« 初蹴り | トップページ | ザギンでフィックス »

2009/01/15

高校サッカー 今年のお気に入りの二人

今回の全国高校サッカー選手権はほとんど見る機会がなかったなぁ。野洲は2戦目(3回戦)で負けちゃったし、千葉代表の市立船橋も初戦(2回戦)で敗戦。自分の中での注目度が下がってしまった感じでした。
決勝戦は見ました。テレビでですが。広島皆実はいいサッカーをやってました。爆発的な攻撃力を誇った鹿児島城西相手に、引くことなくパスをつなぎまくりサイドを突きまくり終始ゲームを支配。3ゴールはいずれもファインゴールでした。決勝ゴールをアシストした右サイドバックの村田俊介が印象に残っています。あの場面、ハーフラインあたりからドリブルを開始すると右サイドをタッチラインまで縦断。マーカーは付いていくのがやっとといった感じでした。仕上げは、完全に抜き切りはしないものの簡単に相手を外してスペースを確保してから美しいクロス。あの時間帯に、あの距離をドリブルで上がっていって、あのコースにあのスピードのクロスを上げるスタミナ、テクニックといい、相手陣内での1対1ではほぼ100%抜きにいくというアグレッシブな姿勢といい、彼のことが気に入りました。もう一人気に入った選手が、前橋育英のMF六平光成。「サッカー魂」でハイライトしか見てない分際で偉そうですが、基本的な技術はしっかりしているし、パスの狙いどころも面白いなぁと思いました。お父さんが俳優の六平直政というのも話題になりました。

|

« 初蹴り | トップページ | ザギンでフィックス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/27163712

この記事へのトラックバック一覧です: 高校サッカー 今年のお気に入りの二人:

« 初蹴り | トップページ | ザギンでフィックス »