« インハイなでしこナビスコU23 | トップページ | 名古屋の日じゃなかった »

2008/08/11

パスは転がしたほうがいい

北京オリンピックのサッカー競技、日本男子チームはナイジェリアに1-2で敗れ、グループリーグ敗退が決まってしまいました。
サイドから攻めるという形は良く出来ていたと思います。ただ、最後のところをもっとぴったりと合わせるようにするとか、アメリカ戦のCKからのトリックプレーみたく、もう少し決定的なカタチまで持っていかないと、
なかなかゴールにはならないということがよくわかりました。相手も必死に守っているわけですからね。例え大久保がFWにいたとしても、ゴールするのは難しかったんじゃないかな。結局、今回のオリンピック代表にとって唯一のパターンとなっているサイドからの攻撃なのですが、そのフィニッシュの確率をもう少し高めるのなら、真ん中には平山や巻といったタイプがいたほうが良かった気がします。今さらですが。
それと感じたのは(以前から思っていることなのですが)、ボールを浮かせてしまうプレーが多いこと。トラップもそうだし、グラウンダーで出せるはずパスもなぜか浮かせてしまうシーンが目につきます(これはU23に限ったことではないのですが)。例えば、本番前の壮行試合のオーストラリア戦での見事な同点ゴールの場面。内田から李に入ったパスも、グラウンダーで通せるコースなのにバウンドしてました。あの時はうまくいったけど、普通は受ける側はコントロールに時間が掛かるし、ミスにもつながりやすいと思います。あと、ポゼッションを指向するのなら、パスコースがない時に苦し紛れに浮き玉でパスを通そうとするのもやめたほうがいいと思いました。変な回転なんかがかかってると、受ける側からすると余計に厄介なパスだと思います。出し手と受け手の狙いがぴたりと合っていれば相手を欺くのに有効なこともあるけど(EURO2008のスペイン×ロシア戦の2点目でセスク→グイサへのラストパスみたいに)。細かいことだけど、ポゼッションを指向するのなら、特に世界を相手にする場合は、弾んだパスの処理にかかる時間やそれに起因するミスは排除していったほうがいいと思います。その差は小さいようで大きい。つまりむやみに浮かせないこと。普段から意識したほうがいい。そして、グラウンダーでのパスコースがないのならば、それを作る工夫が必要だと思います。
今回のオリンピック代表は、私としてはグループリーグを突破出来れば大成功だと思っていましたから、ここまでの結果にそれほど驚いてはいません。もちろん残念ではありますが。むしろ、優勝候補とさえ言われているナイジェリアにあそこまで出来たことに驚いてます。経験ということであれば、アメリカ、ナイジェリア、オランダといった強い国とガチでやれることはたかが3試合かもしれないけど、大きな意味があると思います。

サッカーを応援している身としては、そうでもない人に「日本サッカー男子はたいしたことないなぁ」なんて言われるのは悔しいから、オランダ戦はいいところを見せて欲しいです。

|

« インハイなでしこナビスコU23 | トップページ | 名古屋の日じゃなかった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/31342/22918192

この記事へのトラックバック一覧です: パスは転がしたほうがいい:

« インハイなでしこナビスコU23 | トップページ | 名古屋の日じゃなかった »