« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009/07/26

次は闘莉王のいる浦和に勝とう!

浦和 0 - 3 名古屋

・早い時間にサクッと先制し、苦しい時間帯をしのぎあっさりと追加点、そして試合を決定付けるダメ押しゴール。最後まで気を緩めず完封勝利(楢崎100試合完封おめでとう)。まるでどこかの試合巧者のような老獪な試合運び。毎回こんな風に勝てたら応援しているほうは楽なんだけど。

・ロングボール主体の攻撃が目立つ名古屋。このやり方を選択したのは、ケネディというターゲットが出来たこと、パスサッカーだと(残念ながら)浦和に分がありそうなことなどが原因か。でも「自分たちのサッカー」一辺倒ではなく、相手によってやり方を代えていく柔軟性を示せたことは悪くないと思います。

・ただ、もしもCBに闘莉王がいたらどうなっていただろうとか考えてしまいます。果たして同じ戦術を取ったのか?ケネディがあれだけやらせてもらえたかどうか?ピクシーが監督になってから浦和とはリーグ・カップ戦合わせて6試合(4勝1敗1分)やったけど、闘莉王がいた時は勝ててない。まだまだです。

・スコア的には楽だったけど、後半開始から名古屋が2点目を取るまでの時間帯はけっこう厳しかったです。運動量が低下して守備の圧力が前半よりも弱まってしまい、浦和に圧倒的に「持たれて」しまいました。ただ、浦和は「持ってる」けど短いパスが多かったり、手間を掛けすぎたりで、何とかしのぐことが出来ました。ポンテのFKのこぼれがエジミウソンの目の前に落ちたシーンと、原口にエジミウソンとのワンツーからインフロントで狙われたシーンはヒヤヒヤでしたが。シンプルで縦に速い攻めをされるとやっぱり怖い。FC東京みたく。

・ロングボールが多く少しアバウトな攻撃が目立ったけど、そんな中にも名古屋の良いところが出てきました。例えば、クロスが流れてしまっても逆サイで拾えること。それだけ前に人数が掛けられているということで、分厚い連続攻撃につながるわけです。昨シーズンもいい時は、左SB阿部のクロスのこぼれを右SB竹内が拾うなんていうシーンもありました。

・それと、前半40分過ぎの攻撃。

①自陣左サイドで浦和の攻撃をカット②増川→阿部→山口慶と展開していき、センターサークル付近で小川が受ける③小川は外をクロスオーバーする田中隼へタテパス④さらにその外を小川がクロスオーバー

その後田中隼は小川を囮にしてアーリークロス→ケネディが落とす→上がってきた山口慶のシュート(相手DFがブロック)につながるんだけど、スピード感のあるいい攻撃でした。

・ダヴィマネー炸裂で、季節外れの大型補強。にわかに業界の注目を集めつつある名古屋グランパス。「補強ポイントはそこじゃないって」なんていう意見もあありますが、この浦和戦くらいに実効性のあるプレーを普通にやってくれれば、CHを補強する必要なんて無いんだけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/07/20

振り出しに戻る

名古屋 1 - 1 京都

ピクシーが1年間かけて仕込んできた「自分たちのサッカー」にリアルストライカー・ダヴィを取り込もうという壮大なる?実験は失敗に終わりました。そしてこの試合、勝利という結果を得ることは出来なかったけど、取りあえず昨シーズンのスタイルに戻れそうな感触は得ることが出来ました。戻れるスタイルがあること(&戻るための適切な補強(ケネディ獲得)がなされていたこと)は一見振り出しに戻ったようでもあるけど、名古屋グランパスというチーム全体として長い目で考えればある意味進歩だと考えてもいいと思います。

ただ、どのチームも立ち止まっているわけではなく前に進んでいるわけで、J1においては名古屋のスタイルというものも既に研究され尽くされた感も否めません(それを打開するためのダヴィ獲得でもあったわけですが・・・)。つまり、振り出しに戻ったからといって(昨シーズンのようなサッカーが出来るようになったとしても)簡単に勝ちが付いてくる保障は無いわけです。

何をすればいいのか?まずは、やれていたことを再び出来るようにすること。次にそこにオプションを加えていくこと。

<オプション例>

①フォーメーションの併用(442、433、4141)

②個のレベルアップ(田口、橋本など新戦力抜擢、ケネディ大爆発、吉田マヤCH起用)

③守備戦術の大幅な変更

④補強(FCソウルのFWダムヤノビッチ←イチオシ、あるいは韓国代表クラスのCH)

ディフェンスに関しては相変わらず危なっかしい。後半途中に入ってきたパウリーニョがFWとMFの間(名古屋泣き所であるバイタル付近)をフラフラしただけで、30分で4回ほどピンチに晒され、そのうちの1回を決められてしまいました。キマグレン石川直や浦和の原口あたりがいたらもっとやられていたかも知れません。

名古屋のディフェンスは楽をし過ぎだと思います。相手にプレスを掛けられると、自分で打開することをしないで簡単に楢崎へバックパス(5-1で惨敗したナビスコFC東京戦はバックパスが少なく感じられたけどGKが西村だったから?)。相手にドリブルで来られると間合いを詰めることをしないでズルズル下がるだけ。確かにチームの約束事なのかも知れないし、前にパスを出したくても味方が動いてない時もあるかも知れない。MFがザル過ぎるのかも知れない。でも、あのやり方を続けていると、ディフェンダーとしての個の能力は向上しないような気がしてなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/07/14

屈辱のオーレ

FC東京 3 - 0 名古屋

・遠目から見ると平山相太とカボレの見分けがつかない時がありました。外見もそうだけど、しなやかなブラジル人と見間違えたということは、それだけ平山の動きがシャープでサッカー選手らしい身のこなしになっていたということだと思います。以前はもっと動きがモッサリとしていてサッカー選手らしくない選手というイメージがあったのですが。

・U23とか見ていても、梶山のどこがいいのかさっぱりわからなかったのですが、この試合の後半を見ていてようやく梶山の良さがわかりました。ボールをキープ出来る、パスを散らせる、スルーパスも出せる、良いレジスタです。名古屋の中盤が弱すぎなのかも知れませんが・・・。

・名古屋のプレスは動きがバラバラで常に空回り。「オーレ!」の掛け声とともにFC東京にいいようにパスを回される様は見ていて辛かったです。

・名古屋の選手は、ボールがこぼれてくる位置の「予測」や、こぼれてきた後のボールへの「反応」のセンスがない。遅い。だからいつもボールを後ろから追いかけていく感じ。ただでさえスピードで劣るのだから、相手よりも先に動いていかないと有利な状態は作れないと思いました。3人目、4人目の連動が全く失われているのも、予測や反応、それと必ずボールが来ると思える信頼関係が足りないからだと思います。

・同時に交代でピッチに入った名古屋の27番とFC東京の27番。とも攻撃に特徴を持ったテクニシャン、プロとしては体の線が細いという共通項を持っている二人がいきなり激しい競り合いを見せた場面で、高卒ルーキーの田邉草民にあっさりと弾き飛ばされてしまった花井聖を目の当たりにした時はショックでした。似てる者同士だけど、2年目の花井のほうにアドバンテージがあると思っていたので。シュート練習とか見ていても本当にキックは素晴らしいと思うし、テクニックもある。だけど、もっと激しさやがむしゃらさを出していかないとただの上手い選手で終わってしまう。その技術を試合で活かせるような方法を見つけ出して欲しいです。

・ダヴィは肝心なところで気性の激しさが悪い方向へ出てしまいました。交代を告げられてバックスタンド側からピッチを出たダヴィは、途中サポーター席に顔を向けることもなく、ベンチの誰とも挨拶を交わさないままロッカーのほうへ行ってしまいました。なんだか寂しい最後でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/07/10

ダヴィ・・・

強奪されるとしたらレアンドロだとばかり思っていたのですが・・・。ダヴィがカタールリーグへ移籍することが決定してしまいました。残って欲しかったけど、プロのサッカー選手の選択だから、こういうことも受け入れないといけないんですね。でも裏切られたという気はしないです。何とも憎みきれない感じです。

ここまでリーグ戦で10ゴール決めているけど、利き足である左足でのゴールはPKでの2ゴールだけというのは意外です。あとは右足かヘッド。充分な体勢で得意の左足から放たれる豪快なシュートが相手ゴールネットに突き刺さるシーンを見たいです。あと12日にイエロー貰っちゃうと累積で18日の京都戦出られなくなっちゃうから、あまり感情を出し過ぎないでクールに燃えて欲しいです。最後まで応援するよ、ダヴィ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/07/08

竹内彬がいる!

名古屋 2 - 1 G大阪

このゲームのMIP(MVPではなく)は何といっても竹内彬。戦前不安視された佐藤将との急造2CBが、G大阪の華麗なアタックを1失点で食い止めた功労者です。唯一のミスは失点シーン。佐藤が(結果的に間に合わなかったけど)レアンドロに併走してカバーに戻っていたから、一緒に下がるのではなく、躊躇しないでパスの出所(二川)を抑えに行くべきでした。そうすれば、仮にパスを出されたとしても、プレッシャーが掛かった状態になるから、芸術的なスルーパスをあそこまでピタリと合わされることにはならなかったと思います。とは言え、試合後のコメントでは「あの失点のおかげで逆に吹っ切れた」ということらしいので、サッカーというのは何がどう作用するのか分かりません。
後半になると、MFで落ち着く時間帯よりもお互いのゴール前での攻防が多い所謂”打ち合い”になったので、DFは大変だったと思います。さらに、例によって名古屋のMFは守備がユルユルなうえ、この試合では前線の3人(ダヴィ玉田マギヌン)が守備を放棄して攻撃に備えているように見えた(もっとも、その分カウンターの時のパスの受け手として有効に機能していた)ため皺寄せは最終ラインに来てしまうのですが、相棒佐藤とのコンビはズルズル下がるだけではなく時には前にプレシャーを掛けるなど冴えを見せ、最後のところでことごとくブロック。楢崎が「神」ならば竹内は「鬼」といった感じでした。レギュラーではないので「ディレイ・リトリートが最優先」というボスコのやり方(要求、約束事)に完全に染まりきってない分、臨機応変な対応が出来て(あるいはDFの本能?)、それが良い方向に転がったのかも知れません。

レアンドロとのルーズボールの競り合い最中のヒジ打ち(未遂)で両者イエローを貰ってみたり(スローで見ると限りなくクロに近かった。レッドが出なくて良かった・・・。)、思わぬところでドリブルでスルスルと攻撃参加してみたり、大きなサイドチェンジを決めてみたり、終了間際にはCKからあわや決勝Gとなるような鋭いヘディングシュートを飛ばしてみたり、守備以外でも色々と魅せてくれた竹内彬。この日のパフォーマンスは、レギュラー格のCB2人よりも2ランクは上だったと思います。褒めすぎか??

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/07/04

なんだったんだ?7DAYS

6月27日(土)

会社のサッカー部で朝からフットサルの大会に参加。3敗1分(0得点6失点)でグループリーグ最下位。夜になって発熱、頭痛、腹痛、寒気、吐き気を催す。熱中症の影響?夕方食べたユッケビビンバが中った?インフルエンザ?熱は下がったのでそのまま寝る。

6月28日(日)

微熱、頭痛、腹痛、吐き気が治まらず食欲も湧かない。下痢ではないけど、腹部全体が圧迫されるような痛み。食事はメロンとお粥を少し。朦朧としつつスカパーで新潟戦。立ち上がりは新潟を圧倒するものの、ペドロ・ジュニオールの最初のアタックに手も足も出せずにあっさりと失点。不可解なジャッジで玉田のゴールを取り消され、マギヌンは早々と退場させられてしまう。その後は心身ともに見てるのが辛い状況に。

6月29日(月)

頭痛、吐き気は治まってきたけど腹痛、微熱が続く。会社を休んで病院へ。風邪らしい。最近の風邪はお腹(胃腸)にくる例が多いとのこと。この日もお粥を少し食べて安静に。

6月30日(火)

腹痛、微熱が続くものの出社。体がだるい。

7月1日(水)

症状は良くも悪くもならないものの普通に出社。普段なら間食したくなるような時間帯でもあまり固形物を食べる気がしない。”バナナ豆乳”的なものが最近のお気に入り。鹿島戦は録画してあるけど、見たら名古屋のことが嫌いになりそうなのでまだ見ていない。もうリーグ優勝なんてことは言えないけど、5位のG大阪との勝ち点差はまだ4。悲観することはないとも言える。ただ、やり方(意識、戦術、メンバー)は少し変えたほうがいいと思った。

7月2日(木)

久しぶりに固いごはんを食べたら、また少し気分が悪くなってしまった。ガストでコーヒー飲みながら3時間くらい打ち合わせしていたのも悪かったか。まだ完璧には治っていないみたい。

7月3日(金)

腹痛に吐き気がぶり返してしまった。けど、昼は普通の弁当を食べる。薬も昨日までは飲んでいたけどこの日は敢えてやめてみた。夜は9時過ぎまで残業。仕事が終わった時は辛くて泣きそうだったけど、家に戻ったら気分はスッキリしていた。何でしょう?結局

「病は気から」

ってこと?

モヤモヤしていた1週間が終わり、今は元気です。明日は、しっかりと名古屋グランパス応援出来そうです。

そういえば高校生の頃、いまみちともたか(g)に似てるなんて言われていたっけなぁ・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »