« おめでとう | トップページ | サテライト vs川崎戦 ~ 高円宮杯決勝に向けて »

2008/10/10

最後のネガり

名古屋 1 - 1 東京V

今頃ですが「忘れてしまいたい」試合の感想を。

SHW(スーパーハードワーク)という言葉が懐かしく感じられる前半。杉本が入ってから少し持ち直したけど、あのパワープレーはちょっと興醒めです。せめて、増川をFWにあげてそこに吉田マヤを入れるくらいの工夫があってもいいような気がする。ていうか増川も上がりっ放しだったかな?忘れた。ドローに持ち込んだのがせめてもの救いでした。結果CKから追いついたわけですが、相変わらずセットプレーが低調です。特に、45℃くらいの位置からのFKが絶望的にひどい。速いボールでゴールを直接狙うみたいなのを蹴ったほうがいいんじゃないだろうか。誰かがちょこっと触ってコースを変えるか、あるいは誰も触らなくてもそのまま入っちゃう的なコースへ。あと、クロスもそうだけど人に合わせるのではなくスペースを狙ってそれに中が合わせるようなイメージがほしいです。偉そうですが。

マギヌン不在がこれほど大きなものになるとは思いませんでした。正直言って、ボール持ちすぎてリズムを壊したり、簡単にボールロストしたりといったネガティブな印象もあるし(もちろん頼もしいところもある)、ディフェンスもあまり上手くなかったりするから、マギヌンが抜けたら抜けたでそれなりのサッカーを展開するだろうと思っていたのですが。でも考えてみたら、マギヌンだけではなくて、中村直志でも玉田でも小川でも、誰が抜けてもチーム力が落ちて、パフォーマンスも落ちて、結果も得られなくなってしまうというのが名古屋の現実なのかも知れない。CBだけはバヤリッツァ、増川、吉田、三木の4人である程度格好は付けられるんだけど。G大阪にいたバレーだとか、昨年の浦和のワシントンみたいな絶対的なエースがいれば、選手が揃わずチームの出来が悪くても勝ちを拾ったりも出来る。逆にそのエースを欠くと大変なことになるけど。名古屋は、個人能力に依存しない組織的なサッカーを目指していると思う。もちろんある程度の個人能力は必要だけど。私はそのほうが好きです。でも、それでいい結果を残していくためには、誰が入ってもある程度の質をキープ出来るだけの選手層が必要なのでしょう。

もしも優勝争いに巻き込まれてなかったら、ピクシーももう少し余裕のある(若手に経験を積ませるとか)選手起用考えたのではないかなぁ、なんてふと思ったりしたりして。

今シーズンもあと6試合。とりあえずネガるのはこれで最後にします。優勝という可能性が続く限り、チームを信じて見守っていくことにします。

|

« おめでとう | トップページ | サテライト vs川崎戦 ~ 高円宮杯決勝に向けて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/24385954

この記事へのトラックバック一覧です: 最後のネガり:

« おめでとう | トップページ | サテライト vs川崎戦 ~ 高円宮杯決勝に向けて »