« そのためのダヴィ | トップページ | 未知の領域ACL③ »

2009/04/22

2009プリンスリーグU18関東2部 武南×八千代

NACK5スタジアムへ、プリンスリーグ関東2部の第2節、武南×八千代の試合を見に行ってきました。ここのスタジアムは、前日行った日立台と一緒でピッチまでの距離が近く、選手たちの表情まではっきりと分かるので見ていてとても楽しいです。

Imgp1607_2

八千代のスタメンは

     15大和久  10石川       

8朝木   6黒氏    7長澤   9伊藤

2宇田川 4青木  3山本  13中谷

                   17永村

この日の八千代は苦しい戦いでした。4-0というスコアほど差はなかったと思います。前半の45分のうち、八千代がペースをつかんでいたのが10~15分くらい。残りの30~35分は武南がいい感じでサッカーをやってました。武南は2トップの9番、11番と2列目の7番、8番、13番のオフザボールの動きが巧みで、八千代のDFとMFのラインの間やウラでフリーになってボールを受けるのがうまかったです。さらにルーズボールへの反応、必ず一人は抜いていくドリブル、2列目からの思い切りの良い飛び出しなどで、八千代の守備はいつも後手後手に廻っている印象でした。八千代の攻撃の中心である7長澤は、1ボランチの14番にうまく対応されてあまりいいところが見られません。武南のシュートミスや八千代の両CB、特に4青木の驚異的なプレーがなかったら2、3点取られていてもおかしくなかったと思います。もっとも、八千代のほうにも左サイドを崩して2度の決定機がありましたが。

そんな前半をしのぐと、後半開始早々ラッキーな形で先制ゴールが生まれます。八千代の縦パスを武南DFが一旦マイボールにしたのですが、そのボール処理が若干緩慢になったところにすかさず8朝木がチェック。10石川も寄せていき、こぼれたボールをPA内左45℃あたりから石川が冷静にファーサイドへコントロールシュート。後半が始まる前に、スタンドの父兄から「誠也~、点取れよ~!」と発破をかけられていたのですが、見事に応えました。

これで楽になった八千代は、GK永村の素早い切り替えからの正確なパントキックを、右サイドに張っていた15大和久が胸トラップからキープして中央に上がってきた長澤へ。この時は武南の中盤が空いてしまっていて長澤は左のスペースを狙っていた石川へ楽々とスルーパス。石川は、1点目と同じような位置から同じようにファーサイドへコントロールしたシュートで突き放します。

その後は、中央の長澤からパスを受けた朝木のクロスが逆サイまで流れたところを石川が粘ってマイボールにすると、右サイドを深くえぐってセンタリング。中央で待ち構えていた15大和久がきれいに合わせ3点目。左サイドを抜け出した2宇田川のクロスをファーサイドでフリーだった大和久が打点の高いヘディングでうまくGKの動きの逆をついて4点目。

後半は、一方的に押し込んだという印象はないのですが、守るところはしっかりと守り(前半に比べると危ない場面は少なかった)、マイボールの時はきっちりと攻め切りることが出来ていて、さらには途中で武南の8番の選手が2度目のイエローで退場になってしまったこともあって、うまくゲームをコントロールすることが出来ました。

|

« そのためのダヴィ | トップページ | 未知の領域ACL③ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/29199630

この記事へのトラックバック一覧です: 2009プリンスリーグU18関東2部 武南×八千代:

» JFAプリンスリーグU-18 2009 [高校・ユースサッカーブログ(スポーツナビ編集部)]
■JFAプリンスリーグU-18 2009に関するご意見・試合の感想などを、コメント・トラックバックで大募集! トラックバックをすると、スポーツナビのJFAプリンスリーグU-18 2009ページに、あなたのエントリータイトルが表示されます。 ■北海道   5/3~7/19 (高円宮杯出場枠 1チーム) ■東北   4/18~7/11 (高円宮杯出場枠 1チーム) ■関東   4/5~7/12 (高円宮杯出場枠 7チーム) ■北信越   4/5~7/12 (高円宮杯出場枠 1チーム) ■東海   4/... [続きを読む]

受信: 2009/04/23 17:15

« そのためのダヴィ | トップページ | 未知の領域ACL③ »