« 優勝争いは続く | トップページ | ふと思った »

2008/12/01

ここまで来た

名古屋 3 - 1 札幌

開始早々、いい位置でのFKを小川が直接決めて幸先よくリードを奪う。ただ、小川が前半に点を取って1-0で折り返すと後半逆転されるという嫌なジンクスも。2点目が欲しい。

とか思っていたら左サイドから小川のクロス→逆サイのヨンセンがヘッドで絶妙な折り返し(シュートか?)→杉本が押し込んで追加点!

パリのクリスマスってこんな感じなのかなぁ、あと何点入るんだろう?という展開も、前節の京都戦みたいなことがあるから、まだまだ抜くわけにはいかない。

マギヌンがGKとの1対1を外し、杉本がヨンセンからの絶妙なパスをバーにぶつけてしまったあたりからちょっと嫌な雰囲気。気がつくと、いつの間にかテレビの前で立ちっぱなしになっている。

DFラインでパス廻し中に、増川がバランスを崩して転んでしまうという大きなミセスを犯してしまいダヴィにゴールを許す。1点差。

今季大流行中の名古屋病の発作を止めるための処方は、増川OUTバヤリッツァIN。増川にとっては堪えるタイミングでの交代。今季ここまで2CBの中心は何気に増川でした。不安視されていたDFラインでのつなぎにも試合を重ねるごとに安定感が出てきて、主力としてフルシーズン戦えたことは大きな自信になったと思われていただけに、しっかりとメンタルケアをしてあげて欲しい。ただ、チームにとってはこれがけっこう効いたっぽい。発作は治まる。

それでも1点差はヒヤヒヤする。あと阿部がスローインする度にヒヤヒヤ。本人にその気はなくても遅延行為でイエローなんて出されたら話にならない。

そして途中出場の米山。今季中いろいろと不満も言わせてもらったけど、あのスーパーFKには参りました。「無理を言って」蹴ったとのこと。米山にもプロ魂を見せてもらいました。そして試合後のインタビューでの「置き土産」というコメント。普段米山の声を聞くことはあまりないけど、こんな風に思っていてくれたんだなぁと思うと泣けました。

優勝の可能性がある3チームに中に名古屋がいる。3元中継の対象試合を戦うチームの中に名古屋が入ってる。「九州石油ドームに動きがありましたっ!」とか言われちゃうかも知れない。鹿島が札幌に負ける絵というのはあまり想像出来ないけど、それを考えるよりも、まずは自分たちがしっかりと戦うことが大事。最終節の相手は、ナビスコ杯で決勝進出を阻止された因縁のある大分。あの頃は守備的なイメージがあったけど、その後ナビスコ杯の決勝を見た限りではけっこういいサッカーをやってました。攻撃にも力強さが備わってきた印象を受けます。痺れる試合になりそうです。

|

« 優勝争いは続く | トップページ | ふと思った »

コメント

こんにちは。
グランパスはいい試合をしたみたいですね。
それに優勝争いの中にしっかりと身を置いているし・・・モチベーションは上がってますね。
こちらも後半ロスタイムまでは引き分けムードで負けなきゃいいか・・・ぽい気分でした。
そこで岩政のヘッドが決って1-0で辛勝。
お互いに最終節まで気が抜けませんね。

投稿: *aprile | 2008/12/02 11:01

*aprileさん
少しヒヤヒヤしましたが、何とか最終節まで望みを繋ぎました。可能性は低いけど、勝って終わりたいです。それにしても、鹿島は勝負強いですね。毎度このような経験をしてるのだから、強くなるわけです。

投稿: yamamo8 | 2008/12/03 01:08

Jリーグもまさに佳境。残り一試合ですが、どうなるかまだまだ分かりませんねー。

投稿: ガッちゃん | 2008/12/04 00:19

ガッちゃん
名古屋に最終節まで優勝の可能性が残ってるなんて、本当にワクワクします。まぁ、可能性はかなり低いのですが・・・。ACLの出場権や残留争いもどうなるかわかりませんね。

投稿: yamamo8 | 2008/12/04 13:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/25811232

この記事へのトラックバック一覧です: ここまで来た:

« 優勝争いは続く | トップページ | ふと思った »