« 記念すべきACL初勝利! | トップページ | 未知の領域ACL »

2009/03/16

首位相手にアウェーでドロー

山形 0 - 0 名古屋

降り積もる雪のなかでのゲーム。見てる人たちも選手たちも大変だったと思います。それまでは、秋春制って反対でも賛成でもなかったのですが、こういう現実を突きつけられると、ちょっと厳しいかなと思わざるを得ません。今までは他人事としか考えていなかったことを反省です。

例によって、名古屋は前半が酷かったということだけど、実際に試合を見てみると(ハードル低くしていたからかも知れないけど)そんなに悪くもなかったように思いました。前半5分から20分くらいの間は山形にやられたけど、その後は名古屋も盛り返していたと思います。そして、相手の動きが落ちた後半は一方的な名古屋ペース。特に右サイドは田中隼摩を中心に中村直志や杉本らが好プレーを連発。3度の決定機を作りましたが、相手GKの攻守に阻まれてしまいました。

後半にあれだけ違いを見せつけられるのなら、前半からやって欲しいとは思いますが、どうしても相手の勢いに押されてしまうのなら、いっそのこと、前半はわざと攻めさせてカウンターを狙うとか割り切った作戦でいったほうが、やってるほうも見ているほうもストレスや変なダメージを感じずに済むんじゃないかな、とか思ったりしました。

|

« 記念すべきACL初勝利! | トップページ | 未知の領域ACL »

コメント

こんにちは。
この試合も見てました。
すごい天候でしたね。
審判の頭に雪が積もってました(笑)
後半のグランパスは面白かったのに点に結び付きませんでしたね。
秋春制以前の問題かも。
雪の降る地方が雪に対する備えが無いなんてちょっとびっくり。
モスクワでは雪が降ってもサッカーが出来る。サッカーに対する考え方の違いが出ていると思います。

投稿: *aprile | 2009/03/16 16:48

*aprileさん
日本もヨーロッパと比べるとサッカー後進国ということなのでしょうね。プロリーグが始まってからの歴史も短いですし。あと何十年後かには寒くても快適にサッカーを楽しめる環境が整うのではないでしょうか。その頃には、秋春制が普通になってるかも知れませんね。

投稿: yamamo8 | 2009/03/17 19:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/28638591

この記事へのトラックバック一覧です: 首位相手にアウェーでドロー:

« 記念すべきACL初勝利! | トップページ | 未知の領域ACL »