« 未知の領域ACL | トップページ | セカンドチームの動向 »

2009/03/23

名古屋の2点目に”巧”

名古屋 3 - 1 清水

アフターゲームショーの解説野々村氏によれば、主導権が目まぐるしく入れ替わり、互いが激しく攻め合う「ナイスゲーム」だったとのこと。名古屋サイドから見れば、スリッピーなピッチ状態のせいかミスパスが多かったり、相変わらずバイタルエリア付近でのチェックがルーズなためフリーでシュートを打たれることが多く、そしてシューターから5mくらい離れたところでディレイしてるつもりの増川なり吉田がシュートコースを当てずっぽう気味に(そう見える)体を投げ出して塞ぐというシーンが数多く見られハラハラする試合展開でした。もっとシュートを打つところにプレッシャーを掛けられないものかなと、いつも思います。あれだと、ミドルシュートがうまい人にはやられちゃうだろうし、ディフェンダーに当たってコースが変わってゴールイン、なんてことも十分にあり得る思います。枝村、藤本淳吾と2枚同時に代えてきた直後の大ピンチには焦りました。そして、せっかく2点差付けてゲームクローズさせようかという展開になったにもかかわらず、わずか3分程度で再び1点差に詰め寄られる落ち着きのなさ。確かに岡崎のあのダイビングヘッドは素晴らしかったですが。まぁ、昨シーズンの悪かった頃は2点リードも守り切れない時もあったから、それに比べれば成長したのかも知れません。

名古屋のゴールシーンは見事でした。
1点目。スリッピーなピッチを中途半端にバウンドしてきたので合わせるのが難しいと思われた小川のクロスを、利き足ではない右足で事もなげにゴールに突き刺したダヴィの技術。後述する小川のスペースへ走りこむ運動量、センス。
2点目。右サイドへ走りこむ小川へピッタリ合わせた玉田の大きなサイドチェンジとバイタルへの吉村のフリーラン。大分戦の3点目の時ようにダヴィへのスルーパスも狙っていた玉田でしたが、気持ちに余裕があるせいか視野を広く持てていた玉田が大きなサイドチェンジを選択したのは、中央に吉村が走りこむことで、大外の小川を見るはずだった清水の左SB(児玉?)が一瞬吉村をケアするために中にポジションを移動した(そして小川がフリーになった)その瞬間でした。もちろん、小川の冷静なトラップ→切り返し→プレゼントパス、吉村の落ち着いたシュートも良かった。ダヴィが左サイドに詰めてきていたので、この時点で3対2という完全に相手を崩した状態でした。また、吉村があそこまでアグレッシブに動けたのは、マギヌンに代えて山口慶を投入したことで、ポジションが気持ち前目になっていたということもあるようです。ピクシーの采配も、2点目を生んだ隠れた要因のひとつと言えるでしょう。

スコアほどの差はなかったという内容にもかかわらず3-1という結果になったのは、野々村氏の解説によると

①ダヴィの強さ・脅威。これにより清水のディフェンスが2枚引きつけられる。
②ダヴィの周囲やウラにスペースが出来る。
③そのスペースにこぼれてくるボールを上手く生かした名古屋、特にそこに”居る”ことが出来る小川の運動量。
④清水にもヨンセンというターゲット(脅威)があって、ゴール前では名古屋のCB2人がくっついていく場面もあった。ところが、それによって出来るスペース(あるいはこぼれてくるボール)を活かすことが出来なかった。小川のように。
⑤その差が3‐1という結果となって出たのでは・・・。

ということでした。

阿部ちゃん足攣りというアクシデントにより、僅かな時間とはいえ佐藤将が待望のJデビューを果たしました(イエローも貰う奮闘ぶり)。ACLを経験していたということで、ピクシーも何のためらいもなくスパっと代えることができたのではないでしょうか。入って早々、中央に絞っていたためセンターサークルあたりにポジションをとっていた佐藤は、左サイドの小川にボールが渡ると、その大外を悠然とフリーラン。左サイドを深々とえぐってクロスを上げました。相手が前掛かっていたのでマークが緩かったというのもあるだろうし、フリーだったのにミスキック気味で相手に引っ掛かってしまったのは残念でしたが、あれだけスピーディーでスムーズでシンプルなオーバーラップからのクロスというのは久しぶりに見た気がします。その直後、すかさず佐藤が上がったために出来たスペースを突かれたのはまぁ大目に見ましょう。あの時間帯にチームとして取るべき戦術として妥当だったのかは分かりませんが、とても印象的なプレーでした。

試合後のインタビューで、ピクシーの声がだいぶ鼻声だったけど風邪?花粉症?

中村直志くんがイメチェン。ヘアスタイルがワイルド路線から昭和アイドル路線に回帰してました。

ヨンセンの高さを活かすには、まだ攻守とも体勢が十分ではないと思うくらいの早いタイミングでクロスを入れてあげたほうがいいと思います。いかにヨンセンが空中戦に強いといっても、ディフェンスが完全にセットされた状態での競り合いはキツい。

|

« 未知の領域ACL | トップページ | セカンドチームの動向 »

コメント

この日の名古屋はがっちり降ってました。こないだは雪だったし、ヘヴィーなコンディションでの試合が続きますね。
なに!中村直志が昭和アイドルに!?私鉄沿線ですか?それともスシ食いねえ?!ハイライトとかもちゃんと見てなかったんで気付かなかったです。も~~~ダメじゃ~~~ん。ワイルドヒゲヒゲロン毛希望!(結局食いつくネタはそこか…)

投稿: コリアンダー | 2009/03/23 23:34

コリアンダーさん
名古屋グランパスは、3月の5試合を負けなしで乗り切りました。出来すぎです。中2週ほど間が空いた後は、5月まで週2試合のハードな日程が続きます。落としてしまうゲームもあると織り込んでおかないといけないですね。
直志くんは、原始人からシブガキ隊に生まれ変わりました。

投稿: yamamo8 | 2009/03/24 11:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/28755554

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋の2点目に”巧”:

« 未知の領域ACL | トップページ | セカンドチームの動向 »