« 振り出しに戻る | トップページ | 酷いな・・・ »

2009/07/26

次は闘莉王のいる浦和に勝とう!

浦和 0 - 3 名古屋

・早い時間にサクッと先制し、苦しい時間帯をしのぎあっさりと追加点、そして試合を決定付けるダメ押しゴール。最後まで気を緩めず完封勝利(楢崎100試合完封おめでとう)。まるでどこかの試合巧者のような老獪な試合運び。毎回こんな風に勝てたら応援しているほうは楽なんだけど。

・ロングボール主体の攻撃が目立つ名古屋。このやり方を選択したのは、ケネディというターゲットが出来たこと、パスサッカーだと(残念ながら)浦和に分がありそうなことなどが原因か。でも「自分たちのサッカー」一辺倒ではなく、相手によってやり方を代えていく柔軟性を示せたことは悪くないと思います。

・ただ、もしもCBに闘莉王がいたらどうなっていただろうとか考えてしまいます。果たして同じ戦術を取ったのか?ケネディがあれだけやらせてもらえたかどうか?ピクシーが監督になってから浦和とはリーグ・カップ戦合わせて6試合(4勝1敗1分)やったけど、闘莉王がいた時は勝ててない。まだまだです。

・スコア的には楽だったけど、後半開始から名古屋が2点目を取るまでの時間帯はけっこう厳しかったです。運動量が低下して守備の圧力が前半よりも弱まってしまい、浦和に圧倒的に「持たれて」しまいました。ただ、浦和は「持ってる」けど短いパスが多かったり、手間を掛けすぎたりで、何とかしのぐことが出来ました。ポンテのFKのこぼれがエジミウソンの目の前に落ちたシーンと、原口にエジミウソンとのワンツーからインフロントで狙われたシーンはヒヤヒヤでしたが。シンプルで縦に速い攻めをされるとやっぱり怖い。FC東京みたく。

・ロングボールが多く少しアバウトな攻撃が目立ったけど、そんな中にも名古屋の良いところが出てきました。例えば、クロスが流れてしまっても逆サイで拾えること。それだけ前に人数が掛けられているということで、分厚い連続攻撃につながるわけです。昨シーズンもいい時は、左SB阿部のクロスのこぼれを右SB竹内が拾うなんていうシーンもありました。

・それと、前半40分過ぎの攻撃。

①自陣左サイドで浦和の攻撃をカット②増川→阿部→山口慶と展開していき、センターサークル付近で小川が受ける③小川は外をクロスオーバーする田中隼へタテパス④さらにその外を小川がクロスオーバー

その後田中隼は小川を囮にしてアーリークロス→ケネディが落とす→上がってきた山口慶のシュート(相手DFがブロック)につながるんだけど、スピード感のあるいい攻撃でした。

・ダヴィマネー炸裂で、季節外れの大型補強。にわかに業界の注目を集めつつある名古屋グランパス。「補強ポイントはそこじゃないって」なんていう意見もあありますが、この浦和戦くらいに実効性のあるプレーを普通にやってくれれば、CHを補強する必要なんて無いんだけど。

|

« 振り出しに戻る | トップページ | 酷いな・・・ »

コメント

やったね!おめでとうございます!
…いや、そんなに手放しで喜ぶのは脳天気すぎるかも知れませんが、翌日のローカル新聞はケネディのおかげ!とホメホメでしたよ~(^∀^)直接点にからんでない2点目の動きがよかったみたいです。
今季の名古屋は守備がよくないらしいですね…(汗)でもこの日は楢崎はあまり仕事がなかったらしいと書いてありました(祝・100完封!)。今後もこんな風に気持ちよく?勝てる試合が沢山あったらイイですね~~

投稿: コリアンダー | 2009/07/28 00:54

コリアンダーさん
ケネディ大統領就任以来、グランパスは最悪の時期から抜け出したようです。大きい割りに足元も上手で予想よりもやってくれそうです。浦和は闘莉王番長がいなかったせいか、とても淡白でした。
ナビスコカップ準々決勝2ndレグは、一時は勝てる気がしなかったFC東京に勝つことが出来ました。準決勝へは進めなかったけど、プロとしての意地は見せてくれたと思います。
モンテネグロ代表のブルザノビッチを獲得、浦和の三都主にもオファーを出すなど、フロントも本気モードになってきました。

投稿: yamamo8 | 2009/07/30 01:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/30710385

この記事へのトラックバック一覧です: 次は闘莉王のいる浦和に勝とう!:

« 振り出しに戻る | トップページ | 酷いな・・・ »