« なんだったんだ?7DAYS | トップページ | ダヴィ・・・ »

2009/07/08

竹内彬がいる!

名古屋 2 - 1 G大阪

このゲームのMIP(MVPではなく)は何といっても竹内彬。戦前不安視された佐藤将との急造2CBが、G大阪の華麗なアタックを1失点で食い止めた功労者です。唯一のミスは失点シーン。佐藤が(結果的に間に合わなかったけど)レアンドロに併走してカバーに戻っていたから、一緒に下がるのではなく、躊躇しないでパスの出所(二川)を抑えに行くべきでした。そうすれば、仮にパスを出されたとしても、プレッシャーが掛かった状態になるから、芸術的なスルーパスをあそこまでピタリと合わされることにはならなかったと思います。とは言え、試合後のコメントでは「あの失点のおかげで逆に吹っ切れた」ということらしいので、サッカーというのは何がどう作用するのか分かりません。
後半になると、MFで落ち着く時間帯よりもお互いのゴール前での攻防が多い所謂”打ち合い”になったので、DFは大変だったと思います。さらに、例によって名古屋のMFは守備がユルユルなうえ、この試合では前線の3人(ダヴィ玉田マギヌン)が守備を放棄して攻撃に備えているように見えた(もっとも、その分カウンターの時のパスの受け手として有効に機能していた)ため皺寄せは最終ラインに来てしまうのですが、相棒佐藤とのコンビはズルズル下がるだけではなく時には前にプレシャーを掛けるなど冴えを見せ、最後のところでことごとくブロック。楢崎が「神」ならば竹内は「鬼」といった感じでした。レギュラーではないので「ディレイ・リトリートが最優先」というボスコのやり方(要求、約束事)に完全に染まりきってない分、臨機応変な対応が出来て(あるいはDFの本能?)、それが良い方向に転がったのかも知れません。

レアンドロとのルーズボールの競り合い最中のヒジ打ち(未遂)で両者イエローを貰ってみたり(スローで見ると限りなくクロに近かった。レッドが出なくて良かった・・・。)、思わぬところでドリブルでスルスルと攻撃参加してみたり、大きなサイドチェンジを決めてみたり、終了間際にはCKからあわや決勝Gとなるような鋭いヘディングシュートを飛ばしてみたり、守備以外でも色々と魅せてくれた竹内彬。この日のパフォーマンスは、レギュラー格のCB2人よりも2ランクは上だったと思います。褒めすぎか??

|

« なんだったんだ?7DAYS | トップページ | ダヴィ・・・ »

コメント

ジョンウのFaithと秋田のSoulを持った竹内は頼もしい!大人しいグランパスにはないタイプ。敵から見ても嫌な選手だろうし!サブなのが勿体ない。安定したパフォーマンスが出来たらレギュラーだ。

投稿: ジジイ | 2009/07/09 03:33

ジジイさん
G大阪戦の竹内は本当に頼もしかったですね。おとなしい選手が多い中、竹内のような、気持ちが伝わってくる思い切りの良いプレーが、今のグランパスに必要だと思います。

投稿: yamamo8 | 2009/07/10 12:34

はじめまして、がっとーりおです。
僕も、竹内の存在は大きいと感じています。
今の名古屋は守備が崩壊していると思うので、ディフェンス力、危機管理能力に長けた竹内を右サイドバックで起用してほしいです。
あるいは4バックにこだわらず、今の状況なら3バックでもいいんじゃないでしょうか?
3-4-3とか・・・。
正直、不安なんですよね、今の右サイドバックは・・・。

投稿: がっとーりお | 2009/07/22 02:20

がっとーりおさん
はじめまして。
田中隼磨は守備力よりも攻撃力を買われての起用だと思うのですが、思い切りの良い攻撃参加があまり見られませんね。いつも何か迷ってる感じがします。竹内は器用さはないけど、はっきりとしたプレーをするところがいいと思います。G大阪戦は頼もしい存在でした。

投稿: yamamo8 | 2009/07/23 01:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/30460518

この記事へのトラックバック一覧です: 竹内彬がいる!:

« なんだったんだ?7DAYS | トップページ | ダヴィ・・・ »