« 高円宮杯 準々決勝 vs横浜F・マリノスユース | トップページ | 他人の庭 »

2008/09/30

これが、優勝争い・・・

名古屋 1 - 1 浦和

前半開始から20分くらいまでの名古屋は素晴らしかったです。鋭い出足でボールを奪い、テンポよくコンパクトにつないでサイドへ運びクロス。阿部があの位置まで侵入してクロスというのは久しぶりに見た感じがします。ただ「スコアだけが良くなかった」(ピクシー談)。そこから前半終了までの名古屋はまぁ普通でした(浦和が良かった)。
後半は、前半立ち上がりほどとは言わないまでも名古屋ペース。いきなり巻が手負いの闘莉王にヘディングで競り勝って同点。その後も、疲労のせいか名古屋の悪い時以上にスカスカの浦和の中盤で、中村、小川、玉田らが躍動するものの、最後のところでパスが合わなかったりシュートをミスしたり浦和が跳ね返したりで結局勝ち越しゴールは奪えずにドロー。

今シーズンに臨むにあたっての名古屋の目標は、「美しいサッカーをして上位争いをしつつ5位以内に入る」というようなものだったのですが、上位どころか堂々の優勝争いを演じています。そのために、理想とする攻撃的なサッカーを捨てて現実的な結果を取りにいくというようなケースも出てきています。ピクシーが当初描いていたプランとは違ってきているのではないでしょうか。選手たちにとっても未体験ゾーン。いい経験をしていると思います。浦和と鹿島が1試合少ないことを考えると勝っておきたかったけど、だけど当面のライバルを相手に現状をキープ出来たと考えれば悪くもない結果かなとも思います。「勝ち点1を取った」のか「勝ち点2を失った」ことになるのか、シーズンが終わった時にはっきりとわかることでしょう。ていうか、後で「この試合がターニングポイントだった」と言えるくらいに最後まで優勝争いに絡んで欲しいです。せっかくの(めったにない)チャンスなのでただの経験で終わらせないで、ものにして欲しいなぁ。

|

« 高円宮杯 準々決勝 vs横浜F・マリノスユース | トップページ | 他人の庭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/24147706

この記事へのトラックバック一覧です: これが、優勝争い・・・:

« 高円宮杯 準々決勝 vs横浜F・マリノスユース | トップページ | 他人の庭 »