« 七色のディフェンスライン | トップページ | 記念すべきACL初勝利! »

2009/03/08

大変なものを見た

名古屋 3 - 2 大分

開幕ゲームの前半45分をウォーミングアップに使うとは・・・。さすが、1990年イタリアW杯グループリーグの初戦(西ドイツ戦)を捨てゲームにした?オシムさんの教え子なだけのことはある。

ボールホルダーに複数でチェックにいっても楽にかわされるから、大分に面白いようにパスを回されて、なぜかポッカリと空いてしまう左サイドに展開されると、大分の右WH高橋がフリーで楽々とクロス、みたいなことが度々ありました。そしてそのうちの1回を金崎の先制ゴールに結びつけられてしまうわけです。昨シーズンから頻繁に見られたけど、相手に前を向かれてドリブルで来られた時の中途半端なリトリート?も怖い。楢崎が開幕に間に合ってくれて本当に助かりました。

攻撃でも、球際で競り勝てず、自陣からハーフウェーラインあたりでの単純なパスミスが多く、十八番のサイド攻撃も迫力不足。ピクシーは「戦術的なミスはダメ。技術的なミスはしょうがない。」と言ってるらしいけど、あれだけ技術的なミスが多いとサッカーにならないです。カウンターで2度決定機を作ったけど、大分ペースの前半でした。

昨シーズンの名古屋だったら、このような試合展開に嵌るとそのままズルズルと行ってしまうか、精度の低いパワープレーに頼らざるを得なくなってしまっていたのですが、今年はダヴィという「飛び道具」がありました。まさに「個のチカラ」で同点ゴールを決めてくれました。今までの名古屋ではありえないパターンのゴールだと思います。

これで勢いが出てくると、マギヌン→直志→玉田とつながる見事なカウンターで逆転。ニアに玉田、ファーにダヴィ、マイナス気味に小川が入っていた、つまりしっかりと人数をかけていたところも素晴らしかったです。

そしてダメ押しは高橋の一発レッド(怒りたくなる気持ちは分かるよ・・・)じゃなくて再びダヴィ。アシストの玉田は、意識的に相手DFと競争させるようなスペースへパスを出してました。あれをゴールに変えてくれるダヴィは凄い。そして、ダヴィがゴールを決める時は必ず相手が一人ひっくり返ってるところもまた凄い。

思ったのは、ダヴィの独力突破というのは、あくまでもオプションのひとつであって欲しいということ。フィニッシャーとしてダヴィを意識するのは悪いことではないけど、あまりこれに頼りすぎて欲しくない。せっかく、昨シーズン1年かけて作りあげた名古屋のサッカー -みんなが連動してピッチをワイドに使ってパスをつなぎ、特定の誰かに頼らなくても誰もがフィニッシュにいけるみたいな- があるのだから、それを貫いて欲しい。

ロスタイム、カウンターから田中隼磨が左足でシュートを打ったシーンがあったけど、あの苦しい時間帯に平気な顔であそこに顔を出してくるなんて、本人もセールスポイントにしていたけど、その運動量は半端ないなと思いました

|

« 七色のディフェンスライン | トップページ | 記念すべきACL初勝利! »

コメント

始まりましたねー!
ありがたいことに、ワタシはウォーミングアップだった(笑)前半は見ておらず、ノリノリの後半だけ(しかも家事しながらワンセグでながら見)でしたので、脳天気に楽しんじゃいました。
はっはははは☆そうそう、もれなく誰かが転んでましたよねー(^□^)
そうですダヴィは早速惚れさせてくれましたが、一人の選手に頼りすぎるのはよくないですよね(諸事情により痛感中)。チーム力で勝利して欲しいですね~ついでに直志も1本ぐらいは決めてくれい。
今年はACLもありますし、体力的な面とかいろいろ厳しいシーズンになりそうですが、上位チームだけに許された挑戦ですので、名誉だと思っていい経験をして欲しいです。これを何度も乗り切るうちに、常勝強豪チームとして成長出来るんではないかと思います。がむばれ~~

投稿: コリアンダー | 2009/03/09 18:23

コリアンダーさん
始まりましたよー。
後半だけ見ると名古屋はでら強ぇ印象かもしれないけど、前半はけっこうgdgdで大分(特に金崎夢生)に好きなようにやられてました。頼り過ぎてはいけないと痛感しているのはリベリーのことですね。名古屋も何でもかんでも「戦術はダヴィ」にならないようにしなくては・・・。
今年の名古屋はセンターハーフ(むらむら他)で10点取るそうなので?コリアンダーさんが熱狂するシーンも増えると思いますよ。
あとACLについてはまさにその通りで、苦しい経験を積むことで強くなっていってくれることを期待したいです。

投稿: yamamo8 | 2009/03/10 13:57

こんにちは。
お久し振りです。
ハードな一週間を終えてやっとお邪魔する事が出来ました。
2009シーズンが始まりましたね。
グランパス戦は最初からじっくり見ました。
前半は大分がいいサッカーをしてましたね。
ダヴィが少ないチャンスを外してたし…でも後半は見違えるようなグランパスのサッカーに引き込まれました。
玉田のゴールにつながるまでがとても綺麗でした。
誰もがゴールを狙っているようなサッカーをされると怖いですね。

投稿: *aprile | 2009/03/10 14:29

*aprileさん
何気にグランパスをチェックしてくれてますね(笑)。玉田のゴールは見事なカウンターでした。ゴール前に人数も揃っていて完璧な形でした。
鹿島もカウンター2発で浦和を沈めちゃいましたね。特に2点目、マルキのは素晴らしかった。逆サイに3人も詰めてるんですから、例えGKが弾いたとしても誰かが決めてたでしょう。

投稿: yamamo8 | 2009/03/11 14:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/28523486

この記事へのトラックバック一覧です: 大変なものを見た:

« 七色のディフェンスライン | トップページ | 記念すべきACL初勝利! »