« 「離したくはない」を熱唱する大久保嘉人? | トップページ | 好きなタイプの選手 »

2008/10/20

ガソリンはたっぷりだったけど

横浜F・M 0 - 0 名古屋

負けないで良かった、としか言いようのない内容でした。でも、長いシーズンの間にはいい時もあれば悪い時もあります。こんな試合をしているようでは優勝に値しないというような意見もありますが、今このポジションにいるのは、それに値するサッカーをやってきたからだとも言えると思います。チームの出来は今がピークの底だと思いたいです。あとは上がっていくだけです。中村直志のポジションに入った米山がダメダメでした。間の悪いプレスはほとんど相手に脅威を与えることが出来ず、マイボールの時は相手のプレスを怖がってキープ出来ずに無責任にボールを手放す。そのトバッチリを受けたのが主に増川。あまりにも不用意なところにボールが回ってくるものだから、落ち着いてさばけずにボールロスト・・・。ちょっとかわいそうでした。後半は少し持ち直しましたが、見ていておっかなかったです。クローザー的な役目なら米山もありなんでしょうけどね。花井が入ってから小川がやや下がって<杉本-吉村-小川-花井>っぽくなったようだけど、そのほうが良さそう。ただ、杉本は切り札として取っておきたいし(ていうかスタートからだとどうなんでしょう?)FW津田にサイドハーフは酷だということも分かったので、次は思い切って片山で。サテライトの川崎戦で見たけど、確かにプレーはちょっと雑なんだけど、よくボールに絡めていたし、嵌ればブラックエンブレムばりの大駆けもなくはないかなと。そしてダメだったら即杉本にチェンジ。これで行けそうな気がする・・・。まだ首位とは勝ち点差2。あちらが負けて名古屋が勝てば逆転出来る差。もっとも今の鹿島が負ける図というのはあまり想像出来ないですが・・・。それでも、他力ではあっても最後までこのまま首位争いを続けて欲しいです。
スカパーで見ていたのですが、解説の川勝氏がシュミレーションについて「バランスを崩した時に無理に踏ん張ろうとするとケガにつながることもあるから、相手に掛けられていなくても故意に倒れてしまうケースもあり得る。レフェリーはそのあたりを見極めてあげて欲しい。」みたいなことを言ってました。そして、40m以上駆け上がっていったバヤリッツァが、あのプレーでシュミレーションを取られたのはちょっと可哀そうだと。レフェリーは試合を止めすぎだとかも言ってました。それがゲームが荒れる原因のひとつだと。この人の解説はけっこう好きだな。

|

« 「離したくはない」を熱唱する大久保嘉人? | トップページ | 好きなタイプの選手 »

コメント

こんにちは。
今の位置に居るグランパスは自力があるからだと思います。
長いシーズンでは浮いたり沈んだりは当たり前です。
沈み過ぎないように踏ん張れるチームが上に行けるんだと思います。
わたしも川勝さんの解説好きです。

投稿: *aprile | 2008/10/21 11:19

*aprileさん
鹿島は強いですねー。毎試合のように見られるマルキーニョスの華麗なステップ(&ゴール)には、敵ながら見とれてしまいます。鹿島も一時良くない時がありましたよね。シーズン終盤にピークを持ってくるあたりが経験ってやつなのでしょうかね。

投稿: yamamo8 | 2008/10/21 18:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/24628695

この記事へのトラックバック一覧です: ガソリンはたっぷりだったけど:

« 「離したくはない」を熱唱する大久保嘉人? | トップページ | 好きなタイプの選手 »