« サッカーは続いていく | トップページ | 勝者のメンタリティ »

2008/09/10

先週末のサッカーいろいろ

□W杯アジア最終予選 バーレーン×日本
結果が全てのW杯アジア最終予選はアウェーのバーレーン戦からスタート。レコーダーが相変わらず不調で録画が出来ないので、起きてました。前半終了して0-2とリードしたところで眠りに落ちました。前半を見た限りでは、3次予選でやった時よりも差があるなぁという感じでした。日本のほうが強いというかバーレーンがひどい。一度楢崎のビッグセーブに助けられたシーンもありましたが、点を取られる気がしない。ところが終わってみれば、2-3と1点差でのフィニッシュ。いったいどんなマチャラマジックかと思ったら、岡ちゃん率いる日本のほうが勝手に色々とやっちゃったみたいです。でもまぁ引き分けでも上等だと思っていたので、2-3に至るまでの経過はともかくとして、勝ち点3ゲットはいいスタートを切ったと言っていいのではないでしょうか。やべっちFCで見ただけですが、カタールとかオーストラリアも強そうです。この先も苦しい戦いになるのは織り込んでおいたほうがよさそうです。それとあのコロコロPKだけど、いい加減防げないものかな、相手チームは。レーザー光線なんか当てなくても、GKが最後まで我慢して動かなかったら遠藤は蹴るところがなくなるはずなんだけど。この先、他チームも研究してくるでしょうから、あまり重要ではない場面で軽く失敗しておいたほうがいいような気がします。最近ではJ1神戸戦で失敗してるんですね。

□高円宮杯 青森山田×名古屋グランパスU18
エルゴラで、クラブユース選手権のベスト11に選出されていた磯村亮太に注目。442の2列目の右サイドにいたり2トップの奥村と入れ替わったりしてました。さすがと思わせるプレーもボチボチありましたが(その体勢からそのクロスを上げるか、とか)、単純なミスのほうが目立ちました。彼だけでなく、チーム全体につまらないミスが多かった。だからMFから先になかなかいいボールが入らなくて、前半はシュートもほとんどなかったです。後半はやや盛り返しましたが、アルベスが2、3度迎えた決定機をものに出来ず、青森山田も名古屋以上にチャンスを逃し続け0-0のドロー。もしも判定というものがあったなら、文句なしに青森山田が勝ちという試合でした。前々回の吉田マヤ、前回の西山のような、中盤の真ん中でチーム全体に喝を入れるような存在がいないですね。ちなみにこの日のキャプテンは磯村だったのですが、そんなキャラじゃなさそうです。プレーぶりを見てるとCBの西部のほうがそのキャラっぽいけど、今年のチームは全体的におとなしい感じがします。この日の名古屋は昼も夜も1点が遠かったです。

|

« サッカーは続いていく | トップページ | 勝者のメンタリティ »

コメント

こんにちは。
あの試合をリアルタイムで見られたんですね。
0-2でとうとう寝ちゃったんですね。
その後は日本が勝手に色々してました。
勝ち点3を取れてよかったですが、2点目を献上しなくてもいいのにね。
遠藤のヘナチョコPKが阻止された神戸戦、見てました。
G大阪サポーターの主人はすご~く怒ってました(笑)
いい加減にそのヘナチョコは止めろと。
レーザー光線は悪質ですね。

投稿: *aprile | 2008/09/10 13:04

*aprileさん
前半を見ていた限りでは、あまりにもバーレーンが弱くて、面白くないので寝てしまいました。そしたら、最後にあんなに面白そうなことになっていたとは・・・。
「コロコロ」じゃなくて「ヘナチョコ」ですか(笑)。代表の場面では失敗してないからコロコロとか言ってもてはやされて(?)いるけど、もし代表でも失敗したら一気に梯子外されて叩かれそうですね。

投稿: yamamo8 | 2008/09/10 18:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/23621348

この記事へのトラックバック一覧です: 先週末のサッカーいろいろ:

« サッカーは続いていく | トップページ | 勝者のメンタリティ »