« ゼロゼロ | トップページ | 浦和の監督がすごくいい事言ってる »

2009/05/04

名古屋グランパスはなぜシュートを打たないのか?

京都 0 - 1 名古屋

個人的に昨シーズンのベストゲームのひとつだと思っているホーム大分戦(2-1で勝利)。あの試合、前半は最高の出来で後半もそれなりにゲームを支配していたわりにシュートわずか4本と聞いて軽く驚いたものだったけど、今回はそれを上回る(下回る)シュート2本。言い換えればシュート決定率50%。ていうかダヴィのヘディングシュート以外のシュートシーンが思い出せない・・・。

ディフェンスから中盤までは実にスムーズにボールが動いていて、確かにゲームをコントロールしていたとは思うけど、フィニッシュを担う選手たち、特にダヴィ、杉本、小川あたりがボールを失い過ぎた印象が強いです。あと、強引にシュートを打っても良さそうな場面でも一旦サイドに展開してしまい、そこで時間が掛かってしまったり、クロスが中と合わなかったりというのも多かったです。ワンタッチプレーが少ないので相手DFを剥がせないというのもシュートを打ち切れない理由のひとつかも知れません。後半の2度のカウンターは惜しかったです。左から抜け出したダヴィは、PA内で相手をかわそうとしたところで滑って転んでしまい、右から抜け出してきた杉本は、数日前にアゴを負傷したばかりとは思えない京都GK水谷の勇気ある飛び出しに阻まれてしまい、いずれもシュートまでいけませんでした。

前半、ダヴィが強引にPA内に割って入っていき、相手DFが4人くらい引きずられて名古屋の選手がPA内で二人どフリーになっているなんてシーンがあったけど、ダヴィと周りとの連携がもっと良くなっていけば決定的なチャンスも増えていくでしょう。

吉田、増川が高い位置で前に出てインターセプトするなりヘディングで跳ね返すようなシーンが目立ちました。ピクシー体制になってからの名古屋グランパスといえば、DFラインが深めで、結果バイタル付近がポッカリと空いてしまうという大きな弱点が指摘されていて、それをカバーするために最近では4141的にしてアンカーを置くような布陣にしたりしていたけど、この日はアンカーを置かない4231で2にはなんと山口慶、福島新太という超軽量チビッココンビを起用。それでも、今までのようにバイタルが空いてしまうという悪癖があまり気にならなかったのは、両CMFがスペースを埋めるべく献身的に動き回ったといのもあるけど、それよりも両CBの前に出ようという意識の変化(それとも戦術の変化?)が大きいかったと思います。京都の出来の悪さにも助けられたけど。

それにしても、かつてあれだけハラハラさせてくれた増川も、今やすっかりファンタジーを封印してDFラインのパス回しに平然と加わっている。下手するとドリブルで持ち上がっていってあわよくばのシーンを作りだすようにまでなるとは・・・。昨シーズン1年間レギュラーを張ってきた経験が活きているのでしょう。って褒めすぎ?

初スタメンの福島新太は良かったと思いす。ディエゴとバトルになることが多く(狙われていた?)、時にボールを失ってしまうこともあったけど、攻守のつなぎ役として利いていました。スカパーの解説者も「相手にとって嫌なポジションでボールを受けて、しっかりと前を向いてさばいている」みたいなことを言って褒めてました。福島が退いてから名古屋のリズムが少し悪くなったというのは気のせいでしょうか。まぁ、京都が無理攻めをしてきたからというのもあるでしょうけど。エルゴラによると足が攣ってしまったみたいです。もっとフィジカルを鍛えて、中村直志に負けないハードワーカーになって欲しいです。

田口もJデビューです。入った直後は地に足が着いてないような感じでしたが、徐々に落ち着いていき無難なプレー。伸びかけの坊主アタマが新鮮です。次はもう少しやりたいことにチャレンジしたらいいと思います。

|

« ゼロゼロ | トップページ | 浦和の監督がすごくいい事言ってる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/29433503

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋グランパスはなぜシュートを打たないのか?:

« ゼロゼロ | トップページ | 浦和の監督がすごくいい事言ってる »