« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008/10/29

夢の話

久しぶりに夢を見ました。夢の中では、増川が鋭い出足で相手のパスをインターセプトすると、そのまま猛烈な勢いで左サイドをオーバーラップ。ぺナのラインあたりまで持ち込むと左足でグラウンダーの高速クロス。中に入ってきた杉本(か玉田)には合わなかったものの、その外に走り込んでいた小川(か吉村)がワンタッチで再び中へ折り返し杉本(か玉田)が蹴り込みファインゴール!ところが、主審は一旦ゴールを認めるものの、執拗に抗議する京都(そういえば相手は京都だった)ディフェンダーが指さす先では副審がオフサイの旗を上げていて、あっさりとノーゴールに・・・。確かにフィニッシャーの位置は微妙ではあったけど、素晴らしいゴールだったんだけどなぁ。せっかくあの増川が、見違えるような果敢なオーバーラップを見せてくれたのになぁ。間違いなくあれは増川でしたよ。夢だけど。せめて夢の中ではゴールということにしておいてくれても良さそうなものを・・・。こんな夢を見るなんて、名古屋のゴールに飢えてる証拠です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/10/26

人事を尽くして天命を待とう

名古屋 0 - 0 磐田

相手を終始圧倒していました。ピクシーもコメントしていたように、ここ数試合のなかでは一番いい内容でした。でもゴールが遠い。勝ちきれない。相変わらずシュートやその前のプレー(クロスやら何やら)や判断が良くない。これで4戦連続引分け。よく、リーグ戦では負けないことも大切だ、なんて言われてますがこれだけ続くとどうなんでしょう。4試合で勝ち点4。仮に2勝2敗だったら勝ち点6ですからね。チーム全体にアグレッシブさが見えてきたことはいい傾向だと思います。竹内のプレーは久しぶりに面白かったです。バヤリッツァの穴は吉田麻也が余裕で埋めてくれそうです。怪我のマギヌンや出場停止の中村直志も戻ってきます。優勝争いのプレッシャーとかいうものにも、もうそろそろ慣れてくるんじゃないでしょうか。残りは4試合。トップを獲るにはちょっと試合数が足りない感じがしてきましたが、とにかくやることをきっちりとやっていくしかないです。

とか言ってたらFC東京3-2鹿島だそうです。まさか今節トップとの差が詰まることになるとは思いもしませんでした。ただ、後ろから嫌なチームもチラホラ甦りつつありますけど。混戦でも低レベルでもいい。ユニフォームの胸に☆を縫い付ける可能性はまだ残っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/10/24

好きなタイプの選手

田口泰士。今年の高校サッカー選手権、藤枝東との決勝戦こそ相手のキープレーヤーである河井陽介を抑える布陣を敷いたあおりで不出場でしたが、6-0と圧勝した準決勝の津工業戦では、1ゴール3アシスト。4ゴールと大爆発した大前(現清水)の影に隠れてしまいましたが、普通のチームだったら大いばり出来る結果と中身です。大会通算でも3ゴール4アシストを記録しました。いい選手だなぁ、好きなタイプだなぁと思っていたのですが、まさか名古屋が獲得するとは思いませんでした。こんなことなら、今年ももっとよく見ておけばよかった。攻撃的MFというイメージもあるけど、FWも出来るし(今年の高円宮杯ではFW登録が多かったみたい)多分ボランチなんかもこなせると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/20

ガソリンはたっぷりだったけど

横浜F・M 0 - 0 名古屋

負けないで良かった、としか言いようのない内容でした。でも、長いシーズンの間にはいい時もあれば悪い時もあります。こんな試合をしているようでは優勝に値しないというような意見もありますが、今このポジションにいるのは、それに値するサッカーをやってきたからだとも言えると思います。チームの出来は今がピークの底だと思いたいです。あとは上がっていくだけです。中村直志のポジションに入った米山がダメダメでした。間の悪いプレスはほとんど相手に脅威を与えることが出来ず、マイボールの時は相手のプレスを怖がってキープ出来ずに無責任にボールを手放す。そのトバッチリを受けたのが主に増川。あまりにも不用意なところにボールが回ってくるものだから、落ち着いてさばけずにボールロスト・・・。ちょっとかわいそうでした。後半は少し持ち直しましたが、見ていておっかなかったです。クローザー的な役目なら米山もありなんでしょうけどね。花井が入ってから小川がやや下がって<杉本-吉村-小川-花井>っぽくなったようだけど、そのほうが良さそう。ただ、杉本は切り札として取っておきたいし(ていうかスタートからだとどうなんでしょう?)FW津田にサイドハーフは酷だということも分かったので、次は思い切って片山で。サテライトの川崎戦で見たけど、確かにプレーはちょっと雑なんだけど、よくボールに絡めていたし、嵌ればブラックエンブレムばりの大駆けもなくはないかなと。そしてダメだったら即杉本にチェンジ。これで行けそうな気がする・・・。まだ首位とは勝ち点差2。あちらが負けて名古屋が勝てば逆転出来る差。もっとも今の鹿島が負ける図というのはあまり想像出来ないですが・・・。それでも、他力ではあっても最後までこのまま首位争いを続けて欲しいです。
スカパーで見ていたのですが、解説の川勝氏がシュミレーションについて「バランスを崩した時に無理に踏ん張ろうとするとケガにつながることもあるから、相手に掛けられていなくても故意に倒れてしまうケースもあり得る。レフェリーはそのあたりを見極めてあげて欲しい。」みたいなことを言ってました。そして、40m以上駆け上がっていったバヤリッツァが、あのプレーでシュミレーションを取られたのはちょっと可哀そうだと。レフェリーは試合を止めすぎだとかも言ってました。それがゲームが荒れる原因のひとつだと。この人の解説はけっこう好きだな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/10/17

「離したくはない」を熱唱する大久保嘉人?

ちがうか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/14

高円宮杯 決勝 vs浦和レッズユース

まずは、優勝した浦和レッズユース。強かったです。上手かったです。1次ラウンドに対戦した時に感じたフィジカル、コレクティブさの差は広がりこそしないものの縮まってもおらず、さらにこの日はプレーのスピードと正確性が加わり大きな差となってしまいました。1トップ気味の阪野豊史を中心に前線からしっかりとプレスをかけて、中盤ではさらに厳しいプレスと球際の強さでボールを奪取。あとは前目の選手たちの「自由な発想(堀孝史監督)」でボールと人が動いて名古屋の守備をズタズタに切り裂いていく。縦にパスが入った時に一斉にスピードアップする迫力はハンパではありませんでした。態勢が充分じゃない時は、しっかりとトライアングルを作って高速ワンタッチパスでプレスをかわすと、そこからまた縦へ。とにかく攻撃的でした。山田直輝の1点目、原口元気の3点目には参りました。2点目(オウンゴール)の時の、名古屋から見て左サイドから右サイドへ流れるようにボールをつないでいくプレーには思わず声が出てしまいました。後のゴールシーンはよく覚えてません。シュート22本で9点というのは出来すぎのような気もしますが、このチームをそのままトップチームに移植させて3年間我慢すれば、もの凄いチームになるんじゃないかな、なんて思ってしまいました。

Imgp1443

名古屋は、その攻撃的な相手に対して特に対策をすることもなく普通に自分たちのやり方だったように見えました。名古屋からすると、早すぎる1失点目、オウンゴールによる2失点目も痛かったのですが、39分に3-1として、さぁここから反撃だ、と思った直後に田仲智紀のFKで4-1と突き放されてしまったのが痛かったです。浦和の中盤さえ突破することが出来れば、そこから先は奥村情、アルベス、矢田旭らの個人技やコンビプレーが充分通用しそうに見えたし、1点取り返す前にもDFの裏を取った奥村が際どいシュートを放つなどしていたように、浦和のバックラインが少し不安定さを見せていて、その裏側を単純に狙っても面白そうだ、なんてことを思い巡らせていたのですが、そんな淡い予感も吹き飛ばされてしまうショッキングな一撃でした。

スタンドから見る限り、埼玉スタジアムのピッチは素晴らしい状態に見えました。試合前、その最高のピッチに、ウォーミングアップをしに出てくる時の名古屋の選手たちの嬉しそうな顔・・・。わずか2時間と経たない間に一転してしまうことになるのですから勝負の世界は残酷です。

最後まで抜かずに来てくれた浦和レッズユース。屈辱的な大敗ですが、おかげで名古屋は変に勘違いとかしないで、掛け値なしのトップレベルの高さを肌で感じることが出来ました。埼スタの雰囲気共々、なかなか味わえないような経験をしたと思います。月並みですが、これを糧にして、名古屋ユースの歴史を作っていって欲しいと思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008/10/12

サテライト vs川崎戦 ~ 高円宮杯決勝に向けて

サテライトリーグの川崎戦を見てきました。

Imgp1437

感想を箇条書きで

・トップチームと比べるとサイドからのクロスが少ない。一応サイドに運んで起点を作ろうとはしてるけど、なかなかクロスまで持っていけない。ただ、ディフェンスからのロングフィードを巻に当ててそのこぼれを狙うとか、花井、福島から新川、片山へのスルーパスといったトップチームではあまり見られないカタチが逆に新鮮だったりもしました。

・ディフェンスは、川崎の我那覇、黒津、森といったサテライトのレベルを超えているアタッカー陣を相手に23本ものシュートを打たれたものの(後半だけで15本!)GK広野を中心によく踏ん張りました。相手のミスもけっこうありましたが。

・佐藤がCB。守備力を身につけさせるために敢えての起用なのか。それとも人がいなくてやむなくの起用なのか。我那覇、黒津らを相手によくやっていたと思います。

・大森は90分間普通にプレーしてました。スピード勝負にはやや不安もありそうですが、トップに呼ばれても問題なさそうです。

・渡邊も良かったと思います。右SBの筑城とはプレーエリアの広さ(縦の長さ)が違う。守備も頑張っていたし、サイドハーフにボールが入れば愚直に追い越していくし、最後まで運動量も落ちませんでした。後半、津田の頭にクロスをピタリと合わせてみせました。阿部が×の時は渡邊、あると思います。

・筑城は、守備は相手に強くいけていていいんだけど、攻撃参加が物足りない感じでした。

・片山は、前に飛び出していく時のスピードと思い切りの良さは素晴らしいのですが、クロスなりシュートなりが雑。前半の絶好機はボールが右足に入ってしまい外してしまいました。

・井上はあまり見せ場がなかったです。味方とのコンビネーションがあまりよくなかった感じです。

・CMFに入った花井。前半は攻守ともにまぁまぁ効いていました。黒津のドリブルをカットすると新川に長めのスルーパスを通して先制ゴールをアシスト。その直後にはセンターサークルあたりから意表をついた超ロングシュート(GKがかろうじてパンチングでCKに逃れる)。失敗することもあるけど、プレーのアイデアは面白いし意図もわかる。でも後半になると、相手に強めにこられるようになってちょっと消え気味になってしまいました。中村吉村と違って相手にガツンと当たるのではなくて、相手の動きを読んでサクっとボールを奪うのがうまい。ただその頻度をもっと増やさないと(ディフェンスでの実効力を見せないと)、今のトップチームのCMFを務めるのは厳しいか。攻撃面にしても、サテライトリーグ相手ならば、例えばこの日の川崎の黒津くらいに圧倒的にわかりやすい格の違いを見せないと。

・福島は花井とともにCMFに入りよくボールに触りよく散らしていました。危ないパスミスが2,3回ありましたが、彼にボールが入ると攻撃にリズムが出てくる感じです。

・新川も良かったです。花井のスルーパスに抜け出して冷静にゴール。それ以外にもスピード感あふれる動きで川崎DFのウラをよく突いていました。ドリブルもキレてました。玉田のように、引いてきて一度触ってから出て行くみたいなプレーがもっと出来るようになればトップでも充分やれるんじゃないかな。

U18の高円宮杯決勝進出は嬉しい限りです。初戦の青森山田戦の出来からすると、よくぞここまで来たものだと正直驚きでもあります。準決勝の相手、FC東京U18はベストメンバーではなかったとはいえ、そんなの関係ありません。決勝の相手は1次ラウンドで1-3と完敗を喫した浦和レッズユース。埼スタは完全アウェー状態でしょうが、伸び伸びと戦って欲しいです。1次ラウンドでは力の差をまざまざと見せ付けられてしまった感じですが、あの時はエルゴラによると「あえて真っ向勝負を挑んだ」結果だったという面もあるようです。つまり、別のやり方をすれば、スコアの上では1-2とか0-0とかもう少し格好つけられたかも知れないわけです。ただ、その後名古屋U18も少しずつ良くなっているみたいです。実際、準々決勝の横浜F・マリノスユース戦は個人としてもチームとしても成長してるなと感じましたし・・・。果たして明日は再び打ち合いを挑むのか。それとも勝負に徹する固いやり方を採るのか。パク監督の決断はいかに?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/10

最後のネガり

名古屋 1 - 1 東京V

今頃ですが「忘れてしまいたい」試合の感想を。

SHW(スーパーハードワーク)という言葉が懐かしく感じられる前半。杉本が入ってから少し持ち直したけど、あのパワープレーはちょっと興醒めです。せめて、増川をFWにあげてそこに吉田マヤを入れるくらいの工夫があってもいいような気がする。ていうか増川も上がりっ放しだったかな?忘れた。ドローに持ち込んだのがせめてもの救いでした。結果CKから追いついたわけですが、相変わらずセットプレーが低調です。特に、45℃くらいの位置からのFKが絶望的にひどい。速いボールでゴールを直接狙うみたいなのを蹴ったほうがいいんじゃないだろうか。誰かがちょこっと触ってコースを変えるか、あるいは誰も触らなくてもそのまま入っちゃう的なコースへ。あと、クロスもそうだけど人に合わせるのではなくスペースを狙ってそれに中が合わせるようなイメージがほしいです。偉そうですが。

マギヌン不在がこれほど大きなものになるとは思いませんでした。正直言って、ボール持ちすぎてリズムを壊したり、簡単にボールロストしたりといったネガティブな印象もあるし(もちろん頼もしいところもある)、ディフェンスもあまり上手くなかったりするから、マギヌンが抜けたら抜けたでそれなりのサッカーを展開するだろうと思っていたのですが。でも考えてみたら、マギヌンだけではなくて、中村直志でも玉田でも小川でも、誰が抜けてもチーム力が落ちて、パフォーマンスも落ちて、結果も得られなくなってしまうというのが名古屋の現実なのかも知れない。CBだけはバヤリッツァ、増川、吉田、三木の4人である程度格好は付けられるんだけど。G大阪にいたバレーだとか、昨年の浦和のワシントンみたいな絶対的なエースがいれば、選手が揃わずチームの出来が悪くても勝ちを拾ったりも出来る。逆にそのエースを欠くと大変なことになるけど。名古屋は、個人能力に依存しない組織的なサッカーを目指していると思う。もちろんある程度の個人能力は必要だけど。私はそのほうが好きです。でも、それでいい結果を残していくためには、誰が入ってもある程度の質をキープ出来るだけの選手層が必要なのでしょう。

もしも優勝争いに巻き込まれてなかったら、ピクシーももう少し余裕のある(若手に経験を積ませるとか)選手起用考えたのではないかなぁ、なんてふと思ったりしたりして。

今シーズンもあと6試合。とりあえずネガるのはこれで最後にします。優勝という可能性が続く限り、チームを信じて見守っていくことにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/09

おめでとう

10月4日の土曜日は、私の大切な友人の結婚式がありました。その友人とは、入社以来15年の付き合いになります。趣味もキャラクターも全く異なり、お互いに学生時代だったらまず関わりを持たないだろうというタイプだったですが、どういう訳か仲良くなり、いつの間にか披露宴でスピーチを頼まれるほどの間柄になっていました。Imgp1407_3 会社の同僚という立場だったのですが、思い浮かぶのは仕事のことよりも一緒に遊んだことばかり。スピーチ緊張したなぁ。原稿を持つ手がプルプル震えてました。彼にも「お前の出番が一番心配だ」と言われていたのですが、何とか乗り切りました。「まぁまぁだったじゃん」というのは彼なりの褒め言葉だと思います。新婦も同じ会社の後輩で、昔から3人でよくドライブに行ったりして遊びました。これから先も、ずっと付き合っていけると嬉しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/10/01

他人の庭

覗いてみました。

Sa3a0075001

とりあえず中谷GJ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »