« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008/12/28

第53回有馬記念予想

◎マツリダゴッホ

○ダイワスカーレット

▲エアシェイディ

△ドリームジャーニー、アサクサキングス、アルナスライン、ベンチャーナイン、エアジパング、フローテーション

今年のオールカマーを現地で見たけど、マツリダゴッホは強かったです。相手が弱かったのかも知れないけど59kg背負ってるわけだし、中山は鬼のように強い。さらに前走、実績のない府中のJCでウォッカと差のない4着に来た時点で、有馬はこの馬が本命と決めてました。ダイワスカーレットも強い。天皇賞(秋)は痺れました。昨年の有馬(マツリダの2着)の時も決してバテてはいなくて、最後は差を詰めてきてる。ただマツリダに対して4kgあった斤量差が2kgになってるのは不利だと思います。エアシェイディは、有力馬が前目で展開しそうなので嵌るかなと。天皇賞(秋)では5着とはいえウォッカと0.1秒差でした。単を買っておきます。ドリームジャーニー、アサクサキングスはG1馬の底力に期待。アルナスラインはアルゼンチン共和国杯を見る限りスクリーンヒーロー(JC優勝)よりも力は上だと思うので(斤量差5kgで0.2秒差負け)。スクリーンヒーローの前走(JC)はスローペースに恵まれた感があり今回は無印。フローテーション(菊2着)、エアジパング(ステイヤーズSでフローテーションを負かす、中山2戦2勝)、ベンチャーナインは来たら驚くけど気になるので押さえときます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/25

犬とクリスマスツリー

我が家のクリスマスはこんな風に仕上がりました。

Imgp1473_3

今年のクリスマスは平日。なので仕事です。なのでイベント的なことはやりません。フツーに家に帰って、クリスマスツリーを眺めながら夜ごはん(鍋)食べてケーキ食べてのんびりと過ごしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/12/24

取説は必要ありません

ヨンセンの清水への移籍が正式に発表されました。次のチームが決まって良かった。本音を言えば、まだ気持ちは複雑なんですけど。あと少しの間だけですが、同じ目標に向かって頑張ろう!

シンプルな構造にもかかわらず高性能。初めてでも取り扱いに困ることはほとんどないでしょう。空中にあるルーズなボールはマイボールにしてくれます。ゴール前では相手DFを数人引き付けてくれます。もちろん自分でゴールネットを揺らすことも苦にしません。相手のCKになると自動的にゴール前まで戻ってきてくれます。少ないタッチで周りを活かしてくれます。ポジション柄相手DFとの激しいコンタクトが多くなるため、判定に不満をぶつけることもありますが、プレーに支障はきたすことはありません。あぁ、セールスポイントを挙げ出したらきりがないな・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/12/23

M-1GP2008私的ランキング

ダイアンのネタで、散々説明されたサンタクロースが実は空想の人物だったという件。「何?怖い話?」のとこ。個人的にはここがMAXでした。ネタ順・・・。ナイツ、オードリー(2本目はイマイチ)、NON STYLE、U字工事は何度か見たネタだけど、それでもけっこう面白かった。単純に楽しかったトータルではU字工事が一番でした。ただ、最終まで残ったとしても”北関東ネタ”で2本目はキツそうな気もしましたが。1本目だけで順位をつけたら

9 キングコング

8 ザ・パンチ

7 モンスターエンジン

6 笑い飯

5 オードリー

4 NON STYLE

3  ダイアン

2 ナイツ

1 U字工事

かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/19

この国のサッカーファンは

同じ負けるにしても0-1よりも3-5のほうが受けがいいらしい。

3点取ったのはいいけど5点取られてるし。

でも、多少気が抜けていただろうとはいえ、マンチェスターUを相手に撃ち合い?を挑んで3点取れるチームが、Jにアジアにそうはないだろうし(川崎ぐらいか)。

いいじゃん、喜んだって。

マンチェスターUと戦った手触りが残ったままのG大阪とやるのは、なんだかいやだなぁと思っていたのですが、そういえば間に1試合(3位決定戦)あるんですね。過密日程・・・。名古屋グランパスは、欧州王者から3点を奪った世界3位か4位のチームと、天皇杯準々決勝で対戦するわけか。

勝てばコクリツだ!増川、ビディッチみたく決めちゃいなよ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008/12/09

決定

はじめまして、ダヴィさん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/12/08

クリスマクリ

熱狂的バイエルンサポ(でいいんですよね)コリアンダーさんが、名古屋グランパスのACL出場権獲得記念に素敵な落書き、もといイラストを描いてくれました。

081206_nakamuraj

そういえば、もうすぐクリスマスですね~。

クリスマスプレゼントは何がいいかな。

①ダヴィ②金崎ムウ③天皇杯G大阪戦勝利④楢崎の早期回復・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/12/07

1年間楽しかったよ

大分 0 - 0 名古屋

スカパーでは、他会場の情報を教えてくれてしまうので、例え名古屋が勝ったとしても優勝は無理っぽいということはわかっていました。そんな状況でも(もちろん選手たちはそんなこと知らされてないでしょうが)最後まで勝利を目指して戦った選手たち。前半はパッとしなかったけど、後半は今季の名古屋らしさ満載のいいサッカーを見せてくれました。試合が終わった瞬間に涙がドドドっと出てきたのは、あの「ドーハの悲劇」以来のことでした。あの時とは意味が違いますが。今シーズンのここまでの戦いがフラッシュバックしてきて、勝手に感極まってしまって。素晴らしい内容で勝利した時の誇らしさだったり、美しいゴールが決まった時の興奮だったり、ドキドキさせられたり、ハラハラさせらたり、イライラさせられたり、胸が締め付けられるような緊張感だったり。よく頑張ってきたと思います。それでも優勝には届かないという現実。まだまだ足りないことがたくさんあるのです。でも、最後まで優勝争いに絡めたことは良い経験になるでしょう。応援してるほうにとっても、充実した楽しいシーズンでした。

リーグは終わったけど、まだ天皇杯が残っています。少し休んで気持ちを切り替えて、また気力を奮い立たせて挑んで欲しいと思います。ACL出場権獲得という結果は残したけど、もう少しわかりやすい、目に見える形での結果も欲しいです。

それにしても、フクアリは劇的でした。ハイライトを見てるだけでも熱くなってしまいました。フットサルのチームに熱狂的な千葉サポの友人がいるし、来シーズンもフクアリに見に行けるので良かったと思います。今シーズンのミラクルは優勝争いにではなくて残留争いで起きました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/12/04

ふと思った

鹿島が

もしもあの時

勝ち点はく奪なんてことになっていたら

今ごろどうなっていただろうか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/12/01

ここまで来た

名古屋 3 - 1 札幌

開始早々、いい位置でのFKを小川が直接決めて幸先よくリードを奪う。ただ、小川が前半に点を取って1-0で折り返すと後半逆転されるという嫌なジンクスも。2点目が欲しい。

とか思っていたら左サイドから小川のクロス→逆サイのヨンセンがヘッドで絶妙な折り返し(シュートか?)→杉本が押し込んで追加点!

パリのクリスマスってこんな感じなのかなぁ、あと何点入るんだろう?という展開も、前節の京都戦みたいなことがあるから、まだまだ抜くわけにはいかない。

マギヌンがGKとの1対1を外し、杉本がヨンセンからの絶妙なパスをバーにぶつけてしまったあたりからちょっと嫌な雰囲気。気がつくと、いつの間にかテレビの前で立ちっぱなしになっている。

DFラインでパス廻し中に、増川がバランスを崩して転んでしまうという大きなミセスを犯してしまいダヴィにゴールを許す。1点差。

今季大流行中の名古屋病の発作を止めるための処方は、増川OUTバヤリッツァIN。増川にとっては堪えるタイミングでの交代。今季ここまで2CBの中心は何気に増川でした。不安視されていたDFラインでのつなぎにも試合を重ねるごとに安定感が出てきて、主力としてフルシーズン戦えたことは大きな自信になったと思われていただけに、しっかりとメンタルケアをしてあげて欲しい。ただ、チームにとってはこれがけっこう効いたっぽい。発作は治まる。

それでも1点差はヒヤヒヤする。あと阿部がスローインする度にヒヤヒヤ。本人にその気はなくても遅延行為でイエローなんて出されたら話にならない。

そして途中出場の米山。今季中いろいろと不満も言わせてもらったけど、あのスーパーFKには参りました。「無理を言って」蹴ったとのこと。米山にもプロ魂を見せてもらいました。そして試合後のインタビューでの「置き土産」というコメント。普段米山の声を聞くことはあまりないけど、こんな風に思っていてくれたんだなぁと思うと泣けました。

優勝の可能性がある3チームに中に名古屋がいる。3元中継の対象試合を戦うチームの中に名古屋が入ってる。「九州石油ドームに動きがありましたっ!」とか言われちゃうかも知れない。鹿島が札幌に負ける絵というのはあまり想像出来ないけど、それを考えるよりも、まずは自分たちがしっかりと戦うことが大事。最終節の相手は、ナビスコ杯で決勝進出を阻止された因縁のある大分。あの頃は守備的なイメージがあったけど、その後ナビスコ杯の決勝を見た限りではけっこういいサッカーをやってました。攻撃にも力強さが備わってきた印象を受けます。痺れる試合になりそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »