き飛ばしてくれる好ゲームを演じてくれました。セーフティ気味のスリーバントスクイズで先制したところはセンスの良さを感じましたし、3ベースヒットと犠牲フライでサクッと同点に追いついたところでは、なるほどチーム打率が低くてもこうやって点を取って勝ち上がってきたのだなと思わせてくれました。8回ウラ、2アウトから四球を足がかりに勝ち越し点を奪われてしまったのがイタかった。残念ながら初戦で敗退ということになってしまいましたが、八千代東は、代名詞?だった「接戦」に持ち込んだという点では自分たちの戦いが出来たのではないでしょうか。堂々とした戦いぶりだったと思います。お疲れ様でした。

|

« がんばれ八千代東高 | トップページ | ニッポンの夏休みの風景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/30899007

この記事へのトラックバック一覧です: 最後も「接戦」で:

« がんばれ八千代東高 | トップページ | ニッポンの夏休みの風景 »