« 過密スケジュール | トップページ | 未知の領域ACL② »

2009/04/06

良くも悪くもブレてない

川崎 3 - 1 名古屋

名古屋の先制ゴールはとてもかっこよかったです。特に小川の電光石火の二人抜きドリブルからの高速クロス。小川がこれくらいのことを当たり前に出来るようになったら怖いもんなしだな。
川崎のストロングポイントやそれをどのように封じればいいのかは、事前にいくらでも提示されてきていたのにも関わらず、ピクシーが選んだのは「「自分たちのやり方」を貫くこと。ブレてない。
特に前半の名古屋は、1試合平均20本以上シュートをぶっ放す(ここまでリーグでダントツのトップ)川崎に対して一歩も引かずに攻撃的な姿勢を見せていました。ただ、自分たちのやり方を貫いてなおかつ川崎を上回るには正確性が足りなかった。そして運も。「不運な」失点でリードを許すことになってしまい、川崎にとってはさらに願ってもない試合展開になってしまいました。

この試合で一番印象に残っている(気になった)のは、前半9分にヴィトール・ジュニオールにシュートを打たれた場面。
①GKに戻ってきたボールを楢崎がクリア。
②これがセンターサークル付近にいた憲剛へ渡ってしまい、憲剛はライナー性で浮いている難しいボールだったにもかかわらず、サクッとワンタッチで中央のジュニーニョへ縦パス(こんなセンターハーフが欲しい・・・)。
③ジュニーニョはバイタル付近でフリーのVJへさらに縦パス。
④VJがシュート→楢崎がキャッチ
この時、(無抵抗なままVJまでつながれてしまった中盤のスカスカぶりば置いといて)シュート体勢に入ったVJに対して増川、麻也が寄せていったのですが、麻也は途中で寄せるのを止め、ボールから離れるような動きをしたんですね。後で見直したら、ジュニーニョがVJからリターンを受けるべくPA内に走りこんでいたので、それをカバーしようとしたようです。その意図はわかったけど、
見ていて物足りないプレーに思えたことも否めません。ディフェンダーとしては、あそこは本能的に前に出てシュートをブロックしに行くべきものなんじゃないかなぁと。前に出ればシュートコースも狭く出来ただろうし、仮にジュニーニョへのスルーパスへ移行しようとしたとしても、プレーが細かくなり過ぎてミスを誘うことが出来たんじゃないかと。
ピクシー=ボスコ体制になってからの名古屋の守備戦術は、基本リトリート(ディレイ?)。増川が川崎戦後のインタビューで言ってたけど「(自分たちの)前からシュートを打たれても問題ない」のだそうです。それよりも「ウラを取られてはいかん」というのが優先事項になっている。だから、ジュニーニョにウラを取られることをケアした(ようにも見える)麻也のあのプレーは戦術的にはOKだったのかも知れません。一応増川がVJに寄せはていたし(間に合ってなかったけど)、シュートを打たれたものの、麻也が空けてしまったシュートコースは楢崎がしっかりと押さえていたから、結果シュートはほぼ正面だったし。あのような緊急時にもチーム戦術を遂行出来た麻也の冷静さは、ある意味褒められていいことなのかも知れません。でも、あのシーンをパッと見ただけだとやっぱりボールから逃げてるように見える。シュートを打てるのに打たないでパスばっか狙ってる某国代表の攻撃時の光景がふっと頭に浮かびます。あのようなプレーや判断基準・思考回路が身についてしまうと、例えば代表とかに呼ばれた時に苦労するんじゃないかな?と心配になってしまいます。
ただ、繰り返すけど、それが今の名古屋の守備の戦術、そして戦術のミスは許されないもの(ピクシー談)でもあるのです。

守備にしても攻撃にしても、どんな相手に対しても合わせることをしないでとにかく自分たちのやり方を貫いていくという姿勢が見事なまでにブレてない今の名古屋(交代カードの序列もブレがない・・・)。川崎戦は、ニュートラルな立場で見ている人たちにはけっこうウケが良かったみたい。曰く「エンターテインメント性がある」「ちゃんとサッカーをやっている」など。でも、これを続けていきながら結果も伴うようにするには、もはや個々の能力を上げること、ひとつひとつのプレーの精度を上げていくことしかないのかも知れません。

|

« 過密スケジュール | トップページ | 未知の領域ACL② »

コメント

またもながら見で、渋柿隊になった直志がどんなんか見そこなってしまいますた…
1得点目の小川は素晴らしかったですねー!(^∀^)もうちょっとで、そのまま話が終われば、「見た見た?」というところでしたけど、その後がトホホなことになってしまいました。
う~む、でも、ブレてないからOKなのですね。なるほど…
自分たちはこう行くのだ、と徹底してるチームはステキですね。監督から選手まで皆が一丸となって貫き通せば、きっと結果は見える…はず…。い~な~(←独り言)
あとは怪我に気をつけることと、過密日程による疲労をうまくコントロールしないと、ですかね?

投稿: コリアンダー | 2009/04/06 21:24

皆を信じるだけさー! だろ!?

投稿: | 2009/04/07 00:58

コリアンダーさん
長い目で見れば、ブレないで「自分たちのやり方」を貫くというのはいいと思うのですが、目先のことを考えると、その大枠の中にもう少しアレンジを加えて欲しいなというのが正直な気持ちです。

でも・・・

皆を信じるだけさー!だろ!?

おっしゃる通りです。

投稿: yamamo8 | 2009/04/08 01:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/28989929

この記事へのトラックバック一覧です: 良くも悪くもブレてない:

« 過密スケジュール | トップページ | 未知の領域ACL② »