« 首位相手にアウェーでドロー | トップページ | 名古屋の2点目に”巧” »

2009/03/19

未知の領域ACL

試合見てないからあまり書くことがないけど何となく思ったこと。

名古屋グランパスはACLビギナー。例えばG大阪とは経験が違う。選手層も違う。チームによってそれぞれコンディションも違うだろうから、同じ中2日で快勝?したG大阪を引き合いに出して名古屋何しとんねんというのも何か違う気もする。
ラウンド16のレギュレーション(グループリーグ1位だとホームで、2位チームはアウェーでの一発勝負)とかを考えると1位で抜けたいけど、2位になってアウェー(グループHの1位、川崎?セントラルコースト?浦項?天津?)を経験するのも悪くない。
そもそも、グループリーグを突破することだってそれほど易しいことではないだろうし、ラウンド16に進むことが出来れば成功と言っていいのではないかと個人的には思います。確かに、一般的にはホームで勝ち点3獲れなかったというのは痛いことではありますし、やっぱり「攻撃的なサッカー」というのを掲げているのなら無得点というのは残念な感じですが。

ピクシーの頭の中ではベイビー花井はまだ使えないのか?守備が軽すぎるというような評をたびたび目にするけど、それなら思い切ってトップ(あるいは1トップ下)に入れてみたらどうなんだろうか。そうすれば守備でのリスクも少なくて済むだろうし、心おきなく攻撃センスを発揮できると思うんだけど。北京戦ではマギヌンを休ませるために杉本を使ったけど、やっぱり杉本はスーパーサブのほうが効果的、というか相手が嫌だと思う。あと原則スペースがあるシチュエーションでの起用をしてあげたい。花井を1トップ下、玉田と小川をウイング気味にした4231をぜひ試して欲しいなぁ。まぁ無責任に勝手なこと言ってますが。

佐藤将也をもっと使って欲しい。阿部ちゃんに試合勘を取り戻してもらうことも大事だけど、せっかくきっかけをつかんだ若きスピードスターの躍動も見たい。CBはちょっとおっかないけど、左SHとか試しても面白いと思います。

小川のセットプレーって、蹴った後軸足が跳ねてる(特にCKがそう)。経験上、あれだとボールに勢いはつくけどコントロールがしにくいんじゃないかと思います。セットプレーの名手と言われてる人たちは、だいたい軸足がしっかりと地面に残っているんですよね。ピクシーが何も言わないで(蹴り方も直さないで)小川を指名してるわけだからとやかく言うことではないのかも知れないけど、見てていつも気になります。

名古屋のディフェンスを語る上でのキーワード。
ラインが深め、裏を取られるよりもディレイ、バイタルエリアが空く、広大な中盤のスペースをCHの2人でカバー、ゾーンディフェンス(セットプレー時も)・・・。

|

« 首位相手にアウェーでドロー | トップページ | 名古屋の2点目に”巧” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/28693875

この記事へのトラックバック一覧です: 未知の領域ACL:

« 首位相手にアウェーでドロー | トップページ | 名古屋の2点目に”巧” »