« 屈辱のオーレ | トップページ | 次は闘莉王のいる浦和に勝とう! »

2009/07/20

振り出しに戻る

名古屋 1 - 1 京都

ピクシーが1年間かけて仕込んできた「自分たちのサッカー」にリアルストライカー・ダヴィを取り込もうという壮大なる?実験は失敗に終わりました。そしてこの試合、勝利という結果を得ることは出来なかったけど、取りあえず昨シーズンのスタイルに戻れそうな感触は得ることが出来ました。戻れるスタイルがあること(&戻るための適切な補強(ケネディ獲得)がなされていたこと)は一見振り出しに戻ったようでもあるけど、名古屋グランパスというチーム全体として長い目で考えればある意味進歩だと考えてもいいと思います。

ただ、どのチームも立ち止まっているわけではなく前に進んでいるわけで、J1においては名古屋のスタイルというものも既に研究され尽くされた感も否めません(それを打開するためのダヴィ獲得でもあったわけですが・・・)。つまり、振り出しに戻ったからといって(昨シーズンのようなサッカーが出来るようになったとしても)簡単に勝ちが付いてくる保障は無いわけです。

何をすればいいのか?まずは、やれていたことを再び出来るようにすること。次にそこにオプションを加えていくこと。

<オプション例>

①フォーメーションの併用(442、433、4141)

②個のレベルアップ(田口、橋本など新戦力抜擢、ケネディ大爆発、吉田マヤCH起用)

③守備戦術の大幅な変更

④補強(FCソウルのFWダムヤノビッチ←イチオシ、あるいは韓国代表クラスのCH)

ディフェンスに関しては相変わらず危なっかしい。後半途中に入ってきたパウリーニョがFWとMFの間(名古屋泣き所であるバイタル付近)をフラフラしただけで、30分で4回ほどピンチに晒され、そのうちの1回を決められてしまいました。キマグレン石川直や浦和の原口あたりがいたらもっとやられていたかも知れません。

名古屋のディフェンスは楽をし過ぎだと思います。相手にプレスを掛けられると、自分で打開することをしないで簡単に楢崎へバックパス(5-1で惨敗したナビスコFC東京戦はバックパスが少なく感じられたけどGKが西村だったから?)。相手にドリブルで来られると間合いを詰めることをしないでズルズル下がるだけ。確かにチームの約束事なのかも知れないし、前にパスを出したくても味方が動いてない時もあるかも知れない。MFがザル過ぎるのかも知れない。でも、あのやり方を続けていると、ディフェンダーとしての個の能力は向上しないような気がしてなりません。

|

« 屈辱のオーレ | トップページ | 次は闘莉王のいる浦和に勝とう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/30629389

この記事へのトラックバック一覧です: 振り出しに戻る:

« 屈辱のオーレ | トップページ | 次は闘莉王のいる浦和に勝とう! »