« 「グラン・トリノ」 | トップページ | ACL8強! »

2009/06/21

休み明けは走らないタイプ

名古屋 0 - 1 千葉

それほど悪いわけでもないけど、決して良いとは言えない微妙な試合でした。休養たっぷり、ミニキャンプまでしてリーグ再開に照準を合わせてきたはずなのですが、競馬で言えば「叩いて良くなるタイプ」なのかチームの出来は中断前とそれほど変わらず。シュートの意識だけは向上していたみたいだけど、そのシュートはあまりに素直すぎて、前半の2本(右サイドからのクロスが抜けてきたところを津田がフリーで拾ってボレー、津田が左サイドをドリブルでえぐってマイナスに折り返し→ダヴィが左足で狙うもダフる)以外は、あまり入る予感がしませんでした。ゴール近くでもうひとひねり(変化)が欲しい。今さらだけど、名古屋って「ここでそうくるか!」みたいな気の利いたプレーが出来るタイプが少ない。相手は怖さがないんじゃないかな。こんな時は個の力で打開して勝利を拾いたいところだけど、その象徴であるダヴィは気ばっかり焦ってるみたいで集中力に欠け雑なプレーが目立ちました。あれだったら代えられても文句は言えないんだけど、やっぱり何かやってくれるんじゃないかという期待から代えられない。罪な選手です。セットプレーの時の中村直志のキックがけっこう良かったのと、橋本晃司が使えそうな感じがしたのが収穫です。それと、豪州代表ケネディの名古屋入りが正式に決まりました。ご存知のように彼は一人でフィニッシュまで行けるタイプではない。ヨンセンよりも器用ではなさそうだけど、ポストはしっかりやってくれると思うので、周囲がしっかりサポートについてあげて上手く機能させて欲しいです。中盤に構成力がないため、トップのポジションながらも下がってきてボールをさばいてリズム(変化)を作ることが多かった玉田は、この際だから最初から2列目で。サイドでもいいけど、センターで吉村と縦に並べるというのは少し無謀でしょうか・・・。

|

« 「グラン・トリノ」 | トップページ | ACL8強! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/30215764

この記事へのトラックバック一覧です: 休み明けは走らないタイプ:

« 「グラン・トリノ」 | トップページ | ACL8強! »