« ダヴィ・・・ | トップページ | 振り出しに戻る »

2009/07/14

屈辱のオーレ

FC東京 3 - 0 名古屋

・遠目から見ると平山相太とカボレの見分けがつかない時がありました。外見もそうだけど、しなやかなブラジル人と見間違えたということは、それだけ平山の動きがシャープでサッカー選手らしい身のこなしになっていたということだと思います。以前はもっと動きがモッサリとしていてサッカー選手らしくない選手というイメージがあったのですが。

・U23とか見ていても、梶山のどこがいいのかさっぱりわからなかったのですが、この試合の後半を見ていてようやく梶山の良さがわかりました。ボールをキープ出来る、パスを散らせる、スルーパスも出せる、良いレジスタです。名古屋の中盤が弱すぎなのかも知れませんが・・・。

・名古屋のプレスは動きがバラバラで常に空回り。「オーレ!」の掛け声とともにFC東京にいいようにパスを回される様は見ていて辛かったです。

・名古屋の選手は、ボールがこぼれてくる位置の「予測」や、こぼれてきた後のボールへの「反応」のセンスがない。遅い。だからいつもボールを後ろから追いかけていく感じ。ただでさえスピードで劣るのだから、相手よりも先に動いていかないと有利な状態は作れないと思いました。3人目、4人目の連動が全く失われているのも、予測や反応、それと必ずボールが来ると思える信頼関係が足りないからだと思います。

・同時に交代でピッチに入った名古屋の27番とFC東京の27番。とも攻撃に特徴を持ったテクニシャン、プロとしては体の線が細いという共通項を持っている二人がいきなり激しい競り合いを見せた場面で、高卒ルーキーの田邉草民にあっさりと弾き飛ばされてしまった花井聖を目の当たりにした時はショックでした。似てる者同士だけど、2年目の花井のほうにアドバンテージがあると思っていたので。シュート練習とか見ていても本当にキックは素晴らしいと思うし、テクニックもある。だけど、もっと激しさやがむしゃらさを出していかないとただの上手い選手で終わってしまう。その技術を試合で活かせるような方法を見つけ出して欲しいです。

・ダヴィは肝心なところで気性の激しさが悪い方向へ出てしまいました。交代を告げられてバックスタンド側からピッチを出たダヴィは、途中サポーター席に顔を向けることもなく、ベンチの誰とも挨拶を交わさないままロッカーのほうへ行ってしまいました。なんだか寂しい最後でした。

|

« ダヴィ・・・ | トップページ | 振り出しに戻る »

コメント

名古屋はスランプに陥っている感じですかねー、、、新加入のケネディが入ることによって何か活性化されればいいですが。
ちなみに、ガッちゃんは未だに梶山の良さが分かりません(笑)

投稿: ガッちゃん | 2009/07/15 21:03

ガッちゃん
スランプですねー。とにかくダヴィが抜けてヨンセンタイプのケネディが入るので、昨シーズンのやっていた事を出来るようになって欲しいところです。あとはラインを上げるか前線がしっかりと引くなどして全体をコンパクトにしないと。
梶山は「もっと出来るだろう」と思っちゃうんですよね。なんか楽してる感じがするというか。

投稿: yamamo8 | 2009/07/16 16:00

「なんか楽してる感じがする」っていうのは分かります(笑)

投稿: ガッちゃん | 2009/07/16 23:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/30534984

この記事へのトラックバック一覧です: 屈辱のオーレ:

« ダヴィ・・・ | トップページ | 振り出しに戻る »