« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009/02/26

資本主義?解体新書?相対性理論?

ジッタリンジンっぽかったり、あるいはチャイナ風だったりする、なんとなく懐かしい音やメロディに乗せて、椎名林檎的センスの単語を散りばめた、やたらと韻をふんだ、一見すると意味不明な、だけども実はピンポイントに心に引っ掛かってくるような歌詞を、ロリータ&ウィスパーボイス(時折カヒミ・カリィを連想させたりする)で淡々と歌い上げる。それが、今パンデミック寸前の相対性理論(バンド)です。

51m9gr4me0l__ss500__3 51a2bmxe8fvl__ss500__4

今年1月、J-WAVEか何かでエキゾチックな「品川ナンバー」を初めて耳にしてから、数日中に1st「シフォン主義」、2nd「ハイファイ新書」を試聴なしでまとめ買い。単独アーチストのアルバムを買ったのは、COLDPLAYの「美しき生命」以来というのですから、私の中の評価(というか期待)はものすごく高かったわけですが、実際このひと月は、車の中でも寝る前でもCDはこれしか聴いてないというくらいのお気に入りになっています。”ユニコーン復活”も、ちょっと霞んでしまってます。
何かを好きになるのにいちいち理由なんか考えたりしないけど、あえて言えば、新しい感じがしたからでしょうか。確かに、冒頭に書いたように前人の焼き直し感というのもあるのですが、あまりオリジナリティが感じられず、同じような曲ばっかりに聞こえる最近の音楽の中では妙に新鮮だったというのがあると思います。ライブ以外には露出が全くないというのも神秘的です。余分な情報は一切出さず、ただただその音楽性のみで勝負しているところは好感度が高いです。
ウィキペディアで調べてたら、「2008年6月21日 安穂野香と競演」とか出てて思わずニヤッとしてしまいました。ていうか、キワモノの集まりである「あらびき団」芸人の中でも極めて純度の高いキワモノ(失礼)な安穂野香が、けっこう市民権を得ているんだなぁと妙なところに感心してしまいました。
余談ですが、「ふしぎデカルト」を聴くまで「シミュレーション」を「シュミレーション」だと思ってました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/14

ダヴィハット&プリンスリーグ参入決定!

ロアッソ熊本との練習試合は6-1で名古屋グランパスの勝利。練習試合とはいえ、ダヴィは名古屋移籍後初ゴール、そして初ハットです。エルゴラによれば、チームにおける貢献度がものすごく高かった”良妻賢母タイプ”のヨンセンとは違って、ダヴィはエゴイスティックな、ギラギラ感のある”色気のあるタイプ”とのこと。嵌った時の破壊力は半端なさそうです。左SBにはルーキーの平木が入り90分間フル出場だったみたい。阿部の状態が気になりますが、平木に使えるメドが立てば大きな戦力UPになります。

習志野市秋津サッカー場で行われた、2009年度プリンスリーグU18関東2部千葉県代表決定戦で、八千代が3-1で習志野に勝利。プリンスリーグへの参入が決定しました!楽しみがひとつ増えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/12

だいじょぶだいじょぶ~

アジアの中では一番ヨーロッパに近い(実力が)と言われているオーストラリア相手にこれだけ出来れば上等じゃないでしょうかね。細かい文句とか、根本的なところで言いたいことはいろいろとありますけど、感覚的なものだったり、それを言ったら身もフタもないだろうみたいなことなので言いません。

けっこうチャンスありました。決定機は7回。
①前半、内田?のワンタッチパスで右サイドをうまく抜け出した田中達のクロスに玉田がニアサイドで合わせるも、寄せたDFに当たりサイドネットへ。なぜか相手ボールに。仮に当たってなければ枠内だったと思います。ゴールになったかどうかは何とも言えませんが、一応玉田の名誉のために・・・。
②前半、PA内にうまく走りこんだ長谷部に中村俊がショートスルーパス。長谷部がマイナスに折り返すも、シュート体勢の玉田に対する相手DFの寄せが早くうまくミート出来ず。
③後半、ゴール前やや右寄りで中村俊のパスを受けた大久保が反転して左足のシュート。しっかり当たらず相手GKにキャッチされる。
④後半、右サイド内田からのPA手前へのグラウンダーの横パス。フリーで上がってきた遠藤が右足をでジャストミートしたものの相手GKにセーブされる。あと50cm左右どちらかにずれていたか、並のGKだったら入っていたかも。
⑤後半、左サイドからのCKのボールが遠藤に戻ってきたところをファーサイドの闘莉王へ。何度も見た得意なパターンでしたが、闘莉王のヘディングは体を投げ出した相手DFの背中に当たりゴールラインを割る。
⑥後半、左サイドを抜け出した長友のクロスに玉田がヘディングで合わせるも押さえが利かずシュートはバーの上へ。長友のクロスはタイミング、スピード、コースとも完璧でしたが、高さがちょっとずれた。あと10cm軌道が低かったら。一応玉田の名誉のため・・・。180cm以上の選手(巻とか)だったら枠内に飛ばしていたと思います。
⑦後半、右サイドの内田からアーリー気味にファーサイドへ。待ち構えていた長谷部のダイレクトボレーは中にいた大久保に当りゴールラインを割る。中に人数が足りないと言われたり、いたらいたで邪魔してしまったり・・・。センスないなぁ。もっとも、長谷部のシュートも枠内に行っていたか微妙な感じでしたが。

この中で完全にフリーで打てていたのは④遠藤のミドル⑥玉田のヘディング⑦長谷部のボレーの3回。
④は相手GKの力量によって⑥はわずかなズレによって⑦は大久保くんによって?それぞれゴールになりませんでした。

中に入る人数が少ない、押し上げが少ない、遅いと言われるけど、中に一人しかいなくても、しっかりと合わせることが出来ればいいわけです。逆に、中に人数がいてもクロスが相手DFをすり抜けてこなければ意味無いわけです。むしろそのこぼれを拾われてカウンターを喰らうリスクもある。中に人数かける意識を高めるのか、クロス・シュートの精度を高めるのかどっちがいいのか。どっちが手っとり早いのか。クロスやシュートの質を上げるためには、せっかくパスサッカーを志向しているのだから、相手を欺くとか、逆を突くとか、最後のところにもうひと手間かけることで、より余裕を持ってフリーに近い態勢で打てる状況(④⑥⑦のように)を作るような工夫が大事になってくると思います。それらを高めていけば今よりもシュートが入るようになると思います。

それにしても岡ちゃんも大変です。試合の度に、負けたら解任とか脅されて、落ち着いて監督業やってられないんじゃないでしょうか。もう少し信用してあげればいいのになぁ。

私は他の人にやってもらったほうがいいと思ってますけど。

まず、このW杯予選を戦うにあたって、やるほうも見るほうも共有しておかなければいけない考え方があると思います。それは結果が全てだということ。そりゃ内容もあったほうがいいけど、楽しいサッカーをやって欲しいというのもあるけど、アジアの環境(気象条件、ピッチコンディション、時差など)や、アジアにおける日本の立ち位置(他国から力量上位と見られている=ガチガチに引かれる)なんかを考えると、内容は置いといて結果を積み重ねていくことが最優先だと思います。今回はホームでしたが、日本のホームなら尚更相手は守備を意識してくるわけですし。
それと、この代表の最大の目標をもう一度整理すること。それは、岡ちゃんが何をほざこうと(W杯ベスト4とか?)W杯出場権を獲得することだと思うのです。ドイツW杯の逆転負けの借りを返すことでも、最終予選を1位突破することでもない。そう思っていれば、この試合に臨む前の状況から考えて、オーストラリアに負けても致命的でも何でもない。まぁ、負けるのは嫌ですけど。勝手に自分たちで煽って勝手に必要以上に悲観的になったりしてワイドショーみたいです。岡田監督に何を求めるのかを、見るほうも雇うほうも明確にすべき。まさか、W杯ベスト4とか期待してるわけでもあるまいし。私の考えでは、岡ちゃんがやるなら、プレーオフまでもつれない程度に(そうなったらそうなったで盛り上がること請け合いでしょうけど)W杯出場権を獲ってくれれば普通に成功でしょう。そしてそのためには、この最終予選8試合を終えて2位以内に入ればいいと。そして、4試合終了時点で2勝2分け勝ち点8。実際にはそうじゃないけど、ホームで2勝アウェーで2分けしたのと同じことになり、極めて順調に最終予選は消化されていると考えます。始まる前はもう少し苦戦すると思っていたんだけど、拍子ぬけするくらい順調です。それ以上のものを求めるのなら、試合の度に変に煽るんじゃなくて
さっさと他の人にやってもらったほうがいい。

あと角澤くん、得失点差じゃなくて勝ち点差ね。それと「ビルドアップ」の使い方間違ってる気がする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/02/10

懐かしい感触

先日フクアリスクエアに八千代×柏レイソルU18を見に行った時のこと。フクアリスクエアは、サッカーコートが2面あって周りがフェンス(金網)に囲まれていて、どこから中に入るのか、一般の人も中に入っていいものなのか分からずに、はじめのうちはフェンス越しに試合前の練習を見ていたのでした。ちょうど八千代がウォーミングアップしている側でした。そのうち、シュートミスしたボールがフェンスを越えて外に出てきてしまいました。一番近くにいた私は、ボールを拾ってきて中に返そうとしたのですが、

①このフェンスが高い。6、7mくらいはありそう。
②下に隙間はない。
③投げ返すのはちょっとカッコ悪い、というか多分届かない。

また、後で分かったのですが、フェンス内側への出入り口は見ていたところからちょうど対角線の反対側に1か所あるだけでぐるっと回って行かなければならずかなり遠い。だから球拾い係の子も容易に外に出られないという状況。

ということで、ここは元高校サッカープレイヤーの血が騒ぎパントキックで返そうと。ところがこれにも高度なテクが要求される。普段フットサルやってる時に、ネットで仕切られている隣のコートから入ってきたボールを、仕切り(高さ3mほどだろうか)の上を通して蹴り返そうとして失敗すること多数。難易度は意外と高い。しかも今回は、フェンスまでの距離が2m程度と短く、蹴りあげる角度も微妙に難しい。真上にいき過ぎると超えないし、斜め過ぎだとフェンスに引っ掛かる。筋肉バトルの後ろ向きに樽を投げ上げる競技(ガロンスロウだっけ?)の時のような軌道が要求されます。まぁギャラリーはそれほど多くないのですが、フェンスの内側で待っている球拾いの高校1年坊?約5名にかぶりつきで見られている以上ヘタなことは出来ない。後々「この前さぁ、変なおっさんが無理やりボールを蹴り返そうとして失敗してやんの、ケラケラケラ」とかネタにされたりしたら不本意だし。サラッと一発で決めたい。妙な緊張感・・・。そして試技。乾いた音とともに高く舞い上がったボールは、きれいな放物線を描いて見事一発でフェンスの向こう側へたどりついたのでした。大した称賛もなく(当たり前か)、眠たそうな声でお礼を言われる一人のアラフォー世代。それでもちょっとした達成感、自己満足に浸ったひと時なのでした。気を良くした私は、この後入口に向かいフェンス際を歩いている途中に、中から飛んできたボールを拾ってどうしたものかと困っている女性がいたので、何となくボールを引き受けると、再びパントキック!一発で成功。ますます気を良くしたのでした。

実際に使っているボールに触ってみて感じたのですが、サッカーボールってあんなに硬かったっけなぁ。空気がパンパンに入ってました。そして、当然のことだけどフットサルのボールよりもよく弾みます。こんなものを蹴ってピタっと止めてヘディングして・・・。大したものです。昔は自分も同じようなことしてたんですけどねぇ。トラップは下手くそだったけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/02/08

プリンスリーグU-18関東(2部)への道

八千代 2 - 2(PK6 - 5) 柏レイソルU18

寒風吹きすさぶフクダ電子スクエアで、プリンスリーグU-18関東2部の千葉県代表決定戦の準決勝?を見てきました。08シーズンの柏U18は、トップチームに5選手を送り込んだ黄金世代。この大会には、トップ昇格した5人以外の3年生が含まれているらしいです。一方の八千代は新チーム。とはいえ、お気に入りの長澤和輝をはじめ、昨年からレギュラーだった選手が多く期待が持てるチーム。

Imgp1548

八千代のフォーメーションはこんな感じ(太字が昨シーズンからのレギュラー)

      10(石川)

      7(長澤)C

8朝木? 6黒氏 9伊藤 15大和久?

2宇田川 4青木 3山本? 13中谷?

        17永村

立ち上がりは柏が優勢。CBがパス交換しながらじわじわと押し上げていき、タイミングをみて走りこむ両サイドへロングパス。サイドからスピーディなドリブルで仕掛けていくという形。オフサイドにかかることが異常に多かった(90分間で20回くらい!)けど、うまくつながった時はスピードに乗ったドリブルがなかなか止められずに危ないシーンを作られてました。前半5分くらいに早々と先制ゴールを奪われてしまいます。左サイドを突破され、グラウンダーの横パスからあっさりと蹴りこまれてしまいました。

そこからは八千代のペース。フラットな4バックの八千代は奪ったボールを早めに前(7番や10番)に当てて全体を押し上げていく感じ。左サイドの8番(朝木?)の動きが目立ちました。相手への寄せの迫力が半端ねぇ感じ。彼のパワフルなインターセプトから八千代のチャンスになることが多かったです。右CK。ニアで合わせたくなるような低くて速いボールが真ん中まで抜けてきたところに、飛び込んできた6番黒氏が体で押し込み同点。この時の左足のキッカーも朝木でした。後半途中で退いてしまったのは残念でした。

その後、柏ディフェンスラインでのパス回しをうまくインターセプトした10番石川が、GKとの1対1を冷静に流し込んで逆転。喜び爆発の八千代。「次の1点が大事だぞ~!」と気を引き締めるディフェンスライン。

が、言ってるそばからフラットなラインを真ん中からきれいに割られてしまい、またしてもあっさりと失点。この日はオフサイドになるケースが多かったから良かったけど、上手く裏を取られたり入れ替わられてしまうと脆い。見てないけど、新人戦決勝で市船に2-0で負けてしまった時も、こんな感じの失点だったんじゃないだろうか。後ろからの相手の飛び出しにしっかりと付いていくとか、GKがスイーパー的なセンスを磨くとか、パスの出所をしっかりと塞ぐとか対策しておきたいところです。

キャプテンになった長澤は相変わらず上手いです。プレッシャーに晒されながらも、浮き球を柔らかく胸トラップしてからのキープとか芸術的。体を上手く使いながらドリブルでスルスルと抜け出していくとか、受け手のスピードを殺さない丁寧なパスとか見事です。彼がボールを扱う時だけ時間の流れがゆるやかに感じられるのが不思議です。難しいことでも簡単そうにやってしまうのでそう思えるのかも。ただ、後半に掴んだ2度の決定機はしっかりと決めときたかったです。

後半は、風がますます強くなる中(プレースしたボールが風で転がってしまうこともありました)、前半と変わらない両者互角の攻防でした。途中、柏の左SBの選手(何度も八千代の右サイドを脅かしていたやっかいな選手でした)がイエロー2枚で退場処分になってしまいましたが、結局ゴールすることが出来ずに2-2で90分が過ぎ、規定によりPK勝負となりました。

Imgp1549_2 

上背のある柏のGKは、八千代が蹴る番になるといちいち前に出てきてキッカーに何やらプレッシャーをかけてきたりしてプロ顔負けです。八千代一番手長澤がいきなり失敗。真ん中を狙ったっぽいけど、右に飛んだ柏GKは残っていた足でストップ。ちょっと嫌な雰囲気が漂いましたが、残りの選手が全員成功させ、八千代GK17番永村が柏のキックを2度ストップ。

柏U18 ○○×○○○×

八千代 ×○○○○○○

こんな感じで見事逆転でPK戦を制して、1週間後、第一試合で船橋北を1-0で下した習志野とプリンス枠を争うことになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/02/05

フィンランド戦ひとこと

良かった、湘南ベルマーレよりか弱くなくて。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »