« サテライト vs川崎戦 ~ 高円宮杯決勝に向けて | トップページ | 「離したくはない」を熱唱する大久保嘉人? »

2008/10/14

高円宮杯 決勝 vs浦和レッズユース

まずは、優勝した浦和レッズユース。強かったです。上手かったです。1次ラウンドに対戦した時に感じたフィジカル、コレクティブさの差は広がりこそしないものの縮まってもおらず、さらにこの日はプレーのスピードと正確性が加わり大きな差となってしまいました。1トップ気味の阪野豊史を中心に前線からしっかりとプレスをかけて、中盤ではさらに厳しいプレスと球際の強さでボールを奪取。あとは前目の選手たちの「自由な発想(堀孝史監督)」でボールと人が動いて名古屋の守備をズタズタに切り裂いていく。縦にパスが入った時に一斉にスピードアップする迫力はハンパではありませんでした。態勢が充分じゃない時は、しっかりとトライアングルを作って高速ワンタッチパスでプレスをかわすと、そこからまた縦へ。とにかく攻撃的でした。山田直輝の1点目、原口元気の3点目には参りました。2点目(オウンゴール)の時の、名古屋から見て左サイドから右サイドへ流れるようにボールをつないでいくプレーには思わず声が出てしまいました。後のゴールシーンはよく覚えてません。シュート22本で9点というのは出来すぎのような気もしますが、このチームをそのままトップチームに移植させて3年間我慢すれば、もの凄いチームになるんじゃないかな、なんて思ってしまいました。

Imgp1443

名古屋は、その攻撃的な相手に対して特に対策をすることもなく普通に自分たちのやり方だったように見えました。名古屋からすると、早すぎる1失点目、オウンゴールによる2失点目も痛かったのですが、39分に3-1として、さぁここから反撃だ、と思った直後に田仲智紀のFKで4-1と突き放されてしまったのが痛かったです。浦和の中盤さえ突破することが出来れば、そこから先は奥村情、アルベス、矢田旭らの個人技やコンビプレーが充分通用しそうに見えたし、1点取り返す前にもDFの裏を取った奥村が際どいシュートを放つなどしていたように、浦和のバックラインが少し不安定さを見せていて、その裏側を単純に狙っても面白そうだ、なんてことを思い巡らせていたのですが、そんな淡い予感も吹き飛ばされてしまうショッキングな一撃でした。

スタンドから見る限り、埼玉スタジアムのピッチは素晴らしい状態に見えました。試合前、その最高のピッチに、ウォーミングアップをしに出てくる時の名古屋の選手たちの嬉しそうな顔・・・。わずか2時間と経たない間に一転してしまうことになるのですから勝負の世界は残酷です。

最後まで抜かずに来てくれた浦和レッズユース。屈辱的な大敗ですが、おかげで名古屋は変に勘違いとかしないで、掛け値なしのトップレベルの高さを肌で感じることが出来ました。埼スタの雰囲気共々、なかなか味わえないような経験をしたと思います。月並みですが、これを糧にして、名古屋ユースの歴史を作っていって欲しいと思いました。

|

« サテライト vs川崎戦 ~ 高円宮杯決勝に向けて | トップページ | 「離したくはない」を熱唱する大久保嘉人? »

コメント

浦和の強さは突出していましたね。
シュート22本で9点ですか。地区予選の1回戦とかだったらありえる数字ですが、国内タイトルを決める試合では、ありえませんよね。

投稿: サッカーとカフェと音楽と | 2008/10/14 08:08

サッカーとカフェと音楽とさん

はじめまして。浦和ユース強かったです。私の大好きな野洲のサッカーにフィジカルの強さも兼ね備えた感じ。ことごとく枠をとらえるシュートの正確性も見事でした。どこかの代表に見習って欲しいですね。
その浦和ユースに対して、普通は(作陽や青森山田のように)何らかの対策を打つのですが、名古屋U18はあまりに無策でした。「浦和があれほど凄いとは思わなかった」という磯村君の言葉も準備不足を物語ってます。その結果があのスコアになってしまったのだと思います。

投稿: yamamo8 | 2008/10/16 16:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/24485352

この記事へのトラックバック一覧です: 高円宮杯 決勝 vs浦和レッズユース:

» 浦和ユース“黄金世代”で9発初冠 [サッカーとカフェと音楽と]
高円宮杯第19回全日本ユース選手権(U―18)の決勝が埼玉スタジアムで行われました。浦和ユースが名古屋ユースに9―1で大勝し、初優勝。 トップデビューもしている山田直輝(18)がハットトリックを達成。通算8得点で大会得点王になりました。決勝戦では「黄金世代」が格の違いを見せつけました。決勝での9得点、8点差とも史上最多だそうです。 浦和は別次元でした。見事なパス交換の完成度の高さに、日本協会の犬飼会長も「トップチームに見せたいよ」とコメントを残しています。 山田直輝は「皆、話さなく... [続きを読む]

受信: 2008/10/14 08:03

« サテライト vs川崎戦 ~ 高円宮杯決勝に向けて | トップページ | 「離したくはない」を熱唱する大久保嘉人? »