« タシケントの○○ | トップページ | 休み明けは走らないタイプ »

2009/06/10

「グラン・トリノ」

Img1_1234142851

いい映画だったなぁ・・・。

かつて朝鮮戦争に従軍したウォルト・コワルスキーは、戦時中に十数人の朝鮮人を殺したことがいまだに辛い思い出として心に残っている。頑固で偏屈な老人で、気に入らないことがあると「ぐうぅぅぅぅ~」とうなり声を上げ(最初、客席の誰かがイビキをかいてるのかと思った)、唾を吐き、口を開けば罵声や差別用語はアタリマエ。何かトラブルが起こるとライフルを持ち出して相手を威嚇。最愛の妻に先立たれてしまい(映画は妻のお葬式のシーンから始まる)、二人の息子とその家族からは煙たがられていて孤立。楽しみは愛犬デイジーの世話、近所のイタリア系の床屋との悪態の突き合い(これが大いに笑える)、そしてかつてフォードに勤めていた時に自分でステアリングを取り付けたという愛車「グラン・トリノ」を眺めながらビールを飲むこと。そんなウォルトが、隣の家に引っ越してきたモン族の家族と、ちょっとしたきっかけから交流を深めていく(お婆さんとはなかなかウマが合わなかったようだが)。内向的で引っ込み思案な次男坊タオ(姉のスーに言われて炊事や庭の草むしりといった”女性の仕事”ばかりやっている)を一人前の男に導いていくことに喜びを感じ始めるウォルトは、やがて自分自身も変わり始める。ところが、タオの身内(不良グループのリーダー格である従兄)とのトラブルに中途半端に介入したことがきっかけでストーリーは急展開を見せる。そしてウォルトは、ケリをつけるためにある決断をする・・・。

イーストウッド演じる偏屈じいさん(ウォルト)のキャラがとても深くて強烈。彼の行動や言葉は見ていて全く飽きがこない愛すべき存在でした。。他愛もないことなんだけど、ひとつひとつの出来事が丁寧に積み重なっていき、ウォルトとタオ・スー一家との交流が深まっていく様子がとても自然に描かれていました。タオがガールフレンドと初めてのデートにバスで出かけようとしていた時に、ウォルトが自分のグラン・トリノを貸し与えるシーンは心が和みました。ウォルトの、タオに対する信頼というか、ひとりの男として成長している姿が嬉しかったんだと思いました。「ベスト・キッド」(古っ)でミヤギ老人がダニエルにカラテの修行のためにワックス掛けをさせていたクルマをプレゼントしたシーンを思い出しました。このあたりまでは、ほのぼの系ヒューマンドラマなのかと思っていましたが、序盤からチラチラ登場していたタオの従兄率いる不良グループの存在は、やがてスルーする訳にはいかなくなるほど大きくなり、途中から話の雰囲気がガラっと変わります。これは、女性ボクサーのサクセスストーリーから思いもよらない展開を見せた「ミリオンダラー・ベイビー」を思い起こさせます(まだ見てないけど「チェンジリング」もそうみたい)。

ググッと感動させられるエンディングなのですが、最後の最後までウォルトの口の悪さが色々な形で表現されることがいいスパイスとなっていて、泣きながらも思わずニヤリとしてしまう不思議な余韻の残る作品です。エンドロールが終わっても、観客が誰一人席を立つことが無かったなんて初めての経験でした。他の観客もみんな同じように余韻を味わっていたのだと思います。本当にいい映画でした。

|

« タシケントの○○ | トップページ | 休み明けは走らないタイプ »

コメント

感想レポありがとうございます。気になってたんですよ~
「ミリオンダラー・ベイビー」は号泣しました。イーストウッド監督は、声高に訴えることなく、人間の尊厳や人生の美しさとか描くのが本当に上手いんだよなぁ、と思いました。
やっぱりこれは映画館で見た方がよさそうですね。サボってないで行かなくちゃ(「レディースデー」に…←ケチ)。

投稿: コリアンダー | 2009/06/16 18:24

コリアンダーさん
いい映画でしたよ。
話は変に盛り上がったりすることもなく淡々と進んでいくのですが、ウォルト(イーストウッド)を見ているだけで楽しくそして哀しかったです。

投稿: yamamo8 | 2009/06/18 11:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/29436353

この記事へのトラックバック一覧です: 「グラン・トリノ」:

« タシケントの○○ | トップページ | 休み明けは走らないタイプ »